整体院ならチラシ集客を1回はやるべき

整体院の集客できるチラシテンプレート

整体院のチラシ集客は、かつてに比べるとその効果が落ちてきているのは事実です。これだけネットが普及し、スマートフォンも誰もが持つ時代になったので、それは当然の流れといえます。しかしこれを書いている2017年現在でも、地域差は存在するものの、十分費用対効果が見込める集客手段のひとつです。

僕のクライアントの整体院でも、チラシ集客で成果を上げている先生はたくさんいます。チラシではもう集客できない。チラシの時代ではない。という意見はたくさんありますが、まずはあなた自身がチャレンジしてみてその費用対効果を測定してみることをおすすめします。

うんちくよりもチラシのテンプレートが先に見たいという先生は先にこちらからダウンロードしてください。▼整体院のチラシサンプル無料ダウンロード

 

整骨院や鍼灸院などライバルには広告制限がある

整体院のライバルはたくさんありますが、その中に整骨院や鍼灸院などが含まれます。整体院はそういった治療院と患者さんを奪い合い関係といえます。

この整骨院や鍼灸院にはあって、整体院にはないものがあります。それは、広告制限です。医療系国家資格である柔整師や鍼灸師には、柔道整復師法やあはき法により広告してもいい表現に制限を掛けられています。

※広告制限など関係法規はこちらの記事で詳しく解説しています。
いまさら聞けない治療院広告の関係法規

この広告制限があるせいで、柔整師や鍼灸師はチラシ集客を大幅に制限せざるを得ない立場です。はっきりいってチラシなどのオフライン広告による集客は、国家資格保持者はほとんど期待できません。つまりライバル関係にある治療院は、広告制限があってできないことが、整体院ならできるのです。これってかなりのアドバンテージです。

もちろん、柔道整復師法やあはき法ほど厳しくないとはいえ、整体院のチラシ広告に関する関係法規はありますので、それは守る義務はあります。それについては上記の治療院広告の関係法規のリンク先にてご確認ください。

とにかく、ライバルである整骨院や鍼灸院ではできないチラシ集客が、整体院ならできるという現状は、非常に有利なので、そこは大いに活用すべきなのです。

 

チラシはリピート率(LTV)が高い

整体院経営にとって、新規患者さんを集めることはとても重要なことです。しかしそれと同じか、それ以上に大事なのがリピートです。いくら新規を大量に集める仕組みを持っていたとしても、どの患者さんも1回だけで離脱してしまっては、経営はうまくいきません。

どの整体院でもそうなるわけではありませんが、チラシをきっかけに来院された患者さんはリピート率が高い傾向にあります。これは僕のクライアントの多くが口にすることです。

患者さんがあなたの整体院で使ってくれるお金の合計を、LTV(顧客生涯価値)と言います。このLTVの大きな患者さんをいかに多く集めるかが経営面で非常に大事な要素。

つまり比較的リピート率が高い患者さんを集めることができるチラシという媒体は、多少割高であっても使う意味があるということです。

 

結果が早くでるから開業時におすすめ

チラシは結果の出るのが非常に早い媒体です。紙面が限られているため、作成時間もホームページなどと比べると短いです。そして配布した当日から集客が可能。

そういった特性から開業時など、まだ他の集客ルートが確定していない場合などは、チラシ集客はとても頼りになる媒体といえます。

また結果が早く出るということは、改善させ、よりいいチラシに改良していくのも早くできます。スピードは整体院経営にとって大事な要素のひとつですから、そういった意味でもチラシは他の媒体に比べ、優れています。

 

チラシしかリーチできない層がある

これだけネットが普及すれば、少ないとはいえ未だにチラシが主な情報源という方も存在します。そういった方はネットはあまり閲覧しないので、必然的にそういった方に知ってもらうにはチラシなどのオフライン広告が有利になります。

またそういった方の特徴として、比較検討力が低いということもあります。ネットであれば、クリックひとつで他の整体院の情報も閲覧できるので、他との比較検討が容易に可能です。しかし、オフラインであれば、これがすぐにはできません。

となると、選択肢が狭まるので、あなたの整体院が選べれる確率も高くなります。もちろん、来院後のリピート率も、他の整体院を探す能力が低い層なので、相対的に高くなる傾向にあります。

 

地域によってかなり有効な場合がある

冒頭にも書いたように、チラシは確かにかつてに比べて反応率は下がっています。頑張っても頑張ってもなかなか成果が出ない地域も実際のところあります。そういった状況から、チラシ集客はもうダメだという認識を持っている先生も多いです。

でもそれでもまだまだ反応のいい地域はあります。それってチラシの内容がいいのでは?と思われるかもしれません。もちろんチラシの内容や配布方法などもあります。でも地域差は確実に存在します。同じようなチラシで同じように配布してもその反応には大きな違いがあります。

どの地域がチラシ集客に向いているのかという明確な線引きはありません。だから諦めないで、まずはチラシ集客を少ない枚数でいいので試してみてください。そうしないと、反応のいい地域なら絶対に損です。

正直いって、たいしたチラシではないのに、なぜかざっくざく集まる地域というのが存在します。そして、これは絶対ではありませんが、そういった地域はネット集客の成果が出にくかったりします。(ネットがダメという意味ではなく相対的に出にくいという意味)

で、あればこういった地域の治療院は、集客数を最大にするためにチラシ集客に取り組む必要性は高いです。

以上、整体院のチラシ集客についてでした。チラシのテンプレートはこちらからダウンロードできます。参考にしてください。

整体院の集客できるチラシテンプレート

 

ポスティングでやってしまいがちな失敗

整体院の先生に、資金不足で新聞折込みできないという相談をされました

じゃあポスティングしたらよろしいやんって言ったら、
ポスティング業者はもっと高いんですって言われました

自分でまかんかい!

そんな僕ですがポスティングは大嫌いです
自分の整体院やサロンでもかつてやっていましたが
いつも20枚ぐらいで退散していた根性なしであります

整体院のポスティングでやってしまいがちなのが
配布しやすいところばっかり配布してしまうこと

気持ちはわかります

ぽつんと遠く離れた一軒家、めんどくさいもんね
1階にポストのないアパート、腹立ちますもんね
でっかいマンションのポストにばぁーって撒いたほうがラク

でもね、考えてみてください

あなたがそうしたいってことは、みんなそうしたい
特にポスティング業者なんてのはそうするんです(契約による)

業者の目的は決められた数のチラシを配布すること

でも整体院側のあなたの目的は配布することではなく
来店してもらうことのはずです

だったら人が配布したがらないところにこそ
率先して配布するべきなんです

僕の家にはあんまりチラシが入りません
理由は丘?坂?の一番奥ににあるからだと思う

マンションに住んでいた頃は
おそらく今の数十倍はポスティングされていた

普通に考えて、チラシ数が少ないほうが
見てもらえる確率はあがります

めんどくさいなぁって気持ちはわかりますが
人が配布していないところほど頑張って配布してください

 

チラシは迷惑なものなのか?

整体院の先生から、
ポスティングをやっていて露骨に嫌な顔をされました
それ以来なかなかやる気が起こりません・・・

というメールをいただきました
ありがとうございます

ということで今日はこれについて

僕は昔、人材派遣会社で飛び込み営業をやっていました

飛び込み営業の経験がある人はわかると思いますが
けっこう邪険に扱われます

目の前で名刺をゴミ箱に捨てられたり
お願いだからもう来ないでとか言われたりするわけ

そりゃそうです。
必要ない人にとって営業マンなんて仕事をジャマする人でしかない

それがですよ、そんな扱いをするくせに
タイミングさえ合えば「お願いします」と言ってもらえるのです

タイミングとは急に欠員が出て
すぐにでもスキルを持った人が欲しいとき

そうなったら、いきなり頼れる人になるのです

あなたの整体院、治療院も同じです
必要ない人にとってはどうでもいい店なんです

だからポスティングしても嫌な顔をされることもある

でもそんな人だっていざ腰が痛くなれば
「先生、お願いします」ってやってくるもんなんです

ま、そういうことです

なんでもそうなんだけど、全ての人に喜ばれる
なんてことはまずないと言えます

でもあの整体院のチラシがあったおかげで助かった
という人が必ず出てきます

そっちに目を向ければいいんではないでしょうか

それにね嫌な顔した人だってあなたの整体院のことなんかすぐ忘れる
みんなそれぞれ自分のことで忙しいんだから

それでも嫌ならやらなきゃいいんです
ポスティングにかけてた労力を他に使えばいい

ん~、、、解決になっていませんね
ゴメンなさい

怒られたら謝ればしまいです
それぐらい評判落とすなんてことはないはず

たまに嫌な顔されるから止めるか
いずれ感謝される可能性のあるチラシを撒くか

それは自分で選んでください

僕だったら迷わず後者です

治療院集客経営講座、加藤でした

治療院集客経営無料メールセミナー 登録は無料です。配信解除はワンクリックでできます。 ホーム | コンサル料金 | メールセミナー

記事が参考になったと思ったらシェアしてくださると加藤がとても喜びます

LINE@ではブログやメルマガとは違った話をしています。ご興味ある先生は以下から登録してください。パソコンの先生は、クリックして現れるQRコードを読み取って登録してください。 友だち追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA