鍼灸師ならまずは鍼灸をしっかり学べばいいのに

鍼灸師ならば鍼灸を勉強すれば?

先日募集再開した治療院の個別コンサルですが
1枠のみとなりました

ご希望の方は是非こちらのページをご確認ください
http://therapistsupport.com/bosyu/wpsupportzyuku.html

 

先日セミナーの講師をお願いした
夘野先生の鍼灸院にお邪魔してきました
鍼灸院天空

このオッサン、もとい、
この先生、スゴイんです

脱いでもスゴイんです
とかそっち系の話ではなく
治療家、鍼灸師としての知識がスゴイのです
漢文とかも普通に読めちゃう

僕がスゴイですね!なんて驚いていると
夘野先生は、コイツはこんなことぐらいで
なにを驚いてるんだろう?てな顔をしていました

 

鍼灸師などが東洋医学を真剣に学ぶからには
漢文が読めたほうがいいのはわかりますよ

でも僕からすりゃ、それはスゴイことで
驚きもしますよ、そりゃ。

 

僕はメルマガでもブログでも、基本は治療院の集客経営の話なので
整体や治療の技術的なことは書きません

だって僕のレベルが低すぎてわからんからね

でも治療に関する技術的なことにもいちおう考えはあります

どんな考えかっていうと
治療技術を高めたけりゃ、まず基本をやれよと思うのです

 

○秒で治ります!といったDVD買ってもいいよ
おそらくやっている先生はできるんでしょう

でも普通に考えて治療の基礎がなってない人が
そんなDVDでなんとかなりますかね?

僕も過去に何本かそういう技術系のDVDを購入しました
もう見事に全滅です。

理由は整体や治療の基礎がないからです

 

さすがに僕ぐらい治療技術に関する基礎がなってない人も
珍しいんだけど、それに近い人はけっこういます

せっかく大金出して、鍼灸や柔整の専門学校なり
整体やカイロプラクティックのスクールに通ったわけでしょ?

だったらその鍼灸の専門学校で学んだ治療技術を
まずはしっかり追求したら? と僕は思うのです。

 

冒頭の鍼灸師の夘野先生が
めっちゃ長い鍼を見せてくれました

原因が深部にある場合
物理的に長い鍼が必要になるとのこと

鍼灸師の中には、深く打てないという先生がいます
刺さないではなく、怖くて刺せない

 

ぎっくり腰の患者さんが来られました
大腰筋に打つ必要があるなと感じた
でも怖くて打てない

だから鍼灸以外の整体などの手技に活路を見出す
そして○秒で改善!に走ってしまう

整体やカイロプラクティックが
ダメといっているわけではないですからね

なんかもったいないなぁと思ってしまうのです

以上珍しく技術的なことについて
書いてみました。

 

治療院集客経営講座、加藤でした

治療院集客経営無料メールセミナー

登録は無料です。配信解除はワンクリックでできます。
ホーム | コンサル料金 | メールセミナー

 

記事が参考になったと思ったらシェアしてくださると加藤がとても喜びます

LINE@ではブログやメルマガとは違った話をしています。ご興味ある先生は以下から登録してください。パソコンの先生は、クリックして現れるQRコードを読み取って登録してください。
友だち追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA