整体院の問診で先に伝えるべきこと

整体院やカイロプラクティック院で、治療家が同じことを言っていても
言うタイミングを間違うと、患者さんには言い訳に聞こえる場合があります。

整体院やカイロプラクティック院など治療院では
治療家と患者さんとの間に、信頼関係を築けるかどうか、これは大きなポイント

それが、「あ、この先生、言い訳してる」
と、思われた場合、どうでしょうか?

おそらく、いい方向には作用しないはず

それらについて動画でお伝えしています
 

[icon image=”finger1-r”] DVD詳細はこちらから 

 

治療院では後からいうと言い訳になる

動画内でもお伝えしていますが、何回通えばどうなれるのか
そこを患者さんに伝えないまま、患者さんの治療を進める治療家がいます

これって、やっぱり患者さんからすれば不安です

そして、気になって質問し、自分が想像していた答えと違えば
その患者さんは、それをすんなり受け入れられないのです

もちろん、そのまま頑張って通院する人もいるでしょうが、
少なくない患者さんが、そのまま来なくなってしまいます

場合によっては、あなたの整体院の悪い噂を人に話すかもしれません

だって患者さんからすれば、先に言えよ!とも思う人もいるし
これまでの時間を返してよ!と思う人もいるでしょう

 

治療家であるあなたからすれば、そんなに早く治るはずないことが
ごくごく当たり前のことであっても、
整体師やカイロプラクターなら当然わかっていることであっても、

やはり患者さんからすれば、当たり前ではありません
だから、先に説明しておかないとダメなんです

 

マインドセットという単語で片付けるな

仮にそれが患者さんにとって、受け入れがたいことだったとします
だったらそれはそれで、仕方がないことなのです

あなたのできることと、患者さんが望んでいること
この二つが合致してないんだから諦めるしかない

それを先に言うと、来なくなってしまうから後から言おう
一旦通ってしまえば、後はなんとかなるだろう。

ではやり方として僕は間違っていると思います

一時的な売り上げだけを見れば、たぶんそっちのほうがいいです
でも長い目で見てそっちのほうがいいかと言えば、わからない

仮にそっちのほうがよくても、やり方としては間違っていると思う

 

たまに、結局はそれで改善する人もいる
だからそれもこれも患者様のため
「すべては患者さんのため」だからいいんですよ。なんて人もいます

そしてそういう人は、これをマインドセットと称する

僕からすれば、なんじゃそりゃ・・・です

ま、ここは僕の個人的な感想なんで
合わないと思った人はそのままスルーしてくださっていいのですが・・・

 

問診・説明は治療院にとって最も大事

患者さんが先にどんなことを知りたいと思っているのか
ここを考えられていない治療家が多いです

使い古された言葉で言うならば、
患者さんの立場に立って考えていないということ

整体院などで問診・説明をするときは
この考えがないままやってしまうと、いいものにはなり得ません

問診・説明がダメ=治療家としてダメ
と言ってもいいぐらい、問診・説明は大事です

これができていない治療院はもはや治療院ではない
そう言ってもいいぐらい大事

「先に言う」これも問診・説明の役割のひとつです。

 

あなたの治療院では、患者さんに先に告げていますか?
問診・説明がしっかりとできていますか?
信頼される治療家になるためにはいずれも大事なことですよ

問診・説明の基本の具体的な方法が知りたい
そんな先生はこちらをチェックしてみてください
[icon image=”arrow4m-r-b”] 次はいつ来ればいいですか?と患者さんに聞いてもらえるようになる問診DVD

※診断方法を解説したDVDではありません
詳しくはリンク先のページをご覧ください

記事が参考になったと思ったらシェアしてくださると加藤がとても喜びます

LINE@ではブログやメルマガとは違った話をしています。ご興味ある先生は以下から登録してください。パソコンの先生は、クリックして現れるQRコードを読み取って登録してください。
友だち追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA