この先生にまかせようって気持ちになれるかどうか

整体院は初回の施術結果はリピートに関係ない
TBSのニュースキャスターでこんなのを見ました

長年どの病院で検査しても「異常なし」と診断されていた女性が、
ある医師に「脳脊髄液減少症」と診断され、治療した結果元気になった

というものです。

 

その放送の中で、女性の母親が
「原因がわかって嬉しかった」といった意味の発言をされていました

「これで治療ができる!」と思ったらしい
(うろ覚えなので少し違った表現かもしれません)

 

この部分、治療院においてもとても参考になります

どこが参考になるかというと
まだ治ったわけでもないのに嬉しいと喜んでいるのです

あなたの治療院に来院する患者さんの中にも
こういった方が少なからず存在するはずです

 

よく治療院にリピートしないのは、
「1回目で施術結果が出せなかったからだ」という人がいます

もちろんそれもあるかもしれませんが
実は原因は違うところにも多く存在します

むしろ僕の考えでは、治療院において2回目3回目ぐらいのリピートは
治療技術以外の部分が締める割合が非常に大きいと思っています

 

多くの患者さんは、1回で治るとは思っていません
なのに1回で来なくなってしまう

これはなぜか?

治療院の患者さんにとって、初回の施術効果も大事です
でもそれと同じぐらい、もしくはそれ以上に大事なものが
その先にあります

 

初回の施術結果なんてのは最初の問題ではなく
もっと前の段階が最初

つまり、すべての始まりは
「あなたの体はこんな状態ですよ」と説明するところがスタートなのです

そこがなければ、
「この治療院の先生にまかせよう!」って気持ちになれないのです

 

どんなにすばらしい治療の腕を持っていても
患者さんの協力なければどうすることもできません
だって1回でなんでも治るってわけじゃないですよね

だから、あなたの治療技術を存分に発揮したいなら

あなたの体はこんな状態です。
だからこんな施術をすることによって改善をはかります。
と説明する必要があるのです

 

冒頭に説明した女性の例がまさしくこれです

原因を説明してくれた

ちゃんと治療ができる

この先生にまかせよう

こうなるんですね。

 

多くの治療院の先生が初回の施術結果ばっかり気にしています

初回でそんなものは問題ではない場合が多いんです
重症患者さんの場合は特に

ちょっとむずかしいのは、おそらく医師免許は持っていないと思うので診断はできません。
病名を告げるなんてのはできません

だからといってなんにも説明なしじゃあ
患者さんは不安でたまりません。

そんな先生にまかせようって気になるわけがない

 

治療院の先生はできる範囲で
患者さんが納得いくように説明してあげてくださいね
治療院集客サポート塾、加藤でした

治療院集客経営無料メールセミナー
登録は無料です。配信解除はワンクリックでできます。

ホーム | コンサル料金 | メールセミナー | 集客サポート塾 | プロフィール

記事が参考になったと思ったらシェアしてくださると加藤がとても喜びます

LINE@ではブログやメルマガとは違った話をしています。ご興味ある先生は以下から登録してください。パソコンの先生は、クリックして現れるQRコードを読み取って登録してください。
友だち追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA