鍼灸院のコース設定に答えなんてない

治療院集客3つの必須セミナー

本題に入る前にちょいとお知らせ

集客塾を2名追加募集します
http://therapistsupport.com/zyuku/

いや、情けない話なんですが
キャンセルというか、連絡が取れないというか・・・
こういうケースは始めてなんでびっくりです

治療院の予約キャンセルなどが出るのは
治療家側にも問題あんだよ

なんてエラそうに書いているくせに
自分のとこは2名も連絡取れない人が出るとは恥ずかしいですね

恥ずかしいのもだけど、悲しいです

5名定員ところ、3名ではちょっと少ないということで、再募集します
いろいろとバタバタしてすみません

集客塾の再募集はこちらから
http://therapistsupport.com/zyuku/

 

さて、気を取り直して今日の本題

8月に鍼灸整体院をオープンさせるクライアントさんがいます
その先生から施術コースの相談を受けました。

先生は、メニューをたくさん作りたいとのこと

僕は基本的に治療院で多くのメニューを作ることは反対です
施術者が1人の場合は特に

理由は選択麻痺が起こるからです
多くなると迷ってしまって、結局選べないなんてことが起こりうるんですね

また、それぞれのコースの区別が
曖昧になるというのもよくあることです

 

治療家って、悪いところあればどうしても治してやりたいという
気持ちになってしまう生き物です

となると、自分の持っている最高の方法で
すべての症状を改善させたいと思うもの

だからついつい、そのコース以外のこともやってしまう
だってそっちのほうが治るんだもん

となると、AコースとBコースの違いが
だんだんなくなってきちゃうんですね

そうなったらもうコース分けする意味がない

同じ値段ならまだしも、値段設定が違うコースなら
それはあまりよろしくないことになります

だったらさ、メニューはひとつに絞るなりして
全ての場面で、力を出し切ったらいいんじゃないの?

と思うわけ

職人肌の治療家はたぶんそっちのほうが合っているはず

 

で、それを、クライアントさんそっくりそのまま説明したのです

したらば、返ってきた言葉がこれ
「○○鍼灸院のメニューを参考にしたので・・・」

この○○鍼灸院ってのは東京の有名な鍼灸院
確かにそこのHPを見ると、そこそこメニューが多い

多いというか、わかりにくい
僕の目から見れば、よろしくないメニュー構成

でも、繁盛してんですよね(~ ~;)
だから、なんも言えないわけです

だって実際に結果残してんだもん
このクライアントさんだって、だから参考にしてるわけ

 

結局、僕の案を採用してくれたんですが
こういうことってよくあります

僕がなんか意見を出す

繁盛治療院のやりかたと違う

クライアントさんプチ混乱

なんてシチュエーション

僕がいつも言っていることですが答えなんてありません

例え同じ鍼灸院、整体院だとしても

ターゲットが違えば
地域が違えば
想いが違えば
コンセプトが違えば

そりゃやり方も違って当然です

仮にすべて同じだとしても
まったく違うやりかたで同じように成功することもある

これだけ、ニーズが多様化してるんだから
やり方がたくさんあって当然なんです

だから僕は一個人の成功体験だけに
基づく指導ってのはしたくないと思っているのです
もう少し広い視野で考えたいのです

でも結局はそれでも一個人の考えから脱却することはできません
で、今回のようなことも起こるわけ

今回追加する集客塾も
結局は僕個人の考え方がベースになります

ですが、できるだけ偏りをなくすため
塾生と共に考えていければいいなと思ってもいます

集客塾追加募集はこちらから
http://therapistsupport.com/zyuku/

記事が参考になったと思ったらシェアしてくださると加藤がとても喜びます

LINE@ではブログやメルマガとは違った話をしています。ご興味ある先生は以下から登録してください。パソコンの先生は、クリックして現れるQRコードを読み取って登録してください。
友だち追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA