治療院の顧客流出率を下げる仕組みを作る

治療院集客3つの必須セミナー

多くの商売で、顧客の流出率を調べた場合
ある一定回数購入した顧客というのは
流出率が低くなる傾向にあるそうです

これを治療院で考えてみます

例えば、あなたの整体院に100人の新規患者さんが来ました

1回で終わらずに2回目も来院してくれた患者さんが
50人だったとします

ということは流出率が50%で顧客として残っているのは50人

3回目、4回目、5回目も同じく50%だったとすれば
残っている患者数は以下のとおりになります

2回目 → 50人
3回目 → 25人
4回目 → 12人
5回目 → 6人

といった感じですね

 

ここで冒頭の考え方、つまり、一定数を超えれば、流出率が低くなる
という考え方を採用して、6回目から20%にしています

すると以下のようになります

6回目 → 5人
7回目 → 4人
8回目 → 3人
9回目 → 3人

治療院で取ったデータを僕は持っていないので、ここからは憶測にはなります
そこを前提にお聞きください

 

治療院でも、ある一定数リピートしてくれた患者さんは
流出率が下がるというのであれば、逆算でかんがえると、

あるところまで頑張って通ってもらえるようにすれば
かなり売り上げアップが見込めるということ

例えば、7回通院した患者さんは
以降、かなり流出率が低くなる

そういう傾向にあなたの治療院があるならば
まずやるべきことはいかに7回目までしっかり通ってもらう
仕組みを作るかということ

3回で改善しているのに嘘ついて7回来させろと
言っているわけではないですからね

そのへんは臨機応変に考えてください

 

実際に7回通院してもらるような仕組みができたとして、
当初予定した、低い流出率を達成できるかどうか
これはわかりません。そううまくはいかない

でも、こんなふうに仮説を立て
それを組み立てるように実践すると

なぜ7回続いた人は流出率が低くてそれ以前は高くなるのか?
この本質的な部分が見えてきたりします

それが感じられれば、じゃあどうすればいいのか
といった案も出てくる可能性が高いのです

僕の言いたいことは伝わっているでしょうか(~ ~;)

今日の記事はかなりわかりにくいと思います

「わかりやすい」を意識してメルマガ運営していますので
今日のものはそこから外れてしまうんですが
たまにはいいかなと思った次第であります

感覚的になんとなーく感じてもらえれば幸いです

 

5月12日に開催するセミナーは
今日、お話した、仕組みを作るという意味で
ひとつのヒントになりうるセミナーです

こちらから → http://therapistsupport.com/sem/

 

治療院集客経営講座、加藤でした

治療院集客経営無料メールセミナー

登録は無料です。配信解除はワンクリックでできます。
ホーム | コンサル料金 | メールセミナー

 

記事が参考になったと思ったらシェアしてくださると加藤がとても喜びます

LINE@ではブログやメルマガとは違った話をしています。ご興味ある先生は以下から登録してください。パソコンの先生は、クリックして現れるQRコードを読み取って登録してください。
友だち追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA