治療家として知らないとエライことになりますよ

治療家セミナーDVD

先日大阪で開催した夘野先生の
セミナーDVDの販売を開始します
http://therapistsupport.com/bosyu/uno

 

このセミナーDVDは集客セミナーでもなければ、
技術習得セミナーでもありません。

そんなものより前に、人の体を触るんであれば、
最低限知っておくべきことについてお伝えしています。

 

もうちょっと砕けた言い方をすると
もし知らないで、そういう人が来たら
どう対処すんの?って話です

そういう人っていうのは
すぐに救急搬送したほうがいいじゃないの?って人です

 

内容としてはこんな感じです

・しびれを訴える患者さんでまず心配される症状はなにか
・これは危険!危険なしびれの見分け方とは
・しびれ以外に脳に重大な症状が疑われる症状とは
・問題のないしびれの特徴とは
・高齢者のしびれは要注意 or 心配なし
・患者さんの口からこんなセリフが出ればまず大丈夫。そのセリフとは
・患者さんの口からこんなセリフが出れば危険な状態。そのセリフとは
・偏頭痛は○○○○の人は○○では起こらない
・初めて頭痛がしました。という人があることにあてはまると危険
・脳梗塞など重大な脳の症状を見逃してしまう理由とは
・重大な頭痛を見分けるもっとも大事で簡単なポイントとは
・くも膜下出血を起こしている患者さんの40%が訴える症状とは
・くも膜下出血などを見分けるための効果的な質問とは
・くも膜下出血は急いで脳外科に送らなければならない理由とは
・若者、壮年者のこんな状態は危険な症状を疑う。その状態とは
・高齢者の頭痛で多い3つの重大な症状とは
・この時間帯の頭痛は要注意。その理由とは
・脳出血を見分ける特徴。絶対に覚えておくべきキーワードとは
・脳腫瘍を見分ける2つのポイントとは
・風邪と間違いやすい髄膜炎を見分け方
・肩そのものが原因でない肩の痛みの見分け方
・症状の鑑別に必要な夜間痛の定義とは
・心筋梗塞=左肩の痛みではない。では心筋梗塞の痛みの出方は
・心筋梗塞の患者さんが最初に訴える症状とは
・肩を動かせる状態で○○の痛み+○○ この二つがあれば心筋梗塞の可能性大
・高齢者の心筋梗塞を見分けるポイントとは
・男女で異なる心筋梗塞を見分けるポイント。その男女差とは
・危険な腰痛を見分ける5つのキーワードとは
・長引く腰痛で、50歳以上と20歳未満の患者さんに疑うべき症状とは
・危険な症状が隠れている腹痛とは

 

必要だと思う先生は買ってください
こちらから → http://therapistsupport.com/bosyu/uno

 

記事が参考になったと思ったらシェアしてくださると加藤がとても喜びます

LINE@ではブログやメルマガとは違った話をしています。ご興味ある先生は以下から登録してください。パソコンの先生は、クリックして現れるQRコードを読み取って登録してください。
友だち追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA