治療院の新規集客|傾いた治療院経営を立て直す

傾いた治療院経営を立て直す方法の3回目は新規集客について。
前回までの記事は以下から
⇒ 経営を立て直す問診とリピート
⇒ 治療院経営の地図を作る

リピートしてもらえるような仕組みは作れた。治療院の方向性を決める設計図もできた。これだけうまくいく治療院もあれば、やっぱりまだまだ難しい院もあります。そうですね、誰も苦労する新規集客が最後のネックになります。

っちゅうことで、最後3回目の記事は新規集客について。

治療院新規集客の二つのパターン

まず治療院の新規集客には大きく分けて二つのパターンがあります。
ひとつは、とりあえずたくさん集めて、その中からいい患者さんだけを残していく方法。
もうひとつは、最初からいい患者さんを集める方法。

前者は、スタッフがたくさんいて、立地もよくてという治療院向けです。取りこぼしなく集客して、利益を最大にしてやるぜ!という考え方ですね。

巷でもてはやされている集客はだいたいこちらがメインです。なぜならこっちのほうが優れているように見えるからです。それを語っている成功者の多くは、それなりの規模の治療院を展開しておられますし、「月間100名集客しています!」なんて言われると、なんかすごそうな気がしてしまいますよね。

でも、僕のメルマガやブログを読んでくださっている先生の多くは1人治療院です。だったら、前者ではなく後者がおすすめです。どちらが良い悪いという意味ではありませんよ。おすすめだという意味ですからね。

 

なぜ一人治療院ではたくさん集めてはいけないのか

たくさん集めるのは悪いのではなく、あなたの治療院のコンセプトに合っていない患者さんを集めてしまうことがダメなのです。

自分に合ってない患者さんを集めてしまうと、リピートもしない。ストレスがたまる。自信がなくなる。といった弊害が出てくる可能性があるからです。

例えば、

【患者さん】グイグイ強く押すマッサージを長くしてほしい。強く押せば治ると思っている。問診は答えるのが面倒なのでいらない。計画的に通う気はない。自分の好きなときにだけ来たい。

【あなた】ソフトな施術。施術時間は短い。強く押圧することは逆効果だと思っている。治療には問診が大事なので長くとっている。計画的に通院しないと治らないので通ってもらいたい。

この両者の場合、どんな結果が待っているでしょうか?

おそらく患者さんは、満足しないでしょう。もちろんリピートもしないはず。場合によってはイライラするかもしれません。ひょっとしたらエキテンにネガティブな書き込みを書き込むかも。

そして治療家側は、どれだけいいものを提供しても、患者さんはリピートしませんので、自信を失う可能性があります。また、患者さんの態度にイライラするかもしれません。

つまり本当にいいことなんてほとんどないんですね。

 

ここまでひどい不一致はそうそうありませんが、細かい部分ではかなり発生します。それをどこまで事前になくすことができるかが小規模治療院の場合、大切になると僕は考えます。

スタッフが何名も在籍するような治療院であれば、ある程度ターゲットの幅も広くとってあり、それに対応できるようなシステムになっています。また、マニュアルもあるほど用意してあるので、少しぐらいコンセプトに外れた患者さんでもリピートさせる仕組みを持っています。

そして、これは治療院によってそれぞれでしょうが、スタッフに対し、仮にどんな患者さんが来てもマニュアル通り業務を遂行するように教育している院が多いのです。これは言い方を変えれば、「仕事なんだから我慢してやれ」という意味

だからスタッフの多い治療院では、とりあえず取りこぼしなく集めて、残る患者さんは残る。残らない患者さんもできるだけ引っ張り、ダメでもストレスダメージは各スタッフが自己処理する。という構図で利益を最大化させることができるんですね。

すべての治療院がこれだと言ってはいませんからね。そういうやり方をしているところもあるという意味ですのであしからず。

以上の理由から、あなたが1人など小規模治療院ならば、最初からあなたに合う患者さんを集めることをおすすめします。

 

自院に合った患者さんを集めるための最初の一歩

自院に合った患者さんを集客する際に、まず持っていなければならないことがあります。それは、取りこぼしが発生するので、集客数が減る可能性があるということ。

事前に合わなさそうな患者さんには選ばれないようにするため、集客数はおのずと減ると考えらえます。そこをまずは受け入れる覚悟が必要です。ただし、集客はあくまで治療院経営の一部でしかないので、これは売り上げが下がってしまうという意味ではありません。

自分合った患者さんを集めようとすれば、必ず必要になってくるのが、前回の記事に書いたような、治療院経営の設計図になります

これは書くとめちゃくちゃ長くなりますので、簡単に書きます。
ようは、自分の治療院のことをよく知る。そしてそれを伝える。この作業がないと、患者さん側はあなたの治療院のことを正しく理解できないのです。

相手にわかってもらうためには、まず自分自身を知る。ここが必要なんですね。

 

新規集客は数と内容

新規集客で大事なのは、数と内容です。
どちらが欠けても集客はうまくいきません。

自分が提供できることを伝える。来てほしい患者さんの、解決したいこと、叶えたいことを知り、それが解決できる叶えられることを明確にイメージさせる。これが内容です。そしてこれができれば、あとはそれをできるだけ多くの人に知らせる。これが数です。

これが費用対効果的に回れば、新規集客は完成です。
書いてしまえば数行ですが、これまた簡単ではありません。

個別の方法についてはとうブログの新規集客カテゴリーを参考にしてください。たいていのことはこのカテゴリーの記事を見れば書いてありますので。

 

以上、3回にわたってお伝えしました。傾いた治療院経営を立て直す方法について。いかがでしたか?どれも具体的なことは書いていませんので、これらを実践するとなればかなりの行動量になります。

でもやらにゃあこのままずるずると後退していくだけです。気合入れて頑張ってくださいな。

 

治療院集客経営講座、加藤でした

治療院集客経営無料メールセミナー

登録は無料です。配信解除はワンクリックでできます。
ホーム | コンサル料金 | メールセミナー

 

記事が参考になったと思ったらシェアしてくださると加藤がとても喜びます

LINE@ではブログやメルマガとは違った話をしています。ご興味ある先生は以下から登録してください。パソコンの先生は、クリックして現れるQRコードを読み取って登録してください。
友だち追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA