治療院開業3年目で失速する理由

治療院を開業したときはいいスタートが切れたのに、その後伸び悩む。伸び悩むぐらいならまだいいのですが、1年目、2年目ぐらいがピークでその後落ちていく。
そういった治療院の先生が僕のところによく来てくれます

なんでそういう先生が多いのかな?とふと思ったので、今回の記事はそちらについて。
特に開業3年目以内で伸び悩んでいる先生は是非読んでくださいな。

 

なにも変えていないのに売り上げが落ちる

開業時はそこそこよかった。で徐々に落ちていって気が付きゃヤバいかも!となっている先生。そういった治療院の先生の口からよく出るのが、「特になにか変えたわけでもないので理由がよくわかりません」といった説明。

これには二つのことが隠れている場合あります。
ひとつは、何も変えてないつもりでも、続けているうちにだんだんと緩やかに手を抜きだしているこ状態。患者さん側に敏感に感じとられて、徐々に離れていったのかもしれません。

そしてもうひとつは、本当に変えてなくても下降していくケース。
なんで何も変えてないのに、状況が変わってしまうのか?それはあなたは変わらなくても、周りは変化していくので、相対的に見て変わっているからです。

こっちのケースのほうが、僕の感覚では多いなと感じています。

 

治療院を取り巻く外部環境は変化し続けいる

あなたの治療院を取り巻く外部環境は常に変化しています。
そしてこの外部環境の変化のスピードはかつてより早くなっています。

入ることさえ難しかった柔道整復師の養成学校は、福岡裁判を経て、今では定員割れする養成施設も出てきています。「学校増やしやがれ!」と叫んでいた人が、今では「減らしやがれ!」と叫んでいるとかなんとか(^-^;

治療院を探すときはとりあえずタウンページを開く。タウンページから毎月何人も集客できた。なんて時代から、そんなに経ってない気もしますが、「タウンページから集客しています」なんて聞くと、逆に驚く時代になりました。

10分1000円でいっきに広まったクイックマッサージ。誰でも手軽にマッサージもどきが受けられるようになったかと思えば、どんどん価格破壊が進んで、いまじゃ60分2980円。

ちょっとこましなホームページを作って、「●●市 整体」といったキーワードで上位にあげておけば、ざっくざく集客できた。こりゃホームページあれば楽勝だなと思っていた治療院が、今になって「あれ?おかしいな?」全然集客できなくなってきたぞ?と焦っています。

もうね、ガッコンガッコン動いているわけですよ、世間ってやつぁ。

 

地方整体院の失速パターン

地方で整体院などを開業している先生に多いのですが、70万ぐらいならサクっと達成してしまう人って多いんですね。チラシの反応率も高いし、紹介なども比較的してくれやすい。

んが、そこから伸び悩むんです。「あれ?」ってなる。最初がたいしてなにもしなくても患者さんが来てくれたもんだから、そこからなにをすればいいのかがわからない。

治療技術や、人柄など、他の治療院と比べて大きく勝っているものがなにかあればいいけど、ほとんどの先生がそういったものは持っていません。

 

落ちてきたものを上にあげていくのって難しいなと常々感じています。
かつては1人で100万売りあげていました。それが今じゃ30万。これをなんとか元に戻したい。
こういうケースがなぜか本当に難しい。

今あるものをちょっと変えていこう。なんて考えるよりも、一から全部やり直す覚悟で取り組まないとなかなか状況って変わらなかったりします。

だから、開業してまだ日が浅い先生は今のうちにしっかり治療院経営の芯の部分作ってください。かつてはよかったけど今は落ちてきたなんて先生は、作り変える気で経営改革に取り組んでくださいね。

 

治療院集客経営講座、加藤でした

治療院集客経営無料メールセミナー

登録は無料です。配信解除はワンクリックでできます。
ホーム | コンサル料金 | メールセミナー

 

記事が参考になったと思ったらシェアしてくださると加藤がとても喜びます

LINE@ではブログやメルマガとは違った話をしています。ご興味ある先生は以下から登録してください。パソコンの先生は、クリックして現れるQRコードを読み取って登録してください。
友だち追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA