ある日突然いなくなる女性常連客

よく集客は恋愛だといわれます。これは治療院・サロンに限らず商売すべてにおいてそうです。

ちなみに僕は恋愛に関しては、フラれるスペシャリストです。いろんな人に告白しては、きっちり全部断られるもんだから、「みんなうまい断り方するなぁ」なんて感心するぐらいまで余裕が出てきた。

うん。なんか僕カワイソウだけどすごい。そんな僕が、治療院の集客とは恋愛だよ、君ぃぃぃ。と今からしたり顔で語ります。

 

女性は特別扱いが好き?

誰かを振り向かせたいとき、あなただけだよ、あなたは特別だよ。といったメッセージや態度が必要になります。智美ちゃんも、恭子ちゃんも、佐知子ちゃんもみんな同じように接していてもあんまりアピールにならない。

女子は特別扱いが好きですからね

ちなみに智美ちゃんも、恭子ちゃんも、佐知子ちゃんも、全員僕が過去にフラれた相手です・・・

櫻井さんて方の無料レポートにこんなことが書いていました
(櫻井さんのブログ → http://ameblo.jp/seo-peak/

 

男性の感じる「特別感」とは、例えば、お店の常連になること。何も言わずに、いつものお酒や好みのおつまみが出てくる関係です。

そして、お店が忙しくなると、男性は「常連客」として「俺のことは気にしないで、他のお客さんの対応をしてくれよ」という気遣いを見せます。そうすることで、店主さんの「戦友」になった気分になるのです。

「黙っていても、お互いのことがわかり気遣える関係」これが、男性の感じる特別感です。

女性の感じる特別感は、男性のそれとはちょっと違います。常連客になったからこそ、「他の顧客以上に特別扱いされたい」と思うものです。

常連客が、女性客の場合は、忙しくても放置してはいけません。「いつも来ているのだから、わかってくれるよね?」と思っていると、あっという間にご機嫌を損ねて、お客様を失ってしまうことになります。

出典:女性の購買心理を知る

 

 

女性患者さんが通い続けてくれる治療院

「なるほど~」と、めちゃくちゃ納得しました。特に僕を含め、男性ってのはこういうとこ鈍感です

あなたの治療院に通ってくれている女性の患者さんに対し、もう何年も通ってくれている常連さんだからいいだろう。ってな考え方や態度がよその治療院への流出の原因になるかもしれないです。櫻井さんのレポートでいうところの男の「戦友」扱いですね。

女性は常連になればなるほど、それに比例して特別扱いして欲しい!と考える方が男性と比べると多いようです。

一般的なお店と、整体院や整骨院などの治療院の場合がすべてで同じとはさすがに言いません。でも実際に通い、お金を払うの同じ人間なので、整体院などの治療院でも大きな違いはないと僕は思っています。

ずぅっと女性患者さんが通い続けてくれている治療院は、やはりそういったところでの失敗が少ないのではないでしょうか。だから女性患者さんが気持ちよくリピートしてくれる

特に僕のように鈍感な男性治療院経営者のみなさま、そのあたりよ~く注意してくださいね

治療院集客サポート塾、加藤でした

治療院集客経営無料メールセミナー
登録は無料です。配信解除はワンクリックでできます。

ホーム | コンサル料金 | メールセミナー | 集客サポート塾 | プロフィール

記事が参考になったと思ったらシェアしてくださると加藤がとても喜びます

LINE@ではブログやメルマガとは違った話をしています。ご興味ある先生は以下から登録してください。パソコンの先生は、クリックして現れるQRコードを読み取って登録してください。 友だち追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA