整骨院のチラシで集客する

治療院のチラシサンプルダウンロード

 

治療院集客経営講座の加藤です。
今日は整骨院のチラシについて書きます。

整骨院でもチラシは作成するべきです
理由はもちろん、作れば効果が見込めるから

 

ただ、整骨院/接骨院がチラシを作成するうえで
問題となるのが、広告の制限

柔道整復師、鍼灸師、マッサージ師
の先生ならば忌々しくて仕方がないですよね

 

たとえば柔道整復師法には
広告の制限としてこう書かれています

 

(広告の制限)

第二十四条  柔道整復の業務又は施術所に関しては、何人も、文書その他いかなる方法によるを問わず、次に掲げる事項を除くほか、広告をしてはならない。

一  柔道整復師である旨並びにその氏名及び住所
二  施術所の名称、電話番号及び所在の場所を表示する事項
三  施術日又は施術時間
四  その他厚生労働大臣が指定する事項

2  前項第一号及び第二号に掲げる事項について広告をする場合においても、その内容は、柔道整復師の技能、施術方法又は経歴に関する事項にわたつてはならない。

 

と、まぁ、こんな感じです。
4番のその他厚生労働大臣が指定する事項は

 

一 ほねつぎ(又は接骨)
二 医療保険療養費支給申請ができる旨
三 予約に基づく施術の実施
四 休日又は夜間における施術の実施
五 出張による施術の実施
六 駐車設備に関する事項

 

それでも整骨院のチラシはつくるべき

この法律をきっちり守ってたら正直まともなチラシなんぞ作れません
「まともな」というのは成約率の高いチラシという意味です。

つまり、法律を遵守したチラシなんぞ作っても
それではあなたの整骨院にまともに集客できないという意味

だから法律を破れともチラシを作るなとも
言うつもりはありません

冒頭に書いたようにそれでも整骨院はチラシを作るべきです

ただ、それを新聞折込みしてもたぶん費用対効果は見込めません。
開業時ならまだしも、恒常的に折込みしても、集客はむずかしい。
特に都会ではやめたほうがいいです

 

じゃあ、整骨院はチラシなんていらないやん
そう思いますよね

多くの整骨院の先生は、そう思うからチラシを作っていません
でもチラシは作ってください ← 本日3回目

 

整骨院がチラシをつくるべき2つの理由

理由は二つ

・広告制限に則ったチラシでもないよりまし
・広告でなければそれでいい

 

ひとつめは、
成約率が悪かろうがとにかく作って、
整骨院前に設置しろという意味です

 

整骨院の前を通った、見込み患者さんが
「あ、この整骨院、なんかよさそう」そう思ったとします

この見込み患者さんが次にとる行動は

1.そのまま来院
2.あとからネットで検索
3.また今度来ようかな

だいたいこの3つ
そのまま来院は、かなり少ない。たいていは2番か3番

でね、ここで問題なのは、人は超超超忘れっぽいということ

代表的な凡人である僕の例でいうと3歩歩けばもう忘れている
整骨院?なにそれおししいの?ってなぐらいなんです

 

「あ、この整骨院、なんかよさそう」
ここまでは成功なんですが
この次につなげることができていないんですね

ここで、チラシが設置してあれば
何割かはそれを取ってくれるでしょう

たとえそのチラシが広告制限を守った
味気ないチラシでもあったとしても

そのチラシはその人のカバンの中に
存在しているというだけで意味があるのです

 

チラシをみれば、3歩で忘れる僕でも思い出せます

家に帰ってから検索するにしても
あれ?あの整骨院の名前なんだっけ?って、多くの人はなるんです

その場合、地域名 整骨院で検索しちゃう
そうすると、ほかにたくさん魅力的な整骨院やら整体院やらが
出てきて、あなたの整骨院は埋もれてしまう

 

でもチラシが手元にあれば
整骨院名で検索してくれる確率が高いので
他に目移りする確率が低くなるのです

忘れさせないため余計な目移りを極力さけるため
このためには、広告制限を守ったチラシでも
設置する意味があるんですね

 

広告でない整骨院のチラシを作ればいい

では二つめの「広告でなければいい」について

ようは、広告でなければそれでいいんですよ

広告の定義のひとつのキーワードとして不特定多数というものがあります
不特定多数の人の目につく整骨院前にチラシを設置すれば、それは広告です

でも、既存の患者さんに手渡ししたチラシ
それは広告ではなく、お知らせです

 

不特定多数の人の目につかない院内に設置してあって
それを欲しいという人にあげるなら
それは広告でもなんでもないわけ

となると、当然、広告の制限なんて受けない

たまに整骨院の中に入ってきて質問する方っていませんか?
そんな人に、手渡す詳しいチラシ
がなければ逃してしまうことになりかねません

 

————————————————

法律によって院外には値段や施術方法など詳しい内容を提示できません。
より詳しい内容の案内は院内に用意しております

院内に入り「チラシをください」
とおっしゃっていただければお渡しします

もちろん無料ですので、お気軽にお申しつけください

———————————————–

 

なんて書いておけば、院内にまで
取りに来てくれる人もいるかもしれません

また、院内に設置しておけば
既存の患者さんが勝手に何枚も持って帰って宣伝してくれたりもします

紹介カードとセットにしておいてもいいし

近隣店舗の方にお願いして
紹介するときのツールに使ってもらってもいい

使い道ってけっこうあるんです

 

確かにまどろっこしいことやってる分とりこぼしは大きくなりますよ。
でも作ってなけりゃ1ミリもチラシでの集客はできません。

整骨院のチラシは広告制限があって成約率の高いものは作れない。
でも作らにゃそもそも1人も来ない

だからとりあえず作って活用しなはれ。というのが僕の考えです
そう思う先生は、是非実践を

 

治療院集客経営講座、加藤でした

治療院のチラシサンプルダウンロード

登録は無料です。配信解除はワンクリックでできます。
ホーム | コンサル料金 | メールセミナー

 

記事が参考になったと思ったらシェアしてくださると加藤がとても喜びます

LINE@ではブログやメルマガとは違った話をしています。ご興味ある先生は以下から登録してください。パソコンの先生は、クリックして現れるQRコードを読み取って登録してください。
友だち追加

4 件のコメント

  • 匿名 より:

    折り込みのようにポスティングされるものはNG(広告制限あり)で、設置してあるところから持って行くのは
    OK(広告制限なし)と聞いたことがあります。

    フリーペーパーも折り込み、ポスティングタイプはNG、飲食店やスーパー等に設置してあるタイプのフリーペーパーはOKだと判断してますがいかがでしょうか?

    ホームページはカタログのようなものと判断されるのでOKだと考えてます。

    • 治療院専門集客経営コンサルティング・セラピストサポート より:

      匿名様

      コメントありがとうございます。

      広告についての判断の基準は法律ですが、
      判断をするのは、基本的には管轄の保健所になります。

      そして保健所によって判断が違うというのが、今の現状です。

      僕は数十箇所の保健所に問い合わせた経験がありますが、
      設置してある場所が、不特定多数の目につくところであれば、広告の制限対象になる。
      というのがほとんどの保健所の判断です。

      ポスティングなども、インターホンを鳴らせば不特定多数ではなく、個別訪問になるのでOKだと言う人もいますが、僕が今までに問い合わせた保健所では、全てのところでこれも規制の対象だと判断されています。

      ホームページに関しては、今のところ、自分で検索しているという理由で、広告制限の対象ではありません。

      ただし、PPC広告などに関しては広告制限の対象になるそうです。

      最初にも書きましたが、最終的には管轄の保健所に一任されているので、もし、匿名様がわからない点があれば、管轄の保健所に問い合わせてください。

  • 品川 ヒロエ より:

    開業する時 新聞折り込み広告より ポスティングの方を考えていますが、違法ですか?値段は載せていません。 時々 接骨院の折り込み広告は入っていますが…

    • 治療院専門集客経営コンサルティング・セラピストサポート より:

      品川様

      コメントありがとうございます。

      ポスティングでも、それが不特定多数に配布するのであれば広告になりますので、24条の広告制限を守る必要があります。

      この広告制限を完全守ったチラシだとこんな風になります
      http://rinpapanews.com/?p=677

      また、内覧会をされる場合でも、そのチラシは広告制限の対象になります。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    CAPTCHA