整体院開業を成功させるための資金や集客準備

整体院やカイロプラクティック院を開業したい。でもいろいろとわからないことだらけという人も多いと思います。この記事にたどりついたあなたも、整体院の開業を考えているひとりかもしれません。

この記事では、これから整体院の開業を考えている方の現在の疑問と、開業後スタートダッシュを切るために必要な準備についてお伝えします。
※整骨院の開業はこちらの記事を参考に(弊社の整骨院ブログ)

 

整体院は誰でも今日から開業できる

まずは意外に多い質問や疑問でもある、開業資格についてです。

現在、日本で開業権が認められている医療系国家資格は、医師・歯科医師・薬剤師・はり師・きゅう師・柔道整復師・あん摩マッサージ指圧師・助産師です。医療系国家資格は他に理学療法士や看護師などがありますがいずれも開業権はありません。

上記にあげた柔整師など開業権のある国家資格であれば、開業にあたって法律に定められた要件を整える必要があります。そしてその上で保健所に届け出が必要です。整骨院などで保険を使って受領委任払いを使うなら、それに関する書類や手続きも必要になります。

でも、あなたが整体院やカイロプラクティック院など、いわゆる民間資格による施術院を開業したいのであれば、そういった面倒な届け出は必要ありません。保健所に行っても「なにしに来たの?勝手にやれば」ぐらいの扱いも受けたりします。強いていえば、届け出が必要なのは税務署ぐらいです。

つまり、整体院の開業はめちゃくちゃ簡単です。誰だって今日から始められる。待合室を設けろとか、こんな設備を用意しろだとか、誰からも言われません。必要なのは気合いだけです。

 

整体院の開業資金はどれぐらい必要?

開業するとなるとその資金が必要です。正直いって開業資金はめちゃくちゃ差があります。それこそ出張で始めるなら数万円でもいけます。銀座の一等地にスタッフを雇ってスタートしようと思えば、数千万以上掛かるかもしれません。

なので一概には言えないのですが、一人整体院を一般的な市レベルで開業するなら、数百万円ぐらいはみておきたいところです。とはいえ、節約しようと思えばけっこう節約できます。

僕自身が最初の整体院を開業(1999年)したときには、50万で全部できました。2回目のサロン(2005年)は170万ですみました。ともにだいぶケチった。たとえば、保証金は両方とも値切りました。値切るとけっこうまけてくれるんもんです。

あと、内装にお金を掛けたくなかったので、居抜き物件を狙いました。サロンのときは、もともとブティックで、内装に300万以上掛けた店舗だったそうでで、更衣室もあるし、壁紙もめっちゃきれい。照明もなんかお洒落な店でした。それをただで手に入れることができるのが居ぬき物件のメリットです。開業資金を節約したい人はそういったのを狙ってください。

 

開業資金の内訳は?

開業資金の内訳も一応頭に入れておいたほうがいいです。

  • 店舗関連費・・・保証金、前家賃、仲介費、内装費、備品
  • 宣伝広告費・・・チラシ、ホームページ、その他広告費
  • 半年運営費・・・軌道に乗るまでの家賃、光熱費、広告宣伝費など

以上を頭に入れておきましょう。それぞれいくらかかるのかは人によってさまざまです。なにを持って平均かというのは難しいですが、1人整体院で1年後に月商100万円を目指すと仮定して、強引にシミュレーションしてみます。

駅から少し離れた場所で、1階にある広さ8坪店舗。もともと不動産関係の店舗で居抜き。特に余計な備品もなく少し壁紙などを変えれば十分開業できそうな状態だとします。

■店舗関連費
保証金(80万円)前家賃(16万円)仲介手数料(8万円)看板及び外装(30万)内装(30万)ベッドなど備品(50万)合計214万円

■広告宣伝費
チラシ7円×3万枚(21万)ホームページ制作(50万)地域情報誌(10万)合計81万

■半年運営費
家賃8万×6(48万)光熱費2万×6(12万)チラシ7万×6(42万)その他宣伝費3万×6(18万)合計120万

合計214万+81万+120万=415万

めっちゃアバウトな計算になりますが、400万ぐらいあればなんとかなると思われます。政策金融公庫などに相談すれば200万~300万はだいたいすぐ貸してくれるので自己資金100万~200万あればいけます。

もちろん先に示したように、ケチろうと思えばいくらでもケチれます。もし資金的に不安があるなら、広告宣伝費以外で節約できるところは頑張ってケチってください。

 

開業前にホームページを作ってしまえ

開業前にやっておいてほしいことは、誰をターゲットにして、どんな価値(治療)を提供していくのかの決定です。そしてそれが決まれば、さっさとホームページを作ってください。ホームページは整体院を開業してからなんていう決まりはありません。やること決まればとっとと作ったほうが絶対にいいのです。

その理由ふたつあって、ひとつはホームページの独自ドメインは古いほうがSEO的に有利だからです。そしてもうひとつは、ホームページは作るのにもそこから集客できるようになるのも時間が掛かるから。

開業してからチンタラと作り始めても遅いです。しかも開業時はなにかと忙しいし余裕もない。そんな状況ではなかなかいいサイトは作れません。それであれば、精神的にも時間的にも余裕のある開業前から地道に作っていたほうがいいってもんです。

ホームページ制作は、弊社のweb制作サービスを使ってくれれば一番いいのですが、ぶっちゃけちょっと頑張れば、自分でもそれなりのサイトが作れます。今は便利な時代になったので、めちゃくちゃいいテンプレートが格安で手に入ります。これを使えばど素人でもキレイなホームページができちゃいます。

なので、開業前の時間的な余裕のあるなら、自分でホームページ作りを挑戦してみるのも一つの手です。やってみてダメだったら、弊社にご依頼くださいな。

 

開業直後の新規集客

開業時は当たり前ですが、宣伝しないと患者さんは来てくれません。看板さえ出していれば、それなりに来てくれるという恵まれた地域も未だにありますが、普通はそうそううまくはいきません。となると自ら広告宣伝をしないと、泣きそうになるぐらい暇な日々が続くことになります。

整体院の開業時にまず絶対にやってほしいのはチラシ広告です。チラシはかつてに比べればその効果は落ちています。それでも、開業時は相対的に反応がいいので、開業チラシはとりあえず挑戦してほしいのです。チラシに関しては過去の記事を参考にしてください。

集客できる整体院開業チラシの作り方
整体院のチラシテンプレート

その他は、地域情報誌なども開業時にできれば挑戦してほしい媒体です。地域情報誌はその情報誌ごとに集客力に大きな差があります。なのでやってみないとまったくその結果は予想できないのですが、中にはめちゃくちゃ費用対効果の高い媒体もあります。

なので、それを見落とさないためにも、資金が許す限り地域情報誌は一度は挑戦してください。

あとは、もしホームページが開業時の時点でしっかり作り込めているのであれば、PPC広告なども試していきましょう。さすがにこの時点では自然に検索されての集客は、それほど見込めませんので、ホームページはPPC広告が中心になると予想されます。

開業資金の内訳のところでも示していますが、開業時の広告宣伝費はあるていど用意しておくことを強くおすすめします。そうしないと集客できないからです。開業時は比較的集めやすい時期ですので、ここである程度のお金を掛けて集めるのは理に適っています。

開業時のスタートダッシュに失敗した整体院の多くは、最初の宣伝広告費を掛けなかった、もしくはお金がなくて掛けられなかった院です。ここでつまづくとこのあと挽回するのにけっこう時間がかかります。なので、広告宣伝費は絶対に必要な経費と割り切ってきっちり掛けていきましょう。

 

開業後の整体院経営を成功させるには

整体院経営を成功させていくためには、

  1. 新規を安定的に集客する
  2. 改善のために必要な期間通院してもらう
  3. できればメンテナンスなど継続的な顧客になってもらう

これらを意識していくことが必要です。

言い方は悪いですが適当にやっていても、たいていの整体院は潰れない程度に患者さんは来ます。また整体院は日銭が入ります。カード決済を使ったとしても、最近では入金サイクルが非常に短いサービスがあるので、資金繰りで悩むことはあまりありません。その結果、巷には多くの儲からない、でもなんとかギリギリやってはいける。という、なんとも中途半端な整体院であふれています。

開業時からずっと低空飛行。3年経っても売り上げは40~50万止まり。潰れるわけではないけど、満足のいく現状ではなくギリギリ生活してけるレベル。そんな整体師の先生をたくさん見てきました。

もちろん目標や考え方は人それぞれです。たくさん稼ぎたい人もいるでしょうし、生活できればそれでいい人もいます。なので、それは僕が決めることでありません。でも、もしあなたがたくさん患者さんに頼られる整体師人生を送りたいと考えているなら、開業時の行動もとても大事です。

この記事があなたの整体院開業のヒントになれば嬉しいです。
治療院集客経営講座、加藤でした

治療院集客経営無料メールセミナー 登録は無料です。配信解除はワンクリックでできます。 ホーム | コンサル料金 | メールセミナー

記事が参考になったと思ったらシェアしてくださると加藤がとても喜びます

LINE@ではブログやメルマガとは違った話をしています。ご興味ある先生は以下から登録してください。パソコンの先生は、クリックして現れるQRコードを読み取って登録してください。
友だち追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA