ターゲットを絞るのは怖い

治療院集客3つの必須セミナー
整体院はターゲットを絞れ

昨日の記事をチラシで考えるとこう

肩こりも腰痛も冷えもむくみもダイエットも
整体もマッサージもアロマもレイキもなんでもできます
だからウチの治療院にみんなおいでよ!

なんて治療院のチラシは誰も集まらんのです

 

ものすご~く不安でしょうが、腰痛を前面に押し出した、整体院。
とやったほうが集客できるのです(地域によって違う場合もあり)

 

集客塾の塾生さんで大阪市内で整体院をされている先生がいます
大阪ってチラシの反応率めちゃくちゃ悪いんです
地方に比べると、僕の感覚では数倍以上は反応率が悪い

地域性もあるかもしれませんし、
「押し紙」がえげつないって噂もあります
※押し紙については記事の最後に

 

で、その整体院はもともとみんな来てくださいチラシでした
施術メニューもすべて書いていた
そのチラシの反応率が0.01%とかそんなレベル

1万枚配布して1人という悲惨な状態です

 

それで症状を肩こり。施術コースも整体のみ
というチラシを作ったところ、なんとか0.1%になりました

それでも0.1%なのですが。。。
(配ってすぐなので、おそらくもう少し増えると思います)
最初が悪すぎたとはいえ、10倍も違うのです

 

ターゲットを絞るのいうのは怖いです

うちの治療院は肩こりも治せる。腰痛も治せる。
五十肩だって、膝痛だってなんでも治せる
整体もできる。アロマでもできる。
鍼だって気功だってできる。だから全部アピールしたい
ウチは他の治療院と違ってこんなにできるんだ、すごいでしょ?ってアピールしたい!

気持ちはわかります。
でも治療院のチラシでそれはやっぱりそれはやめたほうがいい

 

施術そのものをやめろと言っているわけではなく
それを全部チラシに掲載するのはやめたほうがいいのです

 

理由はふたつあって
ひとつはどれも中途半端にしか響かない
もうひとつはたくさんありすぎてよくわからない

前者は、塩ラーメン専門店の塩ラーメン

と、

ラーメンもカレーもそばもうどんもお好み焼きも
とたくさんメニューあるお店の塩ラーメン

どっちで食べたい?という話

 

後者は、郵政民営化、反対or賛成
を前面に出したマニフェストと

社会保障と国防と外交と少子化と公務員改革と・・・
全部大事なんですというマニフェスト
どっちがわかりやすい?という話

 

内容が同じでも見せ方、訴え方によって大きな差がでます。
治療院はターゲットを絞るのを恐れちゃダメですよ

加藤でした

 

「押し紙」について

参考サイト:http://www.h7.dion.ne.jp/~fttb/o/oshigami1.html

 

新聞折込みをするとき、部数表を参考にします
この地域は10,000世帯配布しますよって表

全世帯にチラシを配布したいと思えば
あなたは10,000枚チラシを用意すると思います

ところがあの10,000という数字が嘘ということがあります
これが「押し紙」問題

 

わかりやすい図がこれ

整体院の折込みチラシ・押し紙問題
出典:http://www.garbagenews.net/archives/1363518.html

 

つまり実際には7000しか配ってない。あとの3000は廃棄処分
お金はもちろん10,000分払ってる

本当にこんなことをされているとすれば、
チラシを出す側の人間なら誰しも許せないと思います。

 

じゃあどうすればいいの?
といわれれば、僕に対策はないです。

書くだけ書いて無責任ですね。すみません
なんとかして欲しい問題ですね

治療院集客サポート塾の加藤でした

治療院集客経営無料メールセミナー
登録は無料です。配信解除はワンクリックでできます。

ホーム | コンサル料金 | メールセミナー | 集客サポート塾 | プロフィール

記事が参考になったと思ったらシェアしてくださると加藤がとても喜びます

LINE@ではブログやメルマガとは違った話をしています。ご興味ある先生は以下から登録してください。パソコンの先生は、クリックして現れるQRコードを読み取って登録してください。
友だち追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA