治療院で売っているもの

とある電器工場で、電球を磨くだけの仕事をしている人がいたそうです。
毎日毎日、電球を磨くだけ。めっちゃ退屈な仕事です。

その人を見て、ある人がこう言ったそうな。
「君、ええ仕事してるなぁ」と。

言われた本人からすれば「は?」なわけです。
だってそんな仕事、誰だってできるし、全然格好良くもない。
でも、そのある人は、なぜかそれをええ仕事と言う。

そしてその理由をその人に語った。

 

君の磨く電球で町が明るくなるやろ。
そしたら、いつも夜遅くに怖い思いして帰っていた女の人が安心して歩けるようになる。

いつもお母ちゃんが帰ってくるのが遅くて、本を読んでもらいたくても読んでもらわれへんかった子供も、電球の明かりで読んでもらえるようになる。

勉強したくても夜になったら暗くて勉強できひん子もおるやろ?
そんな子でも君の磨く電球のおかげで勉強できるようになるんや。

あんたの磨いてるのは電球やない。子供の夢を磨いてるんや
もの作りは、もの作ったらあかん。その先にある笑顔を作るんや。

 

けっこう有名なエピソードなので、知っている人もいるでしょう。
このある人とは、松下幸之助です。

これってどんな商売でもそうですよね。
もちろん整体院や鍼灸院など治療院だって同じ。

技術を売ってんじゃないんですよ。
その先にあるその人の笑顔や幸せを売ってるんです。

だって治療技術なんぞ買いたいとは誰も思わない。
食ったって美味くないし、それ自身はたいしてありがたいものではない。
それを受けることによって、人はなにかを得たいわけです。

 

これは僕も同じです。

僕が売っているのは、治療院の集客経営のノウハウやハウツー
できればノウハウを伝えたいけど、ハウツーも多い

でもどっちにしても、そのノウハウそのものを売っているつもりはない。
それらを売ることによって、治療家の幸せを売っております。

 

あなたの治療院ではなにを売っていますか?

 

治療院集客経営講座、加藤でした

治療院集客経営無料メールセミナー

登録は無料です。配信解除はワンクリックでできます。
ホーム | コンサル料金 | メールセミナー

 

記事が参考になったと思ったらシェアしてくださると加藤がとても喜びます

LINE@ではブログやメルマガとは違った話をしています。ご興味ある先生は以下から登録してください。パソコンの先生は、クリックして現れるQRコードを読み取って登録してください。
友だち追加

2 件のコメント

  • 野島 より:

    幸せかぁ。

    私がコンサルなら『気付き』を売りたいかなぁ。

    私は治療家で、売っているのは私自身かな。

    どんな人で在るか?が大事。

    売るって感覚がないのですが、売るって視点で見ると商人色が強くなりすぎて自分ではないみたい。

    治療家は自己満足が好きな人種が多いね、やっぱり。

    • 治療院専門集客経営コンサルティング・セラピストサポート より:

      野島様
      コメントありがとうございます(*’▽’)
      おっしゃるとおり、どんな人であるかは大事ですよね。
      そこがしっかりできればできるほど、人に影響を与えられるのかもしれませんね

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    CAPTCHA