整体院・治療院のコミュニケーションは接触しろ

整体院を経営していたときの男性スタッフで
患者さんからとても人気のある子がいました

技術は僕より低いんじゃない?ってなぐらいお粗末なレベルです
でも、とても信頼されていたようで
彼の患者さんはリピート率もリピート頻度も高かったです

他のスタッフとなにが違うのか?
経営者としては、やはり気になったのでなにが違うのか観察してみました。

僕は整体院にはほとんどいなかったので
毎日見ていたというわけではありませんが
数回、観察して出た答えは、コミュニケーションでした。

 

コミュニケーションその1、うなずく

僕はコミュニケーション下手くそなんで全然できないんだけど
彼は、まず、うなずくのがうまかったです。

心地よい「うなずき」なんですね

なにをもって心地よいのか?
そこが僕の能力では説明できないのが残念なのですが
とにかく、心地よいのです。

言うなれば、「この人、私の話をちゃんと聞いてくれている!」
という感覚が押し付けがましくない
適度なボリュームで伝わってくるのです

あんまりわかりにく説明ですね
すみません(~ ~;)

 

コミュニケーションその2、接触

あと、これは他のスタッフと決定的に違うなと思ったことがありました。
それは施術後の握手

施術が終わりました。

施術の説明をし、次回の予約も取りました

最後に握手

このときに、「じゃあ、一緒に頑張っていきましょう!」とか
「では、金曜日の14時にお待ちしてますね」
なんてセリフを目を見ながら言う

正直、臭いセリフに聞こえるんで恥ずかしいっちゃ、恥ずかしい

でもね、正確な計測をしようがないので絶対とは言いませんが、
これ、かなり有効ですぜ、ダンナ

事実、彼の患者さんで、無断キャンセルなんて聞いたことなかったし
メンテナンスへの誘導率も高かった

 

この彼に聞けば、最後だけでなく
施術前に握手したり、ハイタッチしたりもするとのこと

彼曰く、若い子はハイタッチのほうがいいとのこと
僕には基準がわかりませんが・・・(~ ~;)

こういった物理的な接触って関係性を深める効果があるんですね

 

ダニエル・ピンクの本にこんなことが書いていました

—————————————————————-

レストランの給仕係が常連客の腕や背中に軽く触れた場合、
客は多くのチップを残していくことが複数の調査からわかっている。

ナイトクラブで男性からダンスに誘われた女性が、
前腕を1、2秒軽く触れられるとダンスに応じる可能性が高くなることがわかった。

ナイトクラブ以外の場所で女性が男性から電話番号を訊ねられた場合にも、
同様の傾向が当てはまった。

見知らぬ人に嘆願書の署名を求めたとき、
約55%の人が署名に応じたが、勧誘員が相手の二の腕に一度触れると、
その数は81%に跳ね上がった

参照:人を動かす新たな3原則 92ページ ダニエル・ピンク講談社

—————————————————————-

 

欧米との文化の違いはあります
なので、日本の治療院でそれがそのまま当てはまるわけではないです

でも、僕は身体的接触というのは効果があると思う

これをこないだ、臨床心理士の北田先生に直接質問したら
その人との関係が築けているかいないかなど
時と場合によることもあるけど、効果ありますよ。

と、答えていただきました。
それで、確信を得た次第であります(*^-^)

 

接触するにしても過程も重要

ただ、ひとつ付け加えておくべきことは
その握手にいたるまでの過程も重要ですからね

過程というのは

なぜその患者さんは来院するに至ったのか
体の状態はどうなっているのか
いったいどうなりたいと思っているのか

施術者はどう体を診たのか
そしてどう施術するのか
どんな決意でを持っているのか

このあたりのキャッチボールができているか否かという意味
ここがないのに、どこまで効果があるのかは疑問です

 

その過程をもっと詳しくと思われるかもしれませんが、
さすがに書くと長くなりますので・・・

この過程については何度かセミナーをしていますが
また機会を見て開催したいと思います。
そのときに是非、ご参加ください。

 

今回書いた内容に、なるほど
と思った先生は、是非試してみてくださいね

コミュニケーションにもいろいろありますが
この接触するというやり方は、
治療現場でそこそこの効果が期待できると思いますよ

ただ、北田先生の言葉にもあるように
時と場合によるってことも頭に入れておいてくださいね

 

なんの関係性も築けていない患者さんに
いきなり接触しても、とまどう可能性があります

ましてや、僕みたいなハゲたオッサンが
いきなり若い女性患者さんにハグ
なんて行為は完全アウトですからね

そこはさすがに考えて行動してくださいな。

関係性が築けていそうな同性から試していって
その効果ややり方を検証していってください

きっとあなたの治療院経営のプラスになりますよ

加藤でした。

 

追伸

患者さんとのコミュニケーションを学ぶには
行列のできる臨床心理士、北田先生による
心理学の基礎知識に基づいたこちらのDVDがおすすめです
http://therapistsupport.com/bosyu/kitada.html

 

 

記事が参考になったと思ったらシェアしてくださると加藤がとても喜びます

LINE@ではブログやメルマガとは違った話をしています。ご興味ある先生は以下から登録してください。パソコンの先生は、クリックして現れるQRコードを読み取って登録してください。
友だち追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA