整体院は技術がなくても繁盛するか

整体院は技術がなくても繁盛しますか?
この手の質問は本当によくされます。

結論から言うと、技術なんかなくても繁盛する。
だって、現に技術なんてなくても繁盛している治療院がたくさんあるもの。
その現状をどう捉えるのかは別として、現にわんさかあります

ただ、なにをもって技術なんだ?
というところで認識の違いが出るからややこしいのです。

 

僕のようなコンサルタントってのは技術はあってあたり前です。
と、みんな揃って言うのですが、じゃあ技術ってなによ?って話です

技術って、誰を対象に治療院・サロンをするかで変わってきます。

例えば、ガンを治しますよという鍼灸院と
60分間気持ちよーく癒しますよという整体サロン
この両者に必要な技術や知識って違います。

どっちがエライとかではないですからね。必要な技術が違うという意味です。

 

そういう意味で言えば、技術ってのは必要です。

患者さんやお客さんが求めているものを提供する技術なわけですから
これがないとリピートしてくれないことが多い。

ただこの技術ってのはエビデンスに基づいてんのかとか
病気を治せるのかとかではなくていいということ
だってそれを求めていない人にとってはそんなもんどーでもいい。

そんなことよりこっちが求めているもんを提供しろよ。ってなる

 

ただし、人の体を触るからには、最低限必要な知識ってあります。
例えば、施術することによって悪化させてしまってはダメですよね
場合によっては傷害罪になってしまいます。

まぁ、傷害罪になるからとかではなく、普通に考えて避けたいところです

でも、俺は技術がある!なんて自信満々の治療家でも
けっこうこの見分けができていない先生っています。

見分けられないならまだ仕方ないとして、見分けようとしていない治療家すらいる
これはよくないなと僕はいつも思っています。

 

頭痛ですと来院した患者さん。
その頭痛がいったいどういう頭痛なのか鑑別しようとしない治療家もかなりいます。

僕はよく整体院や整骨院などに市場調査というか勉強でいきますが
本当にそういう治療家は多いです。

この治療院は緊張性頭痛でも偏頭痛でも脳卒中でも
なんでも同じ施術でちょちょいのちょいって治せちゃうのか?と、聞きたくなる。

それならそれでいいのですが、普通に考えて
脳血管障害を整体で治しますなんて聞いたことがない。

脳血管障害ならめちゃくちゃ痛いに決まっている。
整体院や鍼灸院なんかに来るわけがない!
そういった間違った認識を持っている方であればこちらの教材をおすすめします。

 

 
[icon image=”finger1-r”] 施術前に危険な症状を見分けるための鑑別DVD

 

 

記事が参考になったと思ったらシェアしてくださると加藤がとても喜びます

LINE@ではブログやメルマガとは違った話をしています。ご興味ある先生は以下から登録してください。パソコンの先生は、クリックして現れるQRコードを読み取って登録してください。
友だち追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA