「強く揉んでください」と言われたら

「もっと強く揉んでください」と患者さんに言われたらどんな気分になりますか?

おそらくこの発言に、いい気分がするという治療家は少数派だと思います。多くは、「いや、ウチはそういう店じゃないし」とか「強くしたって治るわけちゃうわ」ってな感じの感情が湧くのではないかと思います。違ってたらゴメン。

もしあなたがこんなことを患者さんに言われたらイラっとする! というなら、こうならないためにやるべきことがあります。以前このことについてメルマガで書いたらけっこう反応があったので、こちらのブログでもご紹介したいと思います。

ちゃんと聞かにゃあわからない

僕の事務所は新大阪にあります。駅からすぐだから、よく駅の1階にある食堂街にランチに行くんですね。僕は完全に味覚音痴で、だいたいなに食べても美味しいと感じることができる。だから、店なんてどこでもいいんです。でも、ひとつだけ問題があります。なぜかここの食堂街は喫煙可の店が多いんですわ。

味はそんなにこだわならい。でも僕はタバコは吸わないので、できるだけ禁煙の店がいい。ということで、どの店に入るときも「禁煙ですか?」とまずは尋ねるんです。

すると返ってくるのが「すみません禁煙なんですよ」とか「大丈夫です。タバコ吸えますよ」なんてのがよくあるわけ。つまり、お店の人は僕のことを、タバコを吸いたい人だと勝手に判断して答えているんですね。

別にこれに怒っているとかではないです。言いたいことは、ちゃんと聞かにゃあわからんことってある。ってことが言いたい。「禁煙ですか?」と聞いた人は、タバコが吸いたくて聞いているのか、それともタバコが苦手だから聞いているのかは、この言葉だけではわかりません。ということ。

 

もっと強く揉んでくださいの真意はどこ?

これって治療院でも同じ。患者さんが発した言葉でも、その真意が見えない場合があります。

さきほどの僕のケースのように飲食店であれば、たいした問題にはなりません。禁煙かどうかさえわかればほぼ問題は解決するからです。でもあなたの治療院ならちょっと違った問題も起こりうるのです。

例えば「強く揉んでください」と言われた場合で考えてください。これに対して

  • うちはマッサージとかしないんで
  • そういうリクエストは受けません

なんて答えでもいいっちゃあいいです。受け答えは、あなたの個性でもあるので、僕がとやかく言う問題ではない。

でももうちょっと違った見方をすると、状況は変わってくるかもしれません。なんでこの人は「強く揉んでください」とリクエストしてきたかってことを考えるのが重要なんですね。

強く揉めば治ると思っている。だからそうリクエストしてきた。もしそうだとすれば、そこを教育することで解決の糸口があるかもしれません。

たとえば確認してみて、強く揉んだほうが治ると思っていたからそうリクエストしたのであれば、それを説明すれば納得して、普通に施術を受けてくれる場合もあります。けっこうこの手の考え方の患者さんって多いです。

逆に「黙って強く揉めばええんじゃボケっ!」ってな患者なら、また別の対応になりますよね。その対応はあなたが考えるしかないですが、僕ならそのまま帰らせます。

つまりどっちのケースかを確認せずに頭ごなしに断るっちゅうのも得策ではありません。治療院において、この手のすれ違いってけっこうあるんじゃないか?と僕は思っています。

だから、こういったところも意識してみてくださいね

 

もっと前になんとかしようぜ

と、ここまでは「人の真意はわからんから、ちゃんとそこを確認しようぜ」という話です。治療院では患者さんから多くの情報を引き出す必要があるんで、この考え方は持っておいたほうがいいです。でも全部が全部そんなことしてるのも大変なんで「もっと前になんとかしようぜ」ってな考え方も必要なのです。

たとえば僕がいつも「禁煙ですか?」とたずねるのは、禁煙が喫煙かがわからんからです。っちゅうか、僕の中の勝手な常識では、ランチ時は禁煙か分煙にしているはずというのがありました。でも実際のところ新大阪駅の1階は複数の店でそうではなかった。で、入ったあとに「失敗した…」と大いに凹んだ。

僕からすれば、先に書いとけっちゅう話ですよ。じゃあわざわざ聞く必要なんてない。入口の張り紙を見れば1秒で解決する。そうしておけば、余計な後悔をせずとも済むし、なにより「タバコを吸いたいぜ!」ってな人へのアピールにもなるわけです。もちろん「タバコは嫌だ」ってな人にだってアピールになる。

でもなぜかほとんどの店がそうしていない。「タバコが吸えるのなんて当たり前やろ」と思っているのか、「そんなこと書いたら取りこぼす人が出てくる」と思っているのか、それともなんにも考えてないのかはわかりません。でもどれもあまりよろしくはないですよね。

僕はいちいち「禁煙ですか?」と聞くのがメンドクさいから、新大阪の1階食堂街に行かなくなった。「ウチは禁煙です」と張り紙があれば、僕はそこにタブン行く。これだけ喫煙可の店ばっかりの地域で、禁煙店であるならば、それを絶対にアピールするべきだと思うのですが・・・

 

先にわかるように書いておけ

話は変わって、治療院でも同じ。というか治療院は絶対に先に言うことが大事。

最近はめっきり偵察も行かなくなりましたが、以前はよく飛び込みで治療院に行きました。すると、ものすごーく雑な対応をされることがあるわけ。「今はいっぱいですから!」「ウチは予約制ですから!」ってなんて感じに。

だったらわかるように書いておけと、そう言いたいわけですよ。

ちゃんと対応するならいいですよ。それなら、患者さんと接点を持てるという点で、飛び込ませる意味もある。そうじゃなくて、いかにも不機嫌そうに断るだけ。そんな対応がよくあるんですよね。そんなんされたら次は絶対に行きたくなくなる。

行かないだけなら、まだいいです。僕レベルに性格悪い人間なら、エキテンに悪い評価つけたろかってなるかもです。人に言いふらす可能性だってある。ザ・ネガティブキャンペーンですよ。

 

相手の気持ちを考えてみ?

飛び込みが鬱陶しい。この理由は理解できます。僕も施術の手を止められるのは嫌だった。

でもだったらA型看板でもなんでもいいから、「本日の予約枠はすべて埋まった。チラシにいろいろ書いてるから持って帰れ」ってことをでかでかと書いておけばええやんって話です。したらば何割かは飛び込みも減る。

飛び込むってめっちゃ勇気いるんですよ。僕はチキンだからその気持ちがよーくわかる。

どんな人がやっているのかな? いきなり飛び込んでも迷惑じゃないかな? 入ろうかな、やっぱりやめておこうかな。なんて思いを抱えながら飛び込んでくるんですよ。その勇気を振り絞って入ったときに、邪険に扱われてみ?一瞬で嫌いになれますよ。

たとえ石原さとみばりに可愛くてもたぶん嫌いになれる。いや、さとみならもう一回行くかな。うん。

でも、あなたは石原ではないはず。だったらたぶん嫌われる。っちゅうことで心当たりのある場合はなんとかしましょう。これもたいして難しいことではないはずですから。

 

自分に合った患者さんを相手にする

飛び込みに限らずあらゆる場面でそうです。たとえば冒頭に出てきた「もっと強く揉んで」だってそう。こういうのは後から説明するのは大変なんですよね。だから先に言う。

最初からそういう治療院ではないことをアピールすりゃいいわけです。新規集客の段階もそうだし、実際に来院してからだっていい。とにかくちゃんとこちらの考えやコンセプトを説明して、そこに納得してもらってから施術したほうがいいのです。

そうすると、せっかく行きたいと思った人でも、来院を諦める結果につながる可能性が出てきます。でもそれでええやんけ。というのが僕の考えです。特に1人でさえているような小規模治療院はそのほうがいい。

だって受けた後に後悔されたりするより絶対にいいでしょ? 先にできること、できないことを告げておくほうがお互いのためにとっていいでしょ?

スタッフを雇って大きな規模で運営するなら、とりあえず来させてマニュアルに則って説得するという手法もありです。これはスタッフを雇い、ごっそりボリュームゾーンを集めて回すビジネスモデルだから有効なのです。でも一人治療院ならそういった運営方法は、あまり得策ではありません。

最初から自分に合った患者さんだけを相手にするためにも、今回の記事でお伝えしたことは意識してみてくだいね。

治療院集客経営講座、加藤でした

治療院集客経営無料メールセミナー 登録は無料です。配信解除はワンクリックでできます。 ホーム | コンサル料金 | メールセミナー

記事が参考になったと思ったらシェアしてくださると加藤がとても喜びます

LINE@ではブログやメルマガとは違った話をしています。ご興味ある先生は以下から登録してください。パソコンの先生は、クリックして現れるQRコードを読み取って登録してください。 友だち追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA