こんな治療院のチラシは失敗する

治療院のチラシサンプルダウンロード

 

整体院やカイロプラクティック院で新聞折込みチラシをしたとき
その反応率は地域によってさまざまです

同じようなデザインや内容の治療院のチラシだからといって
同じような結果が得られるなんてことはまずない

だからこれなら絶対に集客できるってチラシはない

 

でも、こういう治療院のチラシはやらないほうがいいよっていう
よくやってしまいがちな失敗があるのでそれをお伝えします

 

■一番上にでかでかと治療院名

これの気持ちはわかるのですが、
はっきりいって治療院名なんかに興味はありません

治療院名を知りたいと思うのは興味が湧いた後、
もしくは「よしこの整体院に行こう」と思った後

 

■よくわからないイラスト

イラストが悪いってわけじゃない
でもそんなもの載せるならまずは治療院のスタッフの写真
施術中、お客様の笑顔、店内などの写真を優先すべき

スペースに限りがあるので伝わりにくいイラストなんて
載せるスペースがもったいのです

 

■施術メニューをただただ羅列

全ての施術メニューをお知らせしたい
この気持ちは痛いぐらいにわかります

でもメニューが多くなると、個々がぼやけていまいます
削るか、特定のメニューだけを目立つように書くようにする

 

■やたらと小さい電話番号

特大にする必要はありませんが
あるていど目立つように書く必要があります

電話番号がなかなか見つけられない人はいます
せっかくあなたの整体院、カイロプラクティック院に予約しよう!
と思ったときに、電話番号を探すという余計な作業が入るのはマイナス

 

■専門用語ずらずら羅列

読んでも意味がわかりません
意味がわからないものにイメージが湧くはずもない

 

どうですか?やってしまっていませんか?
あなた治療院のチラシをつくるときは参考にしてみてくださいね

 

治療院集客サポート塾、加藤でした

 

治療院集客経営無料メールセミナー

登録は無料です。配信解除はワンクリックでできます。

 
ホーム | コンサル料金 | メールセミナー 

 

記事が参考になったと思ったらシェアしてくださると加藤がとても喜びます

LINE@ではブログやメルマガとは違った話をしています。ご興味ある先生は以下から登録してください。パソコンの先生は、クリックして現れるQRコードを読み取って登録してください。
友だち追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA