治療院経営でほぼ失敗する戦略とは

治療院経営でほぼ失敗する戦略とは

 


 

このメルマガでも何度か書いていますが
うちの奥さんはネットでアクセサリーを販売しています

で、その同業者の友達から相談されたそうな

相談は、安くしたのに売れない・・・
といったようなもの

 

正直、その人の作るものも
うちの奥さんの作るものも
たいして変わらないと思います

少なくとも、僕の目には区別がつかない

でも奥さんのほうが断然売れる
値段もだいぶ高い

その相談した友達は売れないから、値段を下げたらしい
でも売れない・・・

なんで、アンタは売れるの?
ってことで相談してきたらしい

 

売れないから価格を下げる

これって、個人の商売では
かなりの確率でいい結果にはなりません

もちろん、治療院・サロン経営でも考え方は同じです

 

新規患者さんが全然来ない
だから値下げして集客しよう

近くに1時間2,980円のサロンができて、
新規も売り上げも減っている
だから5,000円だったのを4,000円に値下げした

これらは多くの場合、うまくいきません

 

特に値上げさえすれば
とりあえずなんとかなるだろう
なんて考えだと、ほぼ失敗します

なぜかというと
認知してもらっている状態の人しか
値下げなんてのは意味ないからです

 

あなたの治療院・サロンのことを知っている
この状態にあって初めて
この整体院は他のところより安いから
ここにしようと選ぶ理由になるのです

これを安くしたからといって
知らない状態から知っているという状態になるわけないんです

まずは比べられるテーブルに乗らなきゃ
なんにも始まりません

値段を安くしたからといって
どこからともなくお客さんが
あなたの治療院・サロンを探し出してくれる
なんてことは考えにくいわけ

 

だから値下げするなら
手段はチラシだろうがHPだろうが
なんだっていいので、伝える必要があります

そこをすっとばして
値下げだけしても意味はないと思ってください

 

普通に考えれば、当たり前なんですが
やっぱりいざその立場になったときは
安くすればなんとかなりそうに思ってしまいます

前回のメルマガでも少し書きましたが
値段が安いとダメというわけではありません

それに見合った戦略を立てれば問題なく繁盛します

 

でもあなたが小規模、ましてや施術者一人の
個人治療院・サロンであれば
基本的には安いものを売っても
労力に見合った収入は得られないでしょう

なので、もし、あなたが苦しい状態にあって
その打開のために値下げを考えているならば

まずは、値下げさえすれば
集客できるだろうという考えは捨ててください

 

はっきりいって
なんも考えずに値下げするぐらいなら
なんも考えずに値上げするほうが
売り上げがアップする確率は高いです

だからなんも考えずに値上げしろって意味ではないですからね

値下げするなら、
じゃあどうやってその値下げしたことを
伝えてそれを来院に結びつけるのか
ってところをしっかり考えてください

 

で、最後に元も子もないお話を

結局は、どうするにしてもまずはどう認知してもらうのか?
というところを通らないことにはなんにも始まらないわけです

これまた何度も書いていますが
治療院・サロンで集客できない理由は認知不足にあります

つまり知られていない状態

 

新規集客をゴリゴリするだけが治療院経営ではありません
最終的にはリピートもしっかりする
ことが芯の強い治療院にとって大事です

でも少ないなりに新規っては必要なので
そこを安定的にとっていくためには
まずはなにはともあれ
認知してもらうことを考えてくださいね

加藤でした

 

追伸

この認知を考えた場合
かなり費用を安く効果的に達成できるのがアメブロ集客です

費用を抑えて、認知を高め
集客力を上げたい人におすすめです

こちらから
http://therapistsupport.com/ame/

 

 

記事が参考になったと思ったらシェアしてくださると加藤がとても喜びます

LINE@ではブログやメルマガとは違った話をしています。ご興味ある先生は以下から登録してください。パソコンの先生は、クリックして現れるQRコードを読み取って登録してください。
友だち追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA