整体院の説明は目先のことが大事

整体院は目先の説明が大事

——————————————

太陽光線に当たりすぎると皮膚ガンになる
と警告してもあまり効き目がない

でも、シミやニキビの原因になると言うと
患者たちは言いつけをよく守る

出典:セイラー教授の行動経済学入門

——————————————

 

人って、目先のことのほうが大事らしいのです
だから遠くのことを例に出してもピンと来ない

あなたが治療院で患者さんに説明するとき
遠くのことばかりを例に出していませんか?

骨盤の歪みを放置すると将来うんたらかんたらと

 

この将来があまりに遠い場合
患者さんはやっぱりピンと来てないかもしれません

そんな遠くのこと今言われても…
ま、とりあえず今は大丈夫でしょってなる

こんな場合は、仮に深刻度は低くても
目先のことを言ったほうが響くのです

 

もちろんこれは整体院や鍼灸院などの新規集客においても同じ

将来こんなことで困りますよという
メッセージも大事かもしれません

でも多くの人にとって大事なのは今

遠い未来ではなく、この春、この夏
来年のことではなく、今この瞬間

 

例えが遠すぎるなと感じる表現があれば
もっと近いものに直してみてくださいね

いまいち新規集客がうまくいかないって先生は是非

 

治療院集客経営講座、加藤でした

治療院集客経営無料メールセミナー

登録は無料です。配信解除はワンクリックでできます。
ホーム | コンサル料金 | メールセミナー

 

記事が参考になったと思ったらシェアしてくださると加藤がとても喜びます

LINE@ではブログやメルマガとは違った話をしています。ご興味ある先生は以下から登録してください。パソコンの先生は、クリックして現れるQRコードを読み取って登録してください。
友だち追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA