治療院・整骨院の消費税対策は?値上げすべき?

治療院集客3つの必須セミナー
治療院・整体院の消費税対策は?値上げすべき?

消費税が4月から8%になりますね

実費がメインの整骨院の先生から3%上乗せしていい?
ってな質問があったので、それについて

 

結論から言うと、「んなもん知らん」
だって消費税アップなんて初めてだもん
知るかっちゅんねん

と、ここで終わると
僕の存在意義そのものがアレなんで
頑張ってつらつらと書いてみます

 

まずは質問してくださった
先生の整骨院の料金体系はというと

院長が施術すると、5,250円
スタッフが施術すると、4,500円

5,250円のほうは、250円が消費税かな
って想像がつくんですね

じゃあ4,500円ってなによ?こっちは消費税なしか?
なに、ややこしいことしてんねん!と

うーん、ま、いいや。

 

例えば、僕だったらね
今まで5,250円払って受けていたサービスが4月から5,400円になった
これは、とりあえずは納得します

そりゃ値上がりしてんだから嬉しくはないよ
でもまぁ、消費税分上がったんやなって最小限の抵抗で済む

最初から250円っては消費税だなっていう意識があるからです

 

じゃあ4,500円の場合はどうか?

これって元の値段がすぐ想像できません
少なくとも僕は計算苦手なんでムリ

なので、都合よくこれは消費税入ってないんじゃない?
って判断にしちゃうんです

 

この考えで、4月から3%分値上げすると・・・

なんじゃ?便乗値上げか?
なんてマイナスイメージが先行します

ってのが、僕の個人的な意見

 

もちろん参考にしてもらって
そこから自分の答えを出してもいいです

でも、結局は治療院によって違う

サラっと値上げしても全然問題ない治療院もあれば
値上げしてことによってガクっと下がる治療院もある

こんなの当たり前なんです

それを一緒くたにして
これが正解です!なんて語れへんっちゅうねん

 

吉野家やマクドナルドが100円値上げする
リッツカールトンが1,000円値上げする

これって同じ意味ですか?
違いますよね。それと一緒。

最終的にはやってみないとわかりません
これが答え

でもさすがにこれは投げやりすぎるので
やれることはやってみてください

 

やれることってのは

1.リサーチ
2.理由を説明

この二つ

 

リサーチについては、頑張って今いる患者さんに聞く

答えなんてないんですが
どこかに答えがあるとするれば、
それはあなたの整骨院の既存患者さんの中

僕の意見なんてどうでもいいんですよ
だって僕はあなたの患者さんじゃない

顧問料を請求する可能性はあっても
あなたにお金を払うことはない

実際にお金を払ってくれる人に
聞かないでどうすんのよって話です

 

でもこれも普段、患者さんとどう接しているかによります
ここができていなきゃ聞いたってあんまり意味ない

元も子もないこと書くけど
それが現実だからしょうがない

でもとりあえずサラっといいので聞いてみてくださいな

先生に相談された!
と喜ぶ患者さんだっていますから

 

ただ注意すべき点は
反対意見が多く出たから値上げをやめる

という短絡的な行動をするためのものではないということ

聞いてみて、どんなふうに思っているかを知る
そしてそれをその次の説明につなげるため

 

ということで、もうひとつは理由の説明

これはなにするときでも一緒です

人は物事に理由を求めます
理由なき主張なんぞ誰も相手にしてくれません

このふたつをやって
あとは自分で判断してくださいな

 

これはなにも消費税に限らず
普通に値上げするときも同じ

僕自身、治療院でもサロンでも
値上げをしたことありますが
あまり患者数に影響はありませんでした

 

整体院のほうは
4,500円 → 5,600円 → 6,400円
ってな感じにそこそこ値上げしたけど
ほとんど影響はなかった

特に5,600円から6,400円にしたときは
まったくといっていいほどなかった

 

先にも書いたけど、
だからってあなたも大丈夫って意味ではないです

同じ状況とは限らないから

いいかげんなコンサルにそそのかされて
ほいほい値上げして失敗した人も
僕は何人か知っています

 

値上げして経営悪化した分は
値下げしても元になかなか戻りませんよ

明確な理由はわからんけど
値上げってそんなもんなんです

やるからにはある程度の覚悟が必要

ダメだったら元に戻せばいい
なんて甘い考えじゃあ失敗しますぜ、ダンナ

 

いつの間にか、消費税の話でなくなってしまいましたね・・・

 

あ、それと最後にそこそこ大事なことを

かつて消費税が3%から5%になったとき
流行った、「消費税還元セール」
なんてはやっちゃダメってことになってます

うっかりやらないようにしてください
処罰の対象になりますからね

 

それと、表示方法は総額表示でも外税方式でもOKです

つまり消費税を含んで5,400円と表記しても
5,000円(消費税400円)と表記しても
どちらでもOKという意味です

個人的には、総額表示でわかりやすく
したほうが患者さんのためかなと思います

消費税に関係ある治療院の先生は参考にしてください

 

追伸

値上げをスムーズにするためのひとつの大きな要素は
やっぱりどう信頼関係を構築しているかです

うちはあんまりできてないな・・・
ってな先生はこちらをおすすめします
http://therapistsupport.com/bosyu/kitada.html

 

治療院集客経営講座、加藤でした

治療院集客経営無料メールセミナー

登録は無料です。配信解除はワンクリックでできます。
ホーム | コンサル料金 | メールセミナー

 

記事が参考になったと思ったらシェアしてくださると加藤がとても喜びます

LINE@ではブログやメルマガとは違った話をしています。ご興味ある先生は以下から登録してください。パソコンの先生は、クリックして現れるQRコードを読み取って登録してください。
友だち追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA