整骨院の自由診療のリピート率が悪い理由

整骨院の自由診療を増やすための連載。
今日はリピートに関することです。

これまでにお伝えしたことと重複する部分がありますが
ここはとても大事なことです

自由診療になったとたんリピートをすすめられなくなる
リピートしてくれなくなる
そういった整骨院の先生は是非チェックしてください

 

自由診療のリピート率が悪い理由

まずは動画をご覧ください

 

 

整骨院の自費治療のリピート率が悪い
これにはたくさんの理由があります

もちろんすべてのことを丁寧にやっていくこと
これが理想的なことではあります

でも、とりあえずもっとも大事なこととして、動画でもお伝えしているように

  • 考え方。お金に対するブロック
  • 問診、説明

この二つがあげられます
これはこれまでにお伝えしてきたことと同じですね

どうすれば自費の治療を受けてもらえるのかと
どうすればリピートしてくれるのか
この二つはほぼ同じです

少し見方を変えれば、

たまたま自費治療を受けてくれた患者さんは
このプロセスに則っていないので、リピート率が悪いともいえます

 

患者さんの知りたいことに答えられているか?

患者さんは人間です
人間だから、施術さえしていればよい。というわけではありません

自分の体のことを知りたいし
施術に関することだって知りたい
あなたのことだって知りたい

この患者さんの知りたいを、ちゃんと説明しないと納得しないんです

 

僕はこのメールセミナーの中で、何度も問診という単語を使っています
でも実は、僕の言う問診はすべて説明です

問診とは本来、診断などを含めた医療面談です
ここに関しては僕はド素人で、まったくわかっていません
なので、めちゃくちゃ大事なんですが、問診についてなかなか書けないのです

だから僕が書いているのは説明です

 

ちょっとなに書いているかわからん。。。
そう感じた先生もいると思いますがこれ以上うまく書けません。すみません

伝わらなければ、ここはすっとばしてください

とにかく大事なことは、人は機械ではない。
だから説明が必要だということ

で、その説明が僕の知る限り、ほとんどの整骨院でできていない

 

  • 体の状態を主訴以外も理解できていますか?
  • 過去の病歴などもしっかりヒアリングできていますか?
  • この先生はわかってくれている。と思われていますか?
  • 患者さんが知りたいことはなにか、わかっていますか?
  • 患者さんの本当のゴールを共有できていますか?
  • どんな施術をなぜ行うのか、患者さんが理解していますか?
  • あなたは誰でなにを考えているか、理解してもらえていますか?

すべてがイエスならば、おそらく問題ありません

でもいくつも自信のない項目があれば、きっとあなたの説明は不足しています

すなわちリピート率に影響が出ている状態
患者さんの満足度が下がっている状態

 

納得してもらていますか?

患者さんはほとんどの場合、大人です

大の大人が納得しないことにお金を払い続けてくれますか?
たぶん、多くの場合無理でしょう
だからちゃんと説明して納得してもらう必要があるのです

あなたは患者さんに納得してもらっていますか?
納得のいく説明ができていますか?

患者さんは人間です
けっして機械相手に施術しているのではありません

そのことだけはよーく頭に入れておいてくださいね

[icon image=”finger1-r”]説明に自信がない先生はこちらをおすすめします

 

治療院集客経営講座、加藤でした

治療院集客経営無料メールセミナー

登録は無料です。配信解除はワンクリックでできます。
ホーム | コンサル料金 | メールセミナー

 

記事が参考になったと思ったらシェアしてくださると加藤がとても喜びます

LINE@ではブログやメルマガとは違った話をしています。ご興味ある先生は以下から登録してください。パソコンの先生は、クリックして現れるQRコードを読み取って登録してください。
友だち追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA