治療院をブログやフェイスブックで紹介してもらう方法

治療院をブログやフェイスブックで紹介してもらう方法

ちょいと前に地元密着なびの新谷先生に
メルマガの最初に、○○のスタバより
って明記する人がいるけど、あれってなんか意味があるの?
って質問したんですね。

したらば全力で、「知らん!」
と突き放されました

 

それからも、なんか意味あるのかなぁ
なんてずっと、ぼやぁっと思っていました

と、そんなときに見た記事がこちら

なぜ人は「スタバなう」とつぶやくのか
http://bizgate.nikkei.co.jp/article/7573417.html

 

この記事によると、
ドトールのほうがスタバよりも店舗数が多い。
にも関わらず「スタバなう」とSNSで発信する人は
「ドトールなう」と発信するより数倍多いとのこと

で、その理由は
自己承認欲求を満たしたいという心理だそうな

つまり、「スタバなう」は
いいなぁと羨ましがられる

「ドトールなう」はそうならない
ということらしい

 

スタバ=カッコいい
という価値基準がない僕にとっては

ふーん、そうなんだ。ぐらいで、
あんまりピンときません

 

どっちかっちゅうと、「キャバクラなう」
とかのほうが、羨ましいなぁ。って思う

完全に、僕基準ですね

 

「梅田のキャバクラより」
ってメルマガに書いてあったら格好よくない?

え、キャバクラでメルマガ書いてんの?
すげぇー!どんだけストイックなんだ!カッチョイイーー!

って僕なら一発で惚れます

世間と僕との間には、どうやら
厚い厚い認識の違いがあるようですね・・・

 

で、いつもなら、ここから
無理矢理、治療サロンにつなげます

なんですが、

今日はどうもつなげられない
どうやってつなげりゃいいのよ、お母さん

でも、一応、そういうメルマガなんで頑張ってみます

 

あなたの治療院のことをブログやフェイスブックに
○○整体院にいってきました!なんて感じにで書いてもらうには
患者さんの自己承認欲求を満たす存在である必要があります

じゃあどうやってその
自己承認欲求とやらを満たすのか?

そこがいまいちわかりません・・・ゴメンなさい

 

めちゃくちゃオシャレで高級なサロン
これならその条件を満たす可能性があります

でもそれは、かなり条件的に厳しい

普通の治療院・サロンが
その状態にもっていくにはどうすべきか?

普通に考えれば、感動を与える
これがもっともわかりやすいですね

でもじゃあ、どうやって感動させんの?
って話しになって、振り出しに戻る。

 

よく巷のコンサルタントは
口コミしてもらうには、感動させればいいのです
なんて軽々しく言ってます

んな、簡単に感動させられるかっちゅうねん

 

ここまで、書いてふと思い出しました

よく考えたら、僕はかつて自分の治療院・サロンをよく
お客さんにブログなどで紹介してもらってたわ

うん。

最初からそれを書けって話です

 

しかも、今からここまでの前提を
ぜーんぶ、ひっくり返します

ブログやフェイスブックで紹介してもらうには

自己承認欲求だとか
感動させるだとか
そんなむずかしいことはいらない

ただ、ひとこと
「ブログに書いてください」って言うだけ

 

いや、ホントにこれだけ

もちろん、前段階として
ブログやってるの?とか
ブログにどんなこと書いてんの?
なんていう会話は必要ですよ

ここはすっとばすわけにはいかない

 

でね、ここでその答えが
ブログやっていますよ~。とか
どこそこ行ってきました~。とか書いてます
なんて答えだったらOK

 

思い切ってというか、いけしゃあしゃあというか
ひとこと「ブログに書いてください」って言えばいいだけ

写真も撮ってください!と付け加えると確率が高まる

ブログやフェイスブック書いている人ってね
ネタを探しているんですよ
なんか載せることないかなぁって

だから案外うまくいくわけ

 

ただ、それが実際の集客につながったかどうか
ここは計測できていません
だからよくわからん

でも少なくともなんらかのプラスには
なっていたとは思う

 

とういことで、かなり周り道しましたが
ブログなどに書いてもらいたかったら
「書いてください」と言ってください
それが一番てっとり早いです

多少の宣伝と、多少のSEO効果はあります

 

もちろん継続して数が増えれば
大きな効果だって期待できます

やってみようって方は試してくださいな

加藤でした

 

追伸

明日から北田先生のDVD販売開始です
ダイジェスト動画はこちら
http://www.youtube.com/watch?v=Xc08QpWL_hc

 

治療院集客経営講座、加藤でした

治療院集客経営無料メールセミナー

登録は無料です。配信解除はワンクリックでできます。
ホーム | コンサル料金 | メールセミナー

 

記事が参考になったと思ったらシェアしてくださると加藤がとても喜びます

LINE@ではブログやメルマガとは違った話をしています。ご興味ある先生は以下から登録してください。パソコンの先生は、クリックして現れるQRコードを読み取って登録してください。
友だち追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA