同じことをやっているのに感謝されない・・・

治療院集客経営講座の加藤です

○○ちゃんのとこは家族でハワイ旅行やって、いいなぁ
△△ちゃんのとこはこないだ九州行ってたし
あぁ~あ、どこも行ってないのうちだけやん。。。
あぁ~どっか旅行いきたいなぁ
あぁ~なんか面白いことないかなぁ

これはうちの奥さんのでっかい独り言
まぁ、我が家ではよく見る光景

もちろんこれを直訳すると
旅行に連れていかんかい!ってことです、もちろん

 

でね、こうなってからしぶしぶ旅行に連れていくと
「催促したから旅行にいった」
という構図が奥さんの中で出来上がってしまうのです

つまりあんまり感謝されない

 

これがね、奥さんがぐちぐち言う前に
「今度旅行でも行くか?」なんて提案を僕がしていれば
同じ旅行に行くっていう行為なのに、感謝される

 

連れていって当然
OR
連れていってくれてありがとう

結局同じことするんだから、
後者になるようしたほうが得策ですよね

 

あなたの整体院、鍼灸院でもこのへんを考えて欲しいのです。
予想外のなにかをするということを

お客さんはそれぞれ、自分なりのラインを持っています。
治療院ならこんなことを、これぐらいしてくれるだろうなっていうライン

で、そのラインを超えたなにかを提供してもらえたとき
「あ、この治療院ええやん」ってなる

口コミもしてもらいやすい

 

ちょっとしたことでいいんです。
整体や鍼灸の施術そのものでもいいし、それ以外の部分でもいい
意味なく過剰なサービスをしろという意味ではないですよ

 

例えば、お誕生日の方に「おめでとうございます」
のひとことでもいいわけです

こんなもんカルテ見りゃ一発でわかるし
労力なんてほとんどかからない

それなのに、そんなひとことで
ぐっとその人との距離が縮まったりすることもある

そんな小さなことでも、数が増えていけば
それなりに人間関係って良好になると思うんです

 

誰に施術してほしいかという、人と人のつながりって、
何百万もかけて習得した施術技術より役にたったりしますよ

治療院集客サポート塾、加藤でした

治療院集客経営無料メールセミナー

記事が参考になったと思ったらシェアしてくださると加藤がとても喜びます

LINE@ではブログやメルマガとは違った話をしています。ご興味ある先生は以下から登録してください。パソコンの先生は、クリックして現れるQRコードを読み取って登録してください。
友だち追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA