治療院経営を加速させるために

治療院経営を加速させるために

ここ数年でようやく少しずつ直ってきたことがあります
なにが直ってきたかというと、否定する癖

 

例えばセミナーにいくとします

あぁ、いいこと聴いたなぁと最初は思っている
なんだけど、たったひとつ受け入れられない考え方があった
それだけで全部否定してしまうのです

10個話聴いた。9個はとてもよかった
でも1個だけダメだった。

この1個にフォーカスしてしまって
せっかくの9個も捨ててしまっていたんですね

その1個だけ捨てればいい話なんだけど
なかなかそれができなかったんです

 

あんな考え方をしているヤツだ
きっと他の9個もたいしたことないに決まっている

と、こう考えちゃうわけ
これって、本当にもったいないです

 

昨日、毎度のごとくというか、なんというか
こんなメッセージをいただきました

———————————————-

治療者として発行しているメルマガでしたら
下ネタはやめておいた方が良いと思います。

まして、セミナーの講師もやるのでしたら尚更。
最後の下ネタで、登録解除したくなりました。

———————————————-

貴重なご意見ありがとうございます。
そしてどうぞ登録解除してくださいな(*^-^)

 

でね、こういうのがくるたびに思うわけ

そんなとこにフォーカスしないで
得れるものだけ得ればいいのにって

そのいっぽう、やっぱり
余計なことは書かないほうが無難なのかなって

 

アリストテレスが説いた、説得の3要素があります

エトス、パトス、ロゴスってやつなんだけど
エトスは誰が語るのかという信頼性を意味します

同じことを語っていても
松下幸之助が語るのと、性犯罪者が語るのでは
まったく伝わり方が違うわけ

 

で、ここであなたに考えてほしのはふたつ

まずは、最初に話したように
ひとつにフォーカスせずに
他のいいところを見たほうがいいよってこと

もうひとつは、誰が語るのかは重要
だから、治療院・サロン経営するにあたって
あなたはなにものであるかを魅せたほうがいいよってこと

後者は僕を反面教師にしてもらってもいいかも

仕事中はいたってマジメ、加藤でした

 

治療院集客経営講座、加藤でした

治療院集客経営無料メールセミナー

登録は無料です。配信解除はワンクリックでできます。
ホーム | コンサル料金 | メールセミナー

 

記事が参考になったと思ったらシェアしてくださると加藤がとても喜びます

LINE@ではブログやメルマガとは違った話をしています。ご興味ある先生は以下から登録してください。パソコンの先生は、クリックして現れるQRコードを読み取って登録してください。
友だち追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA