治療院に口コミだけで集客するには

昨日に引き続き、治療院ブランディングセミナーの事前インタビューです。
今回は実際に口コミだけで自身のクライアントを集客している、北田先生のメソッドについて

これまでのインタビューは

【第1回】治療院ブランディング構築セミナーには誰が参加すべきか
【第2回】3日間で300万売り上げたサロン経営者

 

 

北田先生はネット集客をほとんどしていません
してないというか、苦手なのでできないといったほうが正しいかもしれません
でも十分な集客ができています。

じゃあなんでそんなことができるのか?

北田先生が今回のインタビューでそのひとつとしてあげているのが、自己開示
自己開示することによって、安心できる環境を作るということ

これについては去年のセミナーでもお話いただいたので
今回のセミナーの事前学習として特典にもしているDVDで復習できます。

今回のセミナーはそれに加え、キラーフレーズについて話していただきます。
これは自分のものをセミナー中に作ってもらうとのこと。
そしてそれをセミナー後に自分で育てていってもうらことが大切だそうです。

 

北田先生は、フラットな関係が大事だとおっしゃっています。
上下ではなく水平思考の人間関係を作るということ。
そうすることで、患者さんが受身ではなく治療に自ら参加してくれるようになるそうです。

そして共感や関係性が高まる。「高める」のではなく、「高まる」

インタビュー中は僕(加藤)が勝手に訳しましたが、
口コミはあくまでオマケという位置づけになります。

で、結果的に無理して集める必要がなくなるということ

 

ドラッガーが、
「マーケティングをちゃんとやりゃ、セールスなんて必要ないっちゅうねん!」
と言っているのと似ていますね。

インタビューは明日の4回目で最後です。
総括として僕の考えも書くつもりですが、簡単なことではありません。

今回のインタビューだけ聴けば、参加すればあっちゅう間に口コミ患者でいっぱいになるんじゃないかと錯覚する人もいるかもしれませんが、そんな甘いもんじゃありません。

そのあたりの僕の考えは明日の4回目のインタビューのあとに書きます。
明日のインタビューも是非聴いてくださいね

 

今すぐセミナーに申し込むって方はこちらから
⇒ http://therapistsupport.com/sem/kitada

 

 

記事が参考になったと思ったらシェアしてくださると加藤がとても喜びます

LINE@ではブログやメルマガとは違った話をしています。ご興味ある先生は以下から登録してください。パソコンの先生は、クリックして現れるQRコードを読み取って登録してください。
友だち追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA