治療院で使うコミュニケーションの心理学テクニック

心理学的なテクニックを教えてください
そういった要望、質問って本当に多いです

整体院・整骨院など治療院は、
患者さんと直接コミュニケーションを取る必要がある業種です。

なので、その気持ちはわかるっちゃあわかります
でも、僕は人に指導できるほど知識を持ち合わせてないんですよね(~ ~;)

 

僕も過去に、小手先の心理学テクニックについての記事を
いけしゃあしゃあと書いたこともありますよ。

僕のような治療院・サロン向けのメルマガやブログでも
よくそういった小手先のテクニックってのは紹介されています

例えばよくあるのが、

オウム返しする
相手のしぐさをマネする
正面ではなく右斜めから話掛ける
「はい」をたくさん引き出す

他にもたぶんたくさんあります

 

これらを否定するつもりはありません
僕自身、そういった記事も書いているわけですし
(なかには、ちょっとそれは無責任な記事だななんてもありますが・・・)

でも僕はこういったテクニックってのは
そこだけ覚えて使っても意味ないんじゃないかなと思っています

コミュニケーションって正解がないです
だから難しいわけで、だから僕自身苦手なわけで

そんな僕からすると、もうちょっと本質的な部分を知って
あとは自分で組み立てないと、うまくいかないんじゃないかと思うのです

 

ということで、僕に心理学テクニックについて聞かれてもわかりません
代わりにこれをおすすめしています
[icon image=”arrow4m-r-b”] 整骨院・整体院・鍼灸院など治療院のコミュニケーションセミナーDVD

 

★DVDを観た方の感想

  • このDVDで得たことは私の宝物です。お客様に会うのが楽しみになりました。
  • 言いたいことが伝わって、そのことでリピート率も上がっています
  • コミュニケーション能力の高い低いに関係なく取り組める内容でした
  • この行動にこういう意味があると的確に教えていただきました
  • 自分のマインドがこんなに楽に変われたことに驚きを感じました。
  • 知ると知らないでは、治療家人生に大きな影響が生まれると思います

整骨院・整体院・鍼灸院など治療院のコミュニケーションセミナーDVD

 

 

 

 

 

 

 

 

 

記事が参考になったと思ったらシェアしてくださると加藤がとても喜びます

LINE@ではブログやメルマガとは違った話をしています。ご興味ある先生は以下から登録してください。パソコンの先生は、クリックして現れるQRコードを読み取って登録してください。
友だち追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA