鍼灸院のブログ集客方法

こんにちは、治療院集客コンサルタントの加藤です。
先日のこちらの記事、「治療院のSEO対策は記事を増やせ」を読んでの質問だと思うのですが、以下のようなご質問をいただきました。

blogコンテンツを利用する方法についてお聞きします。
blog媒体はどれを利用した方が効果的か?
なぜかというと、現在、Jimdoの無料HP自作で始め、blogサービスが付帯していたのでそのまま利用しているからです。blogアップ頻度やキーワードが問題であれば、現行のblogを継続しようかと。変更をした方がよければblogの引っ越しをと考えています。

ありがとうございます。

こちらの質問には明記されておりませんでしたが、チラっとホームページを拝見させていただきますと、鍼灸院をされているようです。そして現状はJindoの無料サービスを使って、自分でホームページを作成し、その下層にブログを設置しておられます。

で、こちらも明記されておりませんが、おそらくもっと効果的なブログ運営がしたい。そのためには今のままでいいのか、それとも他のブログサービスを使ったほうがいいのか?といった趣旨の質問だと思います。(違っていたらすみません)

ブログとはなにか?

「ブログって集客できるんでしょ?」「ブログやったほうがいいですか?」「ブログはどうすればいいんですか?」なんて質問をよく治療院の先生からされます。

もちろん最低限の知識を持っていて、その上で質問されている先生もおられます。
でもそこそこ多くの先生が、ブログがなにかよくわかってないけど、なんかいいことがあるらしい。ぐらいの感覚で質問されているようです。(※ご質問されている先生がそうだという意味ではありません)

これまでにいろいろと説明してきたのですが、ウェブが苦手な先生に、頑張って説明しようとすればするほど伝わないという経験をしていきました。で、いきついた説明が「ブログもホームページも一緒」という説明。

ブログと聞くと、ホームページとは別のなにか素晴らしい集客装置のように思っている治療家の先生がいらっしゃいますが、基本的にはウェブ上に記事書くということは同じです。

 

ブログの種類

ブログには大きく分けてふたつあります。アメーバブログやFC2ブログといったような、無料で簡単にできるサービス。それと独自ドメインを取得し、自分のサーバーでワードプレスなどを使用して運用するブログ。

後者のワードプレスなどを使ったものを、ブログと呼んでしまうからややこしくなるんじゃないかなと個人的に思っております。

無料ブログの場合、運営元の規約に縛られます。それに従わないと最悪の場合、アカウントごと削除され、せっせこ書いた記事が全部なくなってしまう可能性すらあります。またブログサービスそのものや、運営会社自体がなくなったりすることもゼロではないのです。

それに対し、自分でサーバーを借りた場合は、普通に治療院に関することを書く上での制約はほぼありません。そして仮にサーバー会社などが潰れてしまった場合でも、独自ドメインさえあれば、移管(サーバーの引っ越し)することでそのまま続けることができます。

 

治療院集客に適したアメブロ

無料ブログもたくさんありますが、鍼灸院など治療院の集客という観点からいうとアメブロがおすすめです。理由は、利用者が多く、店舗ビジネスの新規集客しやすい仕組みが整っているからです。

アメブロの特徴についてはこちらの動画でお伝えしております。
※こちらで紹介しているアメブロ集客完全マニュアルは販売終了しております

ワードプレスを使ったブログ

ワードプレスっていったいなんやねん!と聞かれるとやっぱり困るのですが、CMSと呼ばれるコンテンツを管理するシステムのことです。と、そう説明しても、書いている僕もよくわかっていないのが現状(^-^;

簡単にいうと、ワードプレスなどを使えば、ウェブの知識がなくてもブログ感覚で記事の投稿ができるようにまります。

僕自身も使っていますし、治療院のクライアントにもすすめています。その理由は

  • 初心者でも記事の投稿ができる
  • カテゴリー分けなども自由自在
  • SEOに強い(と言われている)

以上の理由からです。

 

基本的にこのワードプレスを使ってブログをしたいのであれば、業者に頼んでワードプレスでホームページを作ってもらい、ブログも作ってもらう。もしくは今のサイトの下層に組み込んでもらうのがおすすめです。

今ある治療院のホームページとは別ドメインで運用してもいいですが、基本的には今のホームページのドメイン全体の力を高めていきたいので、特に考えがなければ同じドメインの下層に入れるほうがいいです。

下層ってなんやねんという先生のためにちょいとだけ解説します。

例えば、今見ていただいている僕のブログのドメインは http://supportzyuku.com/ です。
こんなのが下層 http://supportzyuku.com/weblog

weblogというフォルダを作ってそこをブログページにするということです。
絶対にこのやり方じゃないとダメというわけではありませんが、これも特にこだわりがなければこれでいいです。わからない人は業者にこのように説明してくださいな。

 

で、このワードプレスを使ってせっせこ記事を書いていこうぜ!ってのが前回の記事の内容になります。 → 治療院のホームページSEO対策

僕はこれがもっとも治療院のウェブ集客に適していると思っています。なぜなら、この方法だとドメイン全体の価値も上がり、細かい検索キーワードに対応できるからです。

 

鍼灸院のブログでなにがしたいのか?

ワードプレスを使い、ドメイン全体の価値を上げていくのが最も集客には適していると書きました。でもそれだけが唯一絶対ではありません。だからまずは、ブログにしろなんにしろそうなのですが、その鍼灸院のブログを使ってなにがしたいのか?ここを明確にする必要があります。

例えば、ブログで鍼灸院に新規患者さんを呼び込みたいのか、既存患者さんとのコミュニケーションとしてブログを活用したいのか、このふたつを比べた場合、目的が違うので書く内容も違ってきます。

コミュニケーション目的であれば、なんでもいいので無料ブログを使うほうがいいです。詳しくは書きませんが、独自ドメインのブログではやらないほうがいいのです。

じゃあ新規集客のためにブログならワードプレスしかダメなのかといえば、そうではなく、アメブロにはアメブロのメリットがあるので、それを存分に活用して集客すればいいのです。ただしその方法(記事内容等)は違います。

最終的には独自ドメインのホームページは必須です。でも現時点でその費用がない。自分でも作るにも知識がない。というのであれば、アメブロを頑張ればいいと思います。もしくは、独自ドメインのサイトと平行してさらに集客したい先生もアメブロを活用してください。

 

質問された鍼灸院の先生への回答

>blogアップ頻度やキーワードが問題であれば、現行のblogを継続しようかと。変更をした方がよければblogの引っ越しをと考えています。

この部分に関してですが、もし、既存患者さん向けということであれば、このままでもいいです。でもおそらく新規集客を念頭に置いていると思いますので、それであれば、いくつか問題点があります。

  • 独自ドメインでない
  • タイトルなど最低限SEOに必要なキーワード設定がされていない
  • 新規集客のための記事としては内容が薄い

などが挙げられます。

ウェブ集客を真剣に考えていくなら、独自ドメインは必須です。今の無料ドメインでは集客力の面でもリスク面でも問題があります。なので、理想の形にしたいのであれば、独自ドメインのホームページを作成し、そこにワードプレスを使ったブログを組み込むことをおすすめします。

その上で最低限のSEOの知識は勉強しましょう。
例えば、現在のトップページのタイトルはこんな感じになっています。
地名/地名リハビリ 名前ハリキュー – アルファベットで院名 ページ!

なにか特別な意図があれば別ですが、特にないのであれば必ず「鍼灸」というキーワードを入れるべきです。

 

これはブログ記事にも言えることです。
例えば、ブログ記事に「新たな展開です」というタイトルのページがあります。
この記事の内容は、●●駅徒歩5分のところに開院するといったものです。

で、あればタイトルはこの●●駅徒歩5分のところに開院することを書くべき。治療院は地域ビジネスですので、基本的にタイトルにはなんらかの地域名は入れたいところです。「新たな展開です」ではおそらくいつまでたっても検索上位にはきません。仮に検索上位に来たとしても、クリック率はめちゃくちゃ低いです。

SEO対策の基礎はもちろんタイトルだけではありませんが、最低これだけでもやっておかないと記事を書く時間がもったいないので頑張ってください(*’▽’)

 

理想は先に書いたように、独自ドメインのサイトを作ることですが、それが事情によりできないのであれば、まずはアメブロを頑張ってもいいかなと思います。

 

治療院集客経営講座、加藤でした

治療院集客経営無料メールセミナー

登録は無料です。配信解除はワンクリックでできます。
ホーム | コンサル料金 | メールセミナー

 

記事が参考になったと思ったらシェアしてくださると加藤がとても喜びます

LINE@ではブログやメルマガとは違った話をしています。ご興味ある先生は以下から登録してください。パソコンの先生は、クリックして現れるQRコードを読み取って登録してください。
友だち追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA