どっちのほうが信頼されると思う?

治療院集客3つの必須セミナー
整体院の患者さんが知りたいこと

先月から開講した治療院集客塾の塾生さんからメールをもらいました

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

今までだったら次回予約をいれていかなそうな人が次回予約をいれてくれました。
いつもの簡単な説明では次回予約につながらなかったと思います。

こちらの2日~3日以内に次回の施術をしたほうが良いいう提案通りになりました。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

嬉しい限りです

この方は整体院の先生ですが、なにをしたかというと、説明
こんな短期間なのでおそらく整体の技的には変化ないはず

つまり説明をすることでリピート率は上がるといういことです

 

ちょっと極端な例になりますが

たとえばあなたが頭痛で病院にいったとします

【A】痛み止めだしすんで、痛くなったら飲んでください
といって帰された

【B】○○さんの頭痛の原因はおそらく肩こりからだと思われます。
首や肩がこると、頭への血流が滞って頭痛の原因になるんですよ

血流をよくするお薬を1週間分出しておきますから
1週間後にまた来てください
そこでもう一度体を確認して、今後の治療方針を決めます

といって帰された

 

どちらのほうが再来院すると思いますか?
どちらがのほうが、信頼されると思いますか?

まぁ、おそらく【B】だと思います

 

以前に僕の治療院で統計をとりました(2010年)

問診表に「施術後に体の状態を説明してほしい」
という項目を設け、希望する方にチェックしてもらったのです

その項目は約半年、221名に書いてもらいました

 

結果、その項目にチェックを入れた人は188名
問診表をまともに読んでない人がいるので、
おそらくこの結果は、ほぼ全員がチェックしたといっていいと思います

治療院来院者は、痛みなどをとってもらいたいと思って来院します

それと同時に、なんで痛みが出ているの?
っていう原因や体の状態も知りたいと思っているのです

そこをしっかと答えれるかどうか
というのはリピート率に大きくかかわります

 

メールをいただいた治療院集客塾生の整体院の先生は、
最初にこんなことをおっしゃっていました

問診や検査をしても、
原因がいまいちわからないことが多いんです

これは僕自身がめちゃくちゃわかります
なぜなら僕もそうだったから

でもこれも完璧ではありませんが
なんとかカバーできる方法があります

それをこの塾生の方に実践してもらったところ
経営する整体院でこういう結果が出たんです

 

説明すると書いてしまえば簡単ですが
なれないとなかなかうまくいかないこともあります

治療院における問診や説明は大事なことなので
日ごろからしっかり意識して実践していってくださいね

治療院集客サポート塾、加藤でした
治療院集客経営無料メールセミナー
登録は無料です。配信解除はワンクリックでできます。

ホーム | コンサル料金 | メールセミナー | 集客サポート塾 | プロフィール

記事が参考になったと思ったらシェアしてくださると加藤がとても喜びます

LINE@ではブログやメルマガとは違った話をしています。ご興味ある先生は以下から登録してください。パソコンの先生は、クリックして現れるQRコードを読み取って登録してください。
友だち追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA