整体院・鍼灸院の施術を作品にするとブランディングになる

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

集客塾8期生募集中
https://therapistsupport.com/zyuku/

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

整体院や鍼灸院でも商売ですので、施術という商品を売っていることになります。
今日はここから治療院のブランディングにつながることを書きます。

治療院は商品ではない!
という考え方がたくさんあることも重々承知しておりますが
まぁ、とりあえずここはこらえてつかぁさい。

 

ワタクシごとで恐縮ではありますが、先日ウチの奥さんが個展を開きました。
何度かここにも書いていますが、奥さんはジュエリーを作っています。

で、結果的には成功だったかなと思っています。
1日だけだったのですが、辺鄙なところで宣伝もせずに40万ぐらいの売り上げ。
また、個展をすることで次回作のオーダーも複数いただいた。

 

4年前に始めたときなんか、1年間で数個しか売れませんでした。
でも今じゃ、ショップにアップしたものはだいたい売り切れる。
完全に生産のほうが追いついていない状態です

なぜそうなれたのかと言いますと、一つ目はやっぱり集客です。
ようは認知されてなかったんですね

で、ここは僕の専門ですので、アメブロを使ってブログ集客を頑張った。
でもやっぱり集客だけじゃ弱いんです。
だって他にもたくさんライバルがいますから。

僕も知らなかったんですが、ジュエリーを作って販売している人って
わんさかいるのよ、ホントに

 

でね、そこで抜きん出るには、やっぱりコンセプトが必要だなと感じたのです
ジュエリーの場合、世界観といってもいいかもしれません。

これがあると、いわゆるファンってやつが増えるんです
他と同じ商品であっても、少しぐらい高くても売れるのです

で、このコンセプトをしっかり作りこみました。
ショップのコンセプトもそうですが、商品のひとつひとつにもそう。
その商品ができたいきさつ、なにをイメージして作ったのか。などなど

 

そうするとですね、同じ商品でも意味が出てくるのです。
そのジュエリーをつけた人の満足感が違ってくるの。

つまり、商品ではなく、作品になるってこと。

実際、奥さんはは商品のことを、作品とか、ウチの子とか呼びます。
商品なんて言ったら、「作品です」とわざわざ訂正される(~ ~;)

 

さ、さ、またここから整体院や鍼灸院など治療院の話に持っていきます。

あなたの治療院でも施術を、商品ではなく作品にすれば
また違った世界が見えてくるのでは?と個人的に思っています。

作品という単語はちょっと違うかもしれませんが
いい表現が思いつかなかったので、ご勘弁を。

 

で、作品に昇華させるために必要なことがいくつかあります。
知識、技術、メッセージ、患者さんの協力。といったところでしょうか

なにをもって技術なんだよ?というところはむずかしいですが
まぁ、あるていどの技術はいるでしょう、きっと。
僕は技術のことはさっぱりわからんのでここは自分で考えてくださいな。

 

メッセージは、先ほど書いたジュエリーの場合のコンセプトにあたります。
知識とも関わってきますが、あなたの治療院の想いや基本理念などです。

間違ってもらいたくないのは、
想いがあれば繁盛する。というキレイごとが言いたいわけではありません。
どれだけ患者さん思いでもダメなものはダメですからね。

 

三つ目の患者さんの協力は、問診や説明などです。
治療の難しいところは、患者さんの参加や協力なくしては成立しないところです。
だって通院してくれる気になってくれないと治るもんも治らない。

これに関してはこちらの教材で説明していますので、苦手な方はどうぞ
[icon image=”finger1-r”]次いつくればいいですか?と聞いてもらえるようになる問診・説明DVD

 

こらがしっかりできたときに、その施術は作品になります。いや、なると思います。
思いますというのは、僕はこれができなかった人間なので実践できてないんですな(~ ~;)

ここでいう作品にしないと繁盛しないのか?というとそうではありません
正直そこまで到達できなくても繁盛します。

でも、そこまでなれたなら、安定して繁盛するような芯の強い治療院に近づきます。

ブランディングにも近いので、高くても売れるようになります。
小さな治療院が生き残るための、ひとつの有力な方法であることは間違いありません。

あなたも商品ではなく、作品を目指しませんか?
治療院集客経営講座、加藤でした

治療院集客経営無料メールセミナー

登録は無料です。配信解除はワンクリックでできます。
ホーム | コンサル料金 | メールセミナー

 

記事が参考になったと思ったらシェアしてくださると加藤がとても喜びます

LINE@ではブログやメルマガとは違った話をしています。ご興味ある先生は以下から登録してください。パソコンの先生は、クリックして現れるQRコードを読み取って登録してください。 友だち追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA