整体院のホームページで新規集客する壁とは

治療院集客3つの必須セミナー

昨日は鍼灸マッサージ師と、整体師、2名のセッションを行いました。

最初に行った鍼灸マッサージ師の先生は、ウェブで月に20名新規集客していたのが
10月に5名になってしまったので、主にその相談

整体師の先生はホームページもチラシもリピートもなにもかも全然ダメです
どうしたらいいものか・・・なんて状態ですとのことで、それを一緒に考えました。

 

二人の治療家に共通する壁とは

お二人の状況はまったく違います。
前者は月商で100万、後者は15万程度。
でもお話した内容はほぼ同じようなことでした

それは、多くの治療家がよく陥りやすい壁について

昨日の整体師の先生から、ホームページから全然集客できません
キャッチコピーとかを何回変えても同じです。なんて質問を受けたんですね。

そのホームページの現在のヘッダーコピーは
「なぜ、当院では●●がこんなにも改善するのか」というよくあるあれ
集客できているといわれているHPのものをパクってきたらしい

 

パクってくるところまでは、別にいいんですよ
実際そのコピーでも集客している人がいるわけですから

でもね、肝心なところを忘れているんですよ、
それはアクセス数がどれぐらいあるのか?ってところ

 

たとえばね、アクセスが月間1000あります。
でもそこからの新規集客は1人です。
この状態であれば、内容が悪いと想像できます。

でも、月間アクセスが100です。そして新規が1人です。
こんな状態であれば、内容うんぬんの問題ではないんですね。

いくらヘッダーコピーを優秀なものに変えても、新規数が10人になることは考えにくいわけ

そのホームページが認知されていない状態といえます。
そりゃ見込み患者さんに見られていないんだもん、集客できないです。

 

あなたの治療院のことは誰も知らない

ここを整体師を含む多くの治療家が、ついつい見落としてしまうところです。
つまり新規集客できていない原因の多くは、認知不足にあるということ

チラシを100枚ポスティングしたんですが、誰も来ません
これなんかもよく聞くセリフなんですが、当たり前です。
そんな簡単に来てくれるかっちゅうねん。

看板出しているから皆知ってくれているはず。も同じです。
だーーーれもアンタの整体院のことなんか知りません。

だーーーれも言い過ぎですが、思っているほど多くの人は知らないのです。
そして知られないまま消えていく。 ← すみませんこれも言い過ぎですな(^^;)

 

新規集客とは少しだけ意味が違ってきますが、
整骨院などの交通事故、自賠責の集患も同じです。

集客、集患したいなら、まずはウチの院で交通事故の怪我の治療ができるよ
ってことを認知してもらう必要があります。
ここを怠っては来たいと思っても、来ようがないのです。

だからこの場合もまずは、既存の患者さんの全員が、
ここの整骨院では交通事故の治療もしてくれる。という認知を広めることです。

そりゃ既存患者さん以外の一般の方にも認知してもらえればベストですが
そこはそう簡単にはいかないとこなので、せめて既存だけでも徹底さえるべき。

実はこれだけで、そこそこ変わってきます。
そこをやっている整骨院はそれがわかると思います。

 

整体院の新規集客はまず認知から

ということで、新規集客できていない整体院など治療院で
まず最初に考えるべきことは認知の壁です。

ここを乗り越えなければ、おそらくほぼなにも起こらないでしょう。
いつまでたっても今のまんまの低空飛行。

いかにして自分の院の存在を知ってもらうかを考えましょう

チラシを頑張って配布する。
チラシ、ニュースレター、紹介カードをいろんな店に置いてもらう。
どうすれば看板が目立つが考える。
看板の数を増やす。
ホームページのコンテンツを増やしアクセスを増やす。
PPC広告を使ってアクセスを増やす。
ブログやポータルサイトからの流入させる。

などなど、やるべきことは永遠に尽きません

 

そこをなーにもしないで、誰も来てくれないと言ったところで
そら、当たり前じゃ!ってなります

もちろん内容なんてどうでもいいというわけではなく
まずは認知されるということが大事だから、そっちを考えようという意味ですからね

 

ちょいと長くなったので、今日はここまで
鍼灸マッサージ師の先生との話で出てきた、もうひとつの壁についてはまた明日。

 

治療院集客経営講座、加藤でした

治療院集客経営無料メールセミナー

登録は無料です。配信解除はワンクリックでできます。
ホーム | コンサル料金 | メールセミナー

 

記事が参考になったと思ったらシェアしてくださると加藤がとても喜びます

LINE@ではブログやメルマガとは違った話をしています。ご興味ある先生は以下から登録してください。パソコンの先生は、クリックして現れるQRコードを読み取って登録してください。
友だち追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA