ホームページに絶対に書くべき9つのこと・・その5・症状別

整体院やカイロプラクティック院、整骨院なそ治療院では
ホームページに普段対応している症状や悩み別のページを作りましょう。

患者さんは、あなたの治療院が、
自分の悩み・欲求に応えてくれるかどうかが知りたいのです。

 

例えば、肩こりと頭痛をなんとかしたいと思っている人が
あなたの治療院のホームページを見たとします

もしあなたのホームページに「つらい肩こりの方へ」とか「肩こりからくる頭痛の方へ」なんてページがあったら、かなりの確率で見てくれます。

 

○どんな施術をするのか(施術の流れを写真付きで説明)
○その施術を受けるとどんないいことがあるのか
○目で見てわかる施術前、施術後の写真
○お客様の声の掲載

などが詳しく書いてあるのとないのとでは、
その治療院のホームページの成約率にかなり大きな差がでます。

 

整体院やカイロプラクティック院など治療系の場合は、
通院回数の目安なんかも書くべきです。
グラフなどの画像を使った説明があればなおいいです

 

あなたの対応できる症状はしっかりアピールしましょう。

書いてない=できないと判断されます。

 

この症状別のページ、整体院など治療系の方は本当に大事です。

ここ見て、私の悩みが解決できる!と判断した患者さんは、
多少遠かろうが、多少値段が高かろうが来店してくれます。

 

うちは肩こりに特化した専門整体院だから・・・
なんて治療院でも、その肩こりを細分化した症状を書くべき

○目の疲れからくる肩こり
○ストレスと肩こり
○姿勢の悪さが原因の肩こり
○内臓疾患からくる肩こり

 

肩こりひとつでもたくさんアプローチ、表現方法があるはず
ひょっとして私、このタイプの肩こりかも!

なんて思ってもらえれば、かなり成約率があがります。

 

当院ならあなたの悩みを解決できるっちゅうねん!!

それをしっかりアピールして患者さんに伝えましょう

治療院集客サポート塾・加藤でした

 

治療院集客経営無料メールセミナー

登録は無料です。配信解除はワンクリックでできます。

 
ホーム | コンサル料金 | メールセミナー 

 

記事が参考になったと思ったらシェアしてくださると加藤がとても喜びます

LINE@ではブログやメルマガとは違った話をしています。ご興味ある先生は以下から登録してください。パソコンの先生は、クリックして現れるQRコードを読み取って登録してください。
友だち追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA