治療院のブランディングを構築するには

戦時中、戦争に非協力的な言動は「非国民」といって罵られたそうな。
60年代、70年代の安保闘争、全共闘運動などに参加していた人達が相手を罵る言葉は
「ブルジョワ的」だったそうな。

僕は両方ともその時代を生きていないので、よくわかりませんが
書籍や記録にはそう書いてある。

じゃあ今の時代でそれにあたる言葉ってなんだろう?
と、考えてみると、若い世代なら「イケてない」がそれに当たるのではないでしょうか?

ま、僕の独断と偏見ですので、そこはあしからず

 

過去の「非国民」「ブルジョワ的」にしろ、現代の「イケてる」「イケてない」「ダサい」にしろ、
語彙力のなさを露呈しているようで使いたくないのですが
今日はあえて「イケてない」を使おうと思います。

 

僕にとっての「ダサい」「イケてない」治療院とは
コンセプトのない、メッセージのない、治療院のこと

その治療院で自分がなにをやりたいのかを、わかっていない状態
なーにも考えずに、治療院をだらーーーんと運営している状態です

本人がそんな状態ですから、選ぶ側の患者さんにもほとんどなにも伝わっていません。
そこにはなんの特徴もない整骨院、整体院、鍼灸院があるだけ

 

ただ、勘違いしてもらいたくないのが、
これは僕の価値観でいうところの「イケてない」治療院であって
決して儲かってない治療院ではありません。

他にもメッセージやコンセプトについて語るコンサルタントもいますが
僕の知る限り全員が、それがないと繁盛しないと説きます。

んが、それは大きな間違いです。
そんなものがなくても今のところ、十分やっていける

立地のいいところに出店して、しっかり宣伝し、リピートの仕組みを作る
そうやって粛々と進めていけば、なんなく儲けを出すことはできます。
僕基準でそれは「イケてない」とカテゴライズしているだけです。

 

僕は2015年から、日本で一番の一人治療院専門コンサルタントを名乗ろうと思っています。
名乗るのは勝手ですから、言ってしまえ!半分、実際のところ一番だと思っているのが半分

その一人治療院専門コンサルタントの僕から見て、
コンセプト、メッセージのない一人治療院に明るい未来はありません。

明るい未来とは、はたして誰基準なのか?
と問われると、あくまで僕基準なのですが、
とにかくコンセプト、メッセージなき一人治療院の未来は明るくない

 

ということで、今後の一人治療院は自分がなにがやりたいのかを明確にし
それをメッセージとして伝えていくことが大事だと考えています。

それは、大袈裟な言い方をすれば、ブランディングになります。
世間一般で言うところのブランディングとは少しイメージが違うかもしれませんが
一人治療院におけるブランディングのようなものです。

これを僕は、自分の中から引き出してきて、それをさまざまな場面で伝え続けることで
作り上げていくというやり方を推奨しています。

それによって、他にたくさん治療院はあるけれども、あなたじゃなきゃ嫌なのよ!
という状態にしてしまおうというのが、一人治療院の明るい未来の姿だと思っております。

 

ここまでは僕の言いたいことはわかっていただけましたでしょうか?

 

で、手法は違えど同じように、あなた個人をブランドにしてしまう方法があります。
それを伝えてくだるのは、僕がお世話になっている臨床心理士の北田先生です。

北田先生は臨床心理士ですから、心理学的な基礎知識を元に、
いかに自分をブランド化していくかについて理解されています。

実際、北田先生自身がそれによって、口コミだけでクライアントを増やされています。

その手法をお伝えする、セミナーを開催いたします。
詳細はこちらをご確認ください ⇒ http://therapistsupport.com/sem/kitada

 

毎度のごとく裏情報を書きますと、今回のセミナーも僕にはほぼお金が入りません。
9割が北田先生の懐に入る契約をしているからです。

加藤がいいセミナーを開催してくれた

加藤のおかげ。加藤やるやん

につながるからこうやって毎度開催するわけであります。

 

ということで、北田先生は実績もあり、本物ですので講義内容についてはご安心ください。
ただし、先にお伝えしておくと、好みは分かれます。

前回の北田先生のセミナーではこんな声をいただきました。

・私のハートにダイレクトに突き刺ささってきます。とても素晴らしい内容でした
・本当に目からうろこの内容で大変満足しています。
・私の宝物みたいになっています。お客様に会うのが楽しみになりました。
・このおっさん凄い!自分のマインドがこんなに楽に変われたことに驚きを感じました

 

が、その反面、ある先生から、こんなことも言われました。

独特の世界観でよくわからない。
どう実践すればいいのかわからない。

これは、個人的に付き合いのある治療家に、完全プライベートな場面で聞きました。
だからほぼ本音です。セミナー後の感想には勉強なりました!とか書いていた先生なので

ひとりこういった先生がいるということは、何人もいるはずですわな
当たり前といえば、当たり前のなのですが、北田先生とて万能ではないので、
その世界観に共感できない人がいて当然です。

 

で、まぁ、僕もそうなんですが、セミナーなどに参加する前は迷います
自分に合っているのかどうか。思っていたのと違ったら嫌だなぁ。って

あなたもたぶん同じはずです。
貴重なお金と時間を使って参加するわけですから。

でもね、迷ったらGOしてくださいな。
それぐらいのリスクだったら取らずしてどないすんねんって話です。

今回の記事でお伝えしているブランディング。
簡単に書いてはいますが、そんな簡単ではありません。
めちゃくちゃむずかしいです。普通はそうそうできません。

なんだってそうだと思うんですね。
人よりなにか抜きん出ようと思えば、それなりのチャレンジやリスクは必要。
それほどのリスクも取れない人に、それだけ大きいリターンなんてきません。

 

参加すれば、明日から自動的に患者さんに支持される治療家になれる!
そう思っている人は参加しないでください。そんな都合いいものではないですから。

よーく考えてください。ものの価値というものを。

受付スタッフでも圧倒的な効果が出せる手技!
たった3分触るだけでほとんどの腰痛が改善する。誰でもできる方法

そういうものがあったとして、それに何の価値があるのかと
そんなものに価値はないんです。少なくとも資本主義の世界では

簡単に手に入らないから価値があるんです。
本当にそんなものがあればあっという間にみんなやりだすから、価値なんてありません

どこの治療院に行っても、昨日入ったバイトでも簡単にできてしまう施術
そんなもの価値がありますか?あるわけないっちゅうねん。アホか

 

ゴメンなさい。話が脇道にそれました。
参加すればそれでOKですよってセミナーではないということが言いたかったのです(^-^;)

参加して、結局は自分で行動しないとダメです。
その行動を前提に参加しないとセミナーなんてどれも意味ないです。

だから行動を前提に参加してください。
そうすれば、飛躍できる可能性はかなり高まります。

僕自身、北田先生にお会いして以来、売り上げも精神的な面でも成長できています。

 

っちゅうことで、自分に必要だと思った先生は参加してくださいな。

人間力を高める本物のブランディング構築で
口コミだけで予約が埋まる治療院を作るセミナー
http://therapistsupport.com/sem/kitada

 

加藤でした

記事が参考になったと思ったらシェアしてくださると加藤がとても喜びます

LINE@ではブログやメルマガとは違った話をしています。ご興味ある先生は以下から登録してください。パソコンの先生は、クリックして現れるQRコードを読み取って登録してください。
友だち追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA