ホームページ集客は4つのタイプを意識しろ

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

集客塾8期プレセミナー&説明会開催中
https://therapistsupport.com/zyukupre/

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

なにかの本で読んだのか、どこぞのブログで見たのか、そこんとこはよく覚えておりませんが、人って行動するときに4つの引き金(行動パターン)を持っているそうです。この手の話はちょいと探せばめっちゃいろんなサイトで紹介されているから有名な話なんだと思う。

この話は治療院のホームページなどを作るときに活用できる考え方です。もちろんこれを知っていたほうが集客できるサイトが作りやすくなる。っちゅうことで、今日の記事はそのお話を。

行動するときの4つのパターン

冒頭で説明した4つとは

  1. なぜ
  2. なに
  3. どうやって
  4. 今すぐ

の4つ。このうち一つにか当てはまらないというわけではなく、人によってどれがもっとも強いかが分かれるそうな。

たとえば、あなたの治療院のホームページを見た見込み患者さんも、予約を入れるかどうかの引き金はそれぞれ違う。

 

「なぜ」が重要な人

1の「なぜ」が強い人は理由を求めるタイプ。「なぜ?」に納得できれば1が強いタイプの人はあなたの治療院を選んでくれます。その反面、こういった人にとってもっともモヤモヤするのは、言いっぱなしで理由がない状態です。

たとえば「当院なら慢性腰痛がたった3回で改善します」と謳っているサイトがあったとします。もしその人が慢性腰痛患者さんであれば、そのコピー(文言)に興味を持つはずです。でもこの人が1の「なぜ」タイプの人でなら、その3回で改善する理由がないと、納得してくれることはありません。

なぜ、他院では難しいと思われるような慢性腰痛が、たったの3回で改善させることができるのか、その明確な理由が知りたいのです。

これと同じようにさまざまなことがらに「なぜ」は潜んでいます。 なぜ数ある他の院ではなく、あなたの治療院なのか? なぜ来週ではなく今なのか? といったものにも理由はあれば、成約率は高くなります。

また、金額にも理由があると強いです。なぜその値段なのかが知りたいのです。一般的な院や近隣の院より高いのであれば、その高い理由を。そして見落としがちですが、安い場合でもその理由は大事です。とくに初回お試し割引などのオファーを付けた場合は、必ず価格の理由をつけましょう。

 

「なに」が重要な人

2の「なに」が強い人は背景やデータなどを求めます。あなたの経歴や実績、データなどの証拠や背景がこのタイプには重要。

たとえば、昨日鍼灸師になったばかりの人なのか、20年以上鍼灸師やっている人なのか、そういった経験や実績にこだわる人なんかがこれにあたります。

なので、このタイプの人を納得させるには、プロフィールなどで実績や経験をしっかり開示する。そして自分だけでなく、他者からどう評価されているのかも提示できるとなおいい。また、自院で行っている施術も、客観的なデータや公的な機関や権威などからのお墨付きなどがあればより納得させやすいのです。

 

「どうやって」が重要な人

3の「どうやって」は方法や流れが知りたい人。どうやって予約するのか。どういう流れで治っていくのか、施術そのものはどんな感じなのか。といった方法論の部分がわかると行動するタイプです。

施術の流れを画像付きで丁寧に説明すると、この手のタイプの人には響きやすいです。初めての人は、まずお電話してね。電話するときは希望時間を2つ以上用意してね。電話の受付時間は●時から〇時までやで。「ホームページを見て電話しました」って言ってね。なんて感じにどの順番でなにをすれば、スムーズに施術を受けることができるのかを明示するのも有効です。

 

「今すぐ」が重要な人

4の「今すぐ」はとにかくすぐ行動するタイプ。直感でいいと思ったら、もう即断即決。細かいことはいいから早く電話番号教えろ。今すぐ予約するから! と、すぐ動く人です。

実はこの手の人は、行動するのも早いけど諦めるのも早い。だから電話予約したいと思ったときに、なかなか電話番号が見つからなければ予約しない可能性が高かったりします。

ということは、こういった方を拾っていくためには、電話番号を目立つようにしたり、それこそ常に表示させておくぐらいしておくのがいいのです。その他、最低限知らないといけない情報、たとえば治療院の所在地など、こういった重要な情報も電話番号と同様に、すぐにわかるようにする必要があります。

 

どのタイプを優先すべきか?

全体でみると、「なぜ」と「なに」を重要視する人が、それぞれ同じくらいで3割強いるそうです。つまりこの二つで7割を占める。ということは、ホームページなど作るときは、まずはこの二つをしっかりと考えていくことが大事。それで約7割をカバーできるからです。

だから提示する順番の基本は「なぜ」と「なに」に該当することを先にもってくるといい。そのあとに「どうやって」「いますぐ」をカバーしていく。これで、どのタイプの人も拾えるサイトが出来上がります。あなたも自分のサイトを確認してみてくださいな。

ちなみに僕自身のタイプは順番に

  1. 「なぜ」
  2. 「いますぐ」
  3. 「なに」
  4. 「どうやって」

かなと自分で思っています。基本的に僕はとにかく理由が知りたいという欲求が強い。で、理由がわかれば今すぐ欲しい。あんまり背景とか手順なんてのは求めてません。

だから僕がホームページを作成すると、どうしても「なぜ」と「今すぐ」を重要視してしまいます。もちろんそれは自分がそのタイプだから。きっとみんなもそうだろうと無意識で思ってしまうんですね。うん。今後気を付けていきます・・・

では、今日の記事は以上です。治療院集客経営講座、加藤でした

治療院集客経営無料メールセミナー 登録は無料です。配信解除はワンクリックでできます。 ホーム | コンサル料金 | メールセミナー

記事が参考になったと思ったらシェアしてくださると加藤がとても喜びます

LINE@ではブログやメルマガとは違った話をしています。ご興味ある先生は以下から登録してください。パソコンの先生は、クリックして現れるQRコードを読み取って登録してください。 友だち追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA