価格競争に参戦しないために

治療院集客3つの必須セミナー

治療院集客経営講座の加藤です

こないだある方かた聞いたお話
その方は駅の近くに駐車場を所有していました
でも駐車場の数が増えてきたからか、車に乗る人が減ったからか、
6割ほど空きが出るようになったそうです

もちろんこの方だけに限らず、どこもそんな感じ
だからどんどん値段が下がっていったそうです

 

この方は値段は下げたくないと思ったので
あることを実践してみました
そしてその結果、3ヶ月で満車にすることができました

どうやったかわかります?考えてみてください

 

整体院・サロンの価格競争に参戦しない

 

答え:バイク置き場にした

 

駅に有料バイク置き場はあるそうです。
でもそれは原付置き場であって、中型や大型のバイクは置けないのです

「通勤で大型バイクを使う人もいるはずだ」
そこに目をつけたんですね

 

その狙いが見事に当たった!
わけではではありません、残念ながら

実は契約者の半分以上が近くのマンション住む人
自分のマンションの敷地内に駐車スペースがないのです

しかもちょうど少し前から
駅近辺の駐車取締りが強化されだしたそう

 

自分のマンションにスペースがないからといって
向かいの路地に駐車しようもんなら駐禁をとられてしまう(二輪も駐禁とられる)

どうすんのよ?
ってなってたところにこのバイク駐輪場ができた

これが満車になった理由だそうです

 

このお話で3つのことがわかります

■ 価格競争に参加せずに商品を変えた
■ 狙ったターゲットとは違う別のターゲットを獲得した
 突然ニーズが発生することがある(駐車取締り)

なぜこんなことができたか?
それは行動したからです

 

価格競争に参加するのは簡単です
値段を下げればいいだけ。なんにも考えなくていい

でもこの方はそうしなかった

価格を下げるぐらいなら、別のモノを別の人に売ろうと考え
そして行動した

 

そんなのたまたまうまくいっただけでしょ
そう思うかもしれません

はい。そうです。たまたまです
実際に、当初の予定とは違うお客さんがきたわけですし

この記事でも書きましたが失敗して当たり前なんです
失敗を恐れてなにもしないことが一番ダメ

 

治療院・サロンでもなにかヒントになりませんか?
ほぼ同じ商品でも、見せ方やターゲットを変えるだけで
まったく違った結果になることもあります

安売は脳ミソはラクですが、体と心はしんどいですよ

治療院集客サポート塾、加藤でした

治療院集客経営無料メールセミナー
登録は無料です。配信解除はワンクリックでできます。

ホーム | コンサル料金 | メールセミナー | 集客サポート塾 | プロフィール

記事が参考になったと思ったらシェアしてくださると加藤がとても喜びます

LINE@ではブログやメルマガとは違った話をしています。ご興味ある先生は以下から登録してください。パソコンの先生は、クリックして現れるQRコードを読み取って登録してください。
友だち追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA