整体院の院長の話は誰も聞いていない

治療院集客3つの必須セミナー
整体院の院長の話は誰も聞いていない

メラビアンの法則というものがあります

「言語」「聴覚」「視覚」でそれぞれ異なる情報が
与えられたときなにを判断材料にしているかという実験で

「話の内容」が7%
「話し方」が38%
「ボディーランゲージ」が55%

という結果が出たそうな

 

例えば、こんな状況

【表情】めっちゃ好意的
【声色】普通
【言葉】大嫌い!

アンタなんか大嫌いなんだからねっ!
と口では言いつつも、顔はめっちゃ好意的

というアニメファン垂涎のシチュエーションです

 

この場合、そう言われた人は
相手の真意をどこで判断するのかというもの

「大嫌い」という言葉はわずか7%しか
判断材料に使ってませんよということらしい

 

「話の内容」が7%
「話し方」が38%
「ボディーランゲージ」が55%

という実験結果だけを見て

普段の会話で言葉は7%しか聞いてない
と恥ずかしい間違いを書くつもりはありません

なぜならこれは異なる情報を与えたときの結果だから
言葉が7%だけというのは短絡的で間違った情報です

でも表情や声のトーンが大事なことには変わりないです

 

なーんかこの人の言葉って心がこもってないなぁ
と感じたことはありませんか?

僕は治療院にもよくいきますが、
心のこもっていないと感じる整体院や整骨院の先生をよくみます

 

来店時に笑顔で応対されるだけで
その店の価値ってあがります

治療の説明をしているときに
自信なさげな話し方や表情になっていませんか

患者さんはそれも敏感に感じ取ります

 

男性治療家は特に苦手な方が多いので
普段から気をつけてくださいね

あなたの表情、話し方、見られていますよ

 
治療院集客経営講座、加藤でした

治療院集客経営無料メールセミナー

登録は無料です。配信解除はワンクリックでできます。
ホーム | コンサル料金 | メールセミナー

 

記事が参考になったと思ったらシェアしてくださると加藤がとても喜びます

LINE@ではブログやメルマガとは違った話をしています。ご興味ある先生は以下から登録してください。パソコンの先生は、クリックして現れるQRコードを読み取って登録してください。
友だち追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA