整体院のリピートに必要な勝手な判断をなくすこと

僕が7歳の時に両親が離婚しました
実はそれまでうちはそこそこ金持ちだったんです

が、離婚で一気に貧乏生活でございます

うろ覚えだけど、確か6畳一間に
僕と姉とオカンで引っ越した

オカンは必死に働いてくれたわけですよ
そして新地にラウンジを持つまでになった

そうなるとちょっとお金に余裕が出てくるわけ

 

そんなとき近所の寿司屋に行ったのです
そこで事件はおきました

たぶんウニを頼んだときだっと思います
寿司屋の大将が僕たち親子に向かってこう言うのです

「ウニは高いですけどいいですか?」って

オカンはそのセリフがめちゃくちゃ腹が立ったらしい
すぐに会計を済まして店を後にしました

 

うちのオカンがよっぽど悔しかったのか
30年近く経った今でもその話をします

もちろんその寿司屋には二度と行かなかった

 

あんたなに書いてんの?と思われそうですが
言いたいことは、人の財布の中身を勝手に判断すんなってこと

おそらくなんですが、この寿司屋の大将は
気を遣ってそう言ってくれたんだと思う

まぁ、今となっては真意はわからないけど

 

でも結果的には、その気遣いは裏目に出た

寿司屋に来ている人は
うまいお寿司が食べたいと思っている人です

ということは、寿司屋の大将の最も大事な仕事は
いかにうまい寿司を提供するか

客の財布の中身を詮索することでは決してない

 

これはあなたの整体院、治療院でも同じで
治療院に来る人は治りたくて来ているのです

ということは、治療家の最も大事な仕事は
いかにその人の症状を改善させるか

患者さんの財布の中身を詮索することではないのです

 

あなたは患者さんの財布の中身を
勝手に判断していませんか?

頼まれてもいないのに
安いほうの治療を進めていませんか?

お金がないといわれた訳でもないのに
通院回数を減らしていませんか?

多くの治療家がこれをやってしまっています

今すぐこれはやめましょう
だって誰も得することではないから

その勝手な気遣いが、逆に患者さんを
苦しめる結果になっているかもしれませんよ

 

————————————————-

SRC杉園&集客塾加藤コラボセミナー

【日時】7月20日(土)18:00~21:00
【場所】大阪・心斎橋 ハートンホテル心斎橋本館

http://sem.therapistsupport.com/

————————————————-

 

治療院集客経営講座、加藤でした

治療院集客経営無料メールセミナー

登録は無料です。配信解除はワンクリックでできます。
ホーム | コンサル料金 | メールセミナー

 

記事が参考になったと思ったらシェアしてくださると加藤がとても喜びます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA