治療院経営に伸び悩む理由はこれ

治療院集客3つの必須セミナー

治療院経営において、結局すべては行動にあります。

どんなにマーケティングの知識があっても、どんなに技術があっても
それを行動に移せない治療家は千年たってもうまくいきません。

これに反論のある人は少ないと思います。

開業3年目で閑古鳥が鳴いている治療院。
このままなんにもしないで寝て待っていれば大繁盛するはず
なんてのがどう考えてもおかしいのはわかるはずですから

 

じゃあ、なんで行動に移せないのか
それは動機が足らない、やる理由が明確になっていないからです

どんな治療院にしたいですか?
⇒ いや、まぁ、特にそういうのは

いくらぐらい売り上げたいですか?
⇒ うーん、まぁ、今よりもうちょっと多く稼ぎたいかな

なんで治療院内をきれいに掃除しないのですか?
⇒ 特に意味はないけど、掃除しても意味なさそうだし

こんな感じだったら、そりゃ頑張れないですよ。
ちょいと大げさに書いていますが、これに近い治療家は少なくないです。

 

たとえばね、
現在同じぐらいの足の速さの人5人に、1年後に100メートル走をしてもらいます。
こんな状態になったとします。

あなたは1年間、必死に練習しますか?
する人もいるかもしれませんが、多くはしないでしょう。
大の大人になって100メートル走に勝つことに明確な動機がないからです。

でもこれならどうでしょうか?
賞金は、1位10億円、2位5億円、3位1億円、4位500円、5位0円

これなら必死に練習しませんか?僕だったらします。
もちろんこれは賞金という明確な動機ができたからです。

 

で、こう書くと、俺は金のためにやってんじゃない
と、脊髄反射的に反応してしまう人もいますが、そうじゃないですからね

この動機や理由なんてのはなんでもいいわけです
金のためでも、患者さんのためでも、社会のためでも、なんだっていい
あなたにとっての動機として十分であればそれでいいんです

 

動機や目的なんて書き方をすると、おおげさな感じがしますが
大きいところから、日々の行動にいたるまで、すべてにかかってきます
なぜなら人は理由のないことなんてしませんから

たとえば患者さんの誕生日にハガキを送ったことがある人もいるかと思います。
それってなんで送ったのですか?

コンサルタントが送れっていったから?
書籍に書いてあったから?
同業の友達から聞いたから?

きっかけはなんだっていいのですが、なぜそれをするのか?
ここを考えないと、いい結果というのが生まれにくいのです。

 

患者さんの誕生日にハガキを送れ
患者さんの誕生日にハガキを送るなんて意味がない。逆効果もありうる
誕生日ハガキには割引きなどのオファーをつけろ
誕生日ハガキに割引きなんてつけても無意味

誕生日ハガキだけをとってもこれらの複数の意見があります
で、これらすべて間違いではありません。

 

整骨院はこうすれば絶対に繁盛する。
どんなダメな治療院でもこうすれば経営は回復する。

僕のようなコンサルタントは絶対的なものがあるかのように書きます。
治療院経営の原則は~とか
整体院集客の本質は~なんて感じに

どんな田舎でも~とか、誰でも~とか
そういうのってやっぱりむずかしいんですよ。

同じやりかたや考え方で、みんながみんなうまくいくはずない
だってやるのはあなただから。

 

世界中に店舗があって、たくさん売れているマクドナルド
間違いなくマーケティングも現場のシステムもちゃんとしたものがあるはずです。

店舗出店の際にも徹底的にリサーチして、
ここならいけると踏んで出店しているはずだし
その後の運営についても、しこたま金をかけて作り上げたものがあるはずです

日本だけの売り上げでも5000億円超あるし
広告宣伝費だって60億ぐらい使っている。

それでも不採算店舗ってたくさん出るんです。

 

結局最後は自分の頭で考えることです。
全部考えるという意味ではなく、自分にカスタマイズするという意味で。

どうもうまくいかないと感じる先生は
考えるという習慣をつけてみてくださいね。

こちらのセミナーではそれに近いことをワークでします

セラピストサポート加藤でした

 

記事が参考になったと思ったらシェアしてくださると加藤がとても喜びます

LINE@ではブログやメルマガとは違った話をしています。ご興味ある先生は以下から登録してください。パソコンの先生は、クリックして現れるQRコードを読み取って登録してください。
友だち追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA