整骨院の問診表サンプル

整骨院の問診表サンプル無料ダウンロード
http://therapistsupport.com/l/seikotumonshin

今回の記事は、整骨院で自費診療を増やすには、問診表を活用して、問診レベルをあげましょうという内容です。上記のURLから無料の雛形も受け取ることができますので、合わせてご活用ください。

 

職業柄、整骨院には数多く行っていますが、問診をしっかりしたレベルまでできている接骨院は少ないです。保険が使えない、自費治療の整体院やカイロプラクティック院などと比べると、かなりお粗末なところが多いのが実情です。

こういう書き方すると、たいてい苦情がくるんだけど、多くの整骨院においてはそれがあてはまります。

理由はいくつかあって、ひとつは時間がかかるから。つまり保険を使って安い単価で数多くの患者さんをこなしたい。そんな意図があるからですね。意図というよりも、単価が安いのでそうしないと回らないと言ったほうがいいかもしれませんが。

 

また、整骨院に来る患者さんがそれを求めていない。というのもあります。つまり、ちんたら問診なんてしなくていいから、早くマッサージしてよ。問診票なんてなんで書かないとダメなの?ってな感じの患者さんが来ているんですね。

もちろんそうじゃない整骨院もありますよ。傾向としてそういうところが多いという意味です。

現状、それでうまくいっている。だからそれを変えるつもりはない。あなたがそういった整骨院の先生であれば、そのままで頑張ってください。

でも、今後は保険頼りの接骨院経営では不安だ。いまのうちになんとか自費治療についても考えていきたい。そう思うのであれば、是非この先も読んでください。

 

整骨院の自費治療には質の高い問診が必要

整骨院で保険治療より割高な自費治療を受けてもらうには、ただ単にその自費治療をすすめただけではダメです。ほとんどの柔整師がやってしまいがちな失敗はここにあります。

多くの先生は、保険治療と同じやり方で、実費を売ろうとします。そりゃ簡単には売れませんわな。最悪なのが、問診表に「自費治療を希望する」なんて項目を作ってしまうこと。んなもんにチェックするヤツがおるかっちゅうねん。

 

患者さんの金銭的負担が大きくなる実費治療は、保険治療と同じように売っていてもなかなか受けてくれません。じゃあどうするのかというと、それが問診なんですね。

先にことわっておくと、問診をしっかり行ったからといって、全員が割高な実費治療を受けてくれるわけではありません。

その院の患者層や、どんな実費メニューにするかによりますが、20分ていどの施術を5,000円ぐらいで売り出したとして、そのコースを受けてくれるなんてそこまで多くありません。たぶん1~3割

なぜなら、もともと整骨院に来られる患者さんは、「安いから」という理由の方が多い傾向にあります。そういった方にいくら質の高い問診をしたところで、受けてくれる人は少ないと思ってください。

実費を伸ばしたければ、最初から「高くてもいい」という人を集客する必要があります。ここは今回の記事の趣旨からは外れるので詳しく書きませんが、大切なことなので頭の片隅には入れておいてください。

 

それでも、しっかりした問診を行えば割合は多くないとはいえ、実費を受けてくれるようになります。

また、上に書いたように、新規集客の時点で、「高くてもいい」という患者さんを集客できたとしても、問診がお粗末ならば、リピート率はかなり低いものになってしまいます。

つまりいずれにしても、実費治療を今後伸ばしていきたいならば、これまでの保険治療と同じ感覚で問診していてはダメということですね。

 

なぜ自費治療には問診が必要なのか?

では、なぜ自費を受けてもらうには問診が必要なのか?
治療院であれば、どんな保険であろうと実費であろうと問診は必要です。当たり前っちゃあ、当たり前。

でも冒頭で述べたように、僕が見る限り、整骨院はそれができていません。いつ、どこで、何をしていて、どこを、どう傷めた。そこばっかり血眼になって聞いてくるんですね。

確かにそれも問診ですが、ただ単にそれはレセプトに必要な情報です。施術者側に必要な、保険請求に必要な情報ってだけなんです。

患者さんからすれば、もちろんそれも大事なんだけど、それだけじゃあないんですね。部位数なんてそもそも関係ないし、いためた原因を特定させたがる意味も理解できません。そして、本当に大事なのは、傷めた原因なんかではなく、痛みが治った先にあるものだったりするのです。

 

問診においてそこがしっかりヒアリングできていなければ、患者さんはあなたから割高な実費を買ってくれません。
買う理由、もしくは買う魅力がないからです。

でも、問診において患者さんが、全て伝えたいことを言った。この先生はすべてを受け止めてくれた。という状態に、感情に、もっていくことができれば、そのとき提案された実費治療は買ってくれる確率が上がるのです。

自分のことをなんにも知らない。知ろうともしていない。そんな整骨院の先生から、これいいですよと、高い商品をすすめられた。

自分のことを全て知ってくれた。聞いてくれた。そんな整骨院の先生から、これあなたにぴったりですよと、高い商品をすすめられた。

どっちを買うのかって話です。

 

一定レベルの問診を行うには問診表を活用する

問診が大事なことはわかった。ではその質の高い問診とやらを行うにはどうすればいいのか?これについては、それだけでセミナーができるぐらいの量があります。ですので、ここで書ききれることではありません。

たくさんある中のひとつの方法として、ここおすすめするのは、問診表の活用です。問診表を活用することのメリットは以下のとおりです。

・問診時間を短縮することができる
・問診スキルが低くても、一定レベルの問診ができる

この2点です。

問診表を書いてもらっている時間は、施術者であるあなたの手はかかりません。つまり問診と違ってその間はコストはかからないということ。そして問診表で多くの情報が得られていれば、問診をスムーズに進めていくことができるので時間の短縮につながります。

また、問診のひとつのポイントとして、患者さんの体の状態を全て聞くということがあげられます。ただし、これにはある程度の問診スキルが必要になってきます。そのために、それをいかに問診表で拾うかが大切になってくるのです。

先に問診表でそうった情報を拾っておけば、実際の問診の場面で聞き漏らす可能性が低くなります。また、問診の流れも作りやすくなるのです。

結果、問診の質が向上し、それが実費の売り上げにもつながります。

整骨院の問診表サンプル無料ダウンロードはこちらから
http://therapistsupport.com/l/seikotumonshin

 

理想の問診には問診表はいらない

でも実は、本当に質の高い、理想の問診を行おうとすれば、詳しい問診表の存在はマイナスに働くこともあります。その理由は問診表がクローズドクエスチョンだからです。

クローズドクエスチョンというのは、「はい」「いいえ」で答えることのできる質問のこと。理想の問診を行うには、オープンクエスチョンであるべきだからです。オープンクエスチョンというのは、「はい」「いいえ」の二者択一ではなく、自分の言葉で答える質問です。

問診表をオープンクエスチョンにすればいいのでは?と思うかもしれません。でも問診表をオープンクエスチョンにしてしまうと、しっかりと書いてくれない場合が多くのなるのです。

どう書けばいいかわからい。書くのが面倒くさい。だから空白にしよう。ってなるんですね。

空白ならまだしも、書くのが面倒くさいので、嘘を書いてしまう人もいます。そうなった場合、問診表としての意味がまったくなくなってしまうのです。だから問診表に関しては、クローズドクエスチョンのほうが機能しやすいんですね。

 

じゃあ、問診表はクローズドで、問診をオープンにすれば?と思うかもしれません。それが、今回の記事でおすすめしているやり方になります。

でも、これも利点はありますが、それでも弊害はあるんです。というのは、問診表のクローズドクエスチョンが、問診にまで影響を及ぼす可能性があるからです。

なので、本当に理想的な問診を行うには、問診表では詳しい内容は触れずに、問診においてすべて聞き出すことです。ここを是非、頭に入れた上で、今回の問診表の話は消化してください。

ただ、先にも書いたように、問診スキルがない先生は、いきなりそこを目指してもなかなかうまくいきません。そしてなにより整骨院においてはそこまでの時間が取れないという現状もあります。

ということで今回のような問診表の活用をおすすめしています。
動画でも問診票について説明しています

 

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
整骨院の問診表サンプル無料ダウンロード
http://therapistsupport.com/l/seikotumonshin
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

記事が参考になったと思ったらシェアしてくださると加藤がとても喜びます

LINE@ではブログやメルマガとは違った話をしています。ご興味ある先生は以下から登録してください。パソコンの先生は、クリックして現れるQRコードを読み取って登録してください。
友だち追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA