治療院経営の設計図を作る

前回の記事で、治療院経営立て直しの方法としてリピートについてお伝えしました。
⇒ 傾いた治療院経営を立て直す

今回は治療院の設計図について。

設計図?なんじゃそれ?と思われるかもしれませんが、治療院経営にも設計図はあったほうがいいのです。なぜならそれがあったほうが、どこに向かえばいいかがわかるので、ブレが少なくなって行動しやすいからです。

治療院経営を芯から見直す

あなたの治療院はどんな治療院なのか。コンセプトやウリはなにか。誰をターゲットにしているのか。目標や目的はなにか。まずはここを明確にすることが大事です。

そしてそれが決まったら、具体的にどんな集客経路からどうやって集客するのか。リピートの仕組みはどう構築するのか。をそれぞれ決めていきます。

 

文字にすればたかだか数行で書けますが、実際にこれを全部やろうとすればかなりの労力になります。時間がかかる場合もあるでしょう。

でも、前提問題として、ずるずると治療院経営が後退している最中なわけです。だったら、バサっと全部見直していくぐらい覚悟がないとなかなか上向きは期待できません。

 

ほとんどの治療院では、ぼやぁっとしかこういった設計図を作っていません。1人治療院であれば、全部頭の中でやってしまえる先生も中にはいます。それで十分繁盛しているところもあります。地域や立地だけで繁盛している人もいます。たまたまうまくいっている人もいるでしょう。これら全部僕は否定しません。

でもね、あなたがうまくいっていない。もしくはもっと上を目指したいのであれば、この設計図はしっかり作るべきです。

そうしたほうが外部環境に左右されにくい芯の強い治療院ができるからです。
多くのうまくいっていない先生は、なんとなく開業して、なんとなく集客して、なんとなく傾いていきます。反論はいっぱいあるでしょうが、僕から見ればそう見える。

で、焦って、付け焼刃的なことをごにょごにょとやりだす。一時うまくいく場合もありますが、多くの場合は一時しのぎに過ぎません。なぜなら、土台がない上にマンション建てているようなもんだからです。上のほうはふらっふらですわ。

っちゅうことで、巷で効果があるといわれていることをいろいろやってはいるけれども、どうもうまくいかない。なんて先生は、開業しなおすつもりで芯から見直すことを考えてください。

 

設計図のない治療院は患者さんも困る

ここまでは、治療院経営する側のあなたにとっての設計図についてお話しました。この設計図、実は患者さんにとっても必要なものです。

ここまでに書いた設計図に相当するものは、患者さんから見れば、あなたの治療院がなにをするところなのか?を判断するものになります。

あなたは自分がやっていることなので、自分はよく知っています。だからなぜか見込み患者さんへの説明も不足しがちです。整体院なんだから整体するに決まってるやろが!なんて感じ。

いや、わかりませんよ。僕はこの業界に16年いますが、未だに看板など外観とやっていることのイメージ違っている治療院があります。特に最近はいろいろな療法がありすぎてよくわからない。

 

この「わからない」状態というのは、ふたつの弊害があります。

  1. よくわからないから選ばれない
  2. 目的の違う患者さんが来る

1番については患者さんの立場に立って考えてみてください。
よくわからないものを買うのは不安です。なぜなら損をしたくないから。

あなたの治療院がなにをするところなのかイメージできない。他のライバル院はイメージしやすい。この状態になったとき、どちらがえらばれやすいでしょうか?普通に考えてライバル治療院です。

この場合はあなたの治療院に患者さんが来ないだけなので、患者さん側にはたいしたデメリットはありません。ライバル治療院がインチキ院だとすれば実害もありますけれども(^-^;

問題は2番です。これってたとえるならお寿司を売ってる店に、ラーメンを買いにくるようなものなのです。どんな新鮮な食材を使っても、生ものは嫌いだの、温かいものが食べたいと苦情を言われてしまう危険があるのです。

これって治療院側も患者さん側もお互いメリットのないことです。

あなたは、集客ができない。せっかく来てくれても求めているものが違う患者さんも来てしまう。患者さんは患者さんで、求めているものではないものを提供されてしまう。

そんな悲惨なことにならないためにも、しっかり設計図を作ることが大事なんですね。
楽しく治療院経営していくためにも、是非考えていってくださいね。

では次回は治療院経営立て直しの3回目、新規集客についてです

 

治療院集客経営講座、加藤でした

治療院集客経営無料メールセミナー

登録は無料です。配信解除はワンクリックでできます。
ホーム | コンサル料金 | メールセミナー

 

記事が参考になったと思ったらシェアしてくださると加藤がとても喜びます

LINE@ではブログやメルマガとは違った話をしています。ご興味ある先生は以下から登録してください。パソコンの先生は、クリックして現れるQRコードを読み取って登録してください。
友だち追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA