治療院の集客経営は比べられるな

治療院の集客経営は比べられるな

治療院の集客経営を考えた場合
比べられない状態というのが理想です

比べられた時点で競争にさらされる
だったら比べらなきゃええやん。ってわけ

なんだかパンがなければケーキを食べろ
みたいな言い方に聞こえますが、気にしない

 

例えば、ディズニーランドの中に
1件しか飲食店がなかったとします

したらば、その飲食店はまず間違いなく繁盛します
だって他に選択肢がないんだもん

 

あなたの治療院でも
周りに日曜日営業しているところがなければ
日曜日に営業しているだけで
おそらく患者さんは来てくれるはず

これが比べられないってことです

日曜日はあなたの治療院行くしか選択肢がないですよね

 

と、ここまでは、簡単なほうの比べられない状態

簡単にできる分、マネされりゃ
すぐそのアドバンテージはなくなる

で、ここからは難しいほうの比べられない状態について

 

さっき例に挙げたディズニーランド

あそこにいく人の多くは
ディズニーランドに行きたいという人です。

なに当たり前のこと書いてんの?
と思われそうですが・・・

 

もうちょっと表現を変えれば
テーマパークに行きたいのではなくディズニーランドに行きたい

テーマパークに行きたいのであれば
他にも選択肢ってのはあります

別にUSJでもいいわけ

でもディズニーランドってのは
ミッキーに会いたいんだ!ってのが多い。

はい。僕の勝手な想像です

勝手な想像だけど、正解ということにします
そうしないと先に進まない

つまり比べられてない
だからずっと繁盛しつづけてるんですね

 

あなたの治療院でも
あなたの施術が受けたいんだ!
って状態になればベストですよね

もうちょっと言えば
あなたの施術を受けてる自分が好きなんていう状態

 

いいでしょ?
私、加藤整体院に通っているのよ
と人に自慢したくなる状態ですね

洒落た言い方をすれば
ブランディングってやつです

 

さも簡単に書いていますが
そこまで到達するのは難しいです

でもね、もちろん一部の患者さんでいいから
こういう状態に持っていきたいものです

この治療院のブランディングについては
正直僕は、絶対的な手法を知りません

それに、ここに書けるほど
単純でないので、ここには書きません

 

ということで、もう一度
少し前に戻って欲しいのです
簡単なほうの比べられないってところに

話がうろちょろしてすみません
一番やっちゃダメな記事の書き方ですね(~ ~;)

ま、いいや。

 

11月26日のメルマガで
年賀状とクリスマスカードについて書きました

 

患者さんに年賀状は送るべきですか?

という質問された方ですが
今度は一応名前を件名に書いて送ってくれました

でも質問内容は
相変わらずというかなんというか

「クリスマスカード送れば集客できるんですよね?」
とだけ書かれていました。

わざとでしょうか・・・

ま、この人はほっとくとして
その他の方に向けて、もう少し付け加えます

 

年賀状を送るなとも
クリスマスカードを送るなとも言いません
送りたきゃ送ればいい

それを嬉しいと思ってくれる人は
ある一定数いるのは確かですから

 

でもね、今日のテーマの比べられるという観点から見ると、
どっちもすでに比べられているのです

だって、年賀状もクリスマスカードも
どこだってやっていること

 

別にね、クリスマスって理由を
つける必要なんてないんですよ

普通に手紙を送りゃええやん。って話です

その他大勢と一緒の土俵に
わざわざ上らんでもいいわけ

 

「比べられない」
治療院の集客経営にとってこれほどラクなことはないですよ

 

治療院集客経営講座、加藤でした

治療院集客経営無料メールセミナー

登録は無料です。配信解除はワンクリックでできます。
ホーム | コンサル料金 | メールセミナー

 

記事が参考になったと思ったらシェアしてくださると加藤がとても喜びます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA