リピート率とリピーター率

こんにちは、治療院集客サポート塾の加藤です

明確な定義はないのですが、僕は治療院の
リピート率とリピーター率という二つの単語を使います

リピート率とは新規の患者さんが治療院に再来店してくれる率
つまり、1回きりでなく治療院に再来院してくれた割合

リピーター率とは治療院の来院数におけるリピーターの割合
月間100名治療院に来店して、そのうち20名が新規客であればリーピーター率は80%

僕のクライアントさんで

うちの整体院はリピート率80%だから、
リピートのことよりも新規獲得について教えて欲しい

ってなことを言う方が多いのです

でね、よくよく聞いてみると、
80%ってのはリピート率ではなくリピーター率のことを言ってる

そしてその整体院のリピート率を調べてみると30%だったりする

こんな整体院の取るべき行動は、新規獲得ではないのです

リピート率が20%しかないにも関わらず、リピーター率が80%ってことは、
その整体院にはおそらく常連さんが何人もいるってこと

じゃあやるべきことは、

この常連さんにもっと来てもらう
もっと値段の高い施術を受けてもらう

ってのがその整体院の売り上げアップの最短方法

次に大事なのが、20%しかない整体院のリピート率のアップ

もしなんにもその整体院でリピート対策をしていないのであれば、
これを30%、40%にするのそんなにむずかしいことではない

で、その次が、新規獲得
(あくまで優先順位を書いたので、全部いっきにできる人はそうしてくださいね)

このリピーター率を見て、リピートは問題ない
ウチの治療院に足りないのは新規だ!
と新規獲得に力を入れる先生がとても多いです

リピーター率ばっかり見てたという治療院の先生は、
リピート率もしっかり計測してくださいね

 

リピート率が高いだけでは売り上げは伸びない

昨日は治療院のリピーター率は80%
でもリピート率は20%という事例をお伝えしました

今日は治療院のリピート率は高い。
でも売り上げがなかなか伸びないという場合について

治療院のリピート率は高い。
すなわち2回目や3回目は来てくれる。

でも、それ以降がなかなか続かないという
治療院の先生は多いのではないでしょうか?

大抵の人は、1回でもリピートしてくれたってことは
ウチの治療院の技術が気に入ってくれたはず。

だからもうなんにもしなくても次回またウチの治療院に
来てくれるだろうと思い込んでいます

これ、間違いです。

僕はお客さんが来なくなることを流出と呼んでいるのですが、
この流出、2回目、3回目のお客さんでけっこう多いのです

理由として

整体院などの治療系の場合

●治療計画の説明不足
●改善経過の説明不足
●フォロー不足
●メンテナンス有効性の説明不足

リラクゼーションサロンの場合

●コミュニケーション不足
●施術記録(カルテ)の不足
●フォロー不足
●施術の説明不足

などがあげられます。

整体院で、こんな経過で改善しますよぉという改善モデルを示せていないと、
不安になり流出の原因になります

リラクゼーションサロンで、毎回、最初と同じことを1から質問するっていうのは、
やはり印象としてはマイナスです

1回でもあなたの治療院にリピートしてくれたということは、
少なくとも、ある一定の満足度はあるお客さんです

せっかく満足してもらえているのに、
2回、3回で他の治療院に流出させてしまうなんてもったいないです

ここが改善できると、売り上げがかなり上がりますよ

治療院集客サポート塾・加藤でした

治療院集客経営無料メールセミナー

登録は無料です。配信解除はワンクリックでできます。

ホーム | コンサル料金 | メールセミナー

 

記事が参考になったと思ったらシェアしてくださると加藤がとても喜びます

LINE@ではブログやメルマガとは違った話をしています。ご興味ある先生は以下から登録してください。パソコンの先生は、クリックして現れるQRコードを読み取って登録してください。 友だち追加

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    CAPTCHA