整体院のリピート率を下げている

整体院のリピート率を下げている

他人様のメルマガでこんなのをよく見ます

“心斎橋のスタバにて”
なんて感じて書き始めているのです

あれって流行りなんでしょうか?
あれってカッコいいのでしょうか?

 

で、なぜか殆ど皆スタバなんですよ

じゃあ気になりますよね
なにがって、スタバでメルマガ書くとはかどるのかって

ということで先日PC持っていってきました

 

が、、、全然はかどりやしない

斜め向かいのお姉さんのパンチラが見えそうで気になるし
お姉さんが通るたんびにそっちをチラチラ見ちゃうし
店員のお姉さんが可愛くてずっと見ちゃうし

とにかくメルマガどころじゃないわけ

あんな状況でメルマガが書ける人を心底尊敬します
僕には絶対に無理ですね。うん。無理

 

さて、気を取り直し本題

昨日の記事で始めと終わりが大事とお伝えしました

昨日は始めについて書いたので
今日は終わりの部分について

 

あなたの治療院・サロンに来店した
とても気持ちよく出迎えてくれた
治療施術も雰囲気もとてもよかった

でも帰り際は、他の患者さんにかかりっきりで
挨拶もなくて邪険に扱われて気分が悪かった

こうなってしまうとけっこうマイナス大きいのです
なぜかというと人は最後の印象がより強く残るから

 

せっかくそれまでがよくても
最後のまずい対応が他を消し去ってしまうんですね

途中ならまだ挽回するチャンスが残っています
でも最後はもうバイバイするだけ

するとその人の頭の中には悪い印象ばっかり残る
「なんか感じよくなかったな・・・」って

 

つまり施術が終わったからといって
安心するにはまだ早いのです

その治療院で起こったすべてのことに対し
患者さん、お客さんは評価対象としています

もうちょっと言い方を変えると
帰り際の応対も料金に入ってるわけ

 

なにをすればいいかってのは
それぞれの店の特徴ややりかたによるので一概にはいえません

ただ実は、なにをするかよりも
気にかけているという姿勢が大事なのです

「頑張って一緒に治していきましょうね」
「前の通りは車が多いので気をつけて帰ってくださいね」

といったようにひとこと声をかける
これだけでも必ず印象は変わります

あなたを大切にしています
そんな気持ちが伝わるように応対してみてくださいね

 

治療院集客経営講座、加藤でした

治療院集客経営無料メールセミナー

登録は無料です。配信解除はワンクリックでできます。
ホーム | コンサル料金 | メールセミナー

 

記事が参考になったと思ったらシェアしてくださると加藤がとても喜びます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA