患者さんの痛みを基準にしてはいけない

治療院集客3つの必須セミナー
整体院が痛みを基準にしてはいけない理由

整体院、カイロプラクティック院、鍼灸院など治療で
改善度合いに痛みを基準にしていませんか?

治療院に来る患者さんにとって痛みというのは、
最もわかりやすく、最も重要なポイントです

 

多くの患者さんは痛いからあなたの治療院に来院する
痛みをなんとかしてほしいってのが最優先事項

でも痛みというのは、患者さんの基準であって
整体師や鍼灸師といった治療家であるあなたの基準にはしてはダメです

 

よく、「うちの整体院は一発で治るからリピートしない」
なんてことを言う治療院の先生がいます

これが事実なのか、思い込みかなんてのはどっちでもいい
でも治るというのが、患者さんの基準である痛みにのみフォーカス
しているのであれば、それは治療院としては問題アリです。

あなたの整体院にリピートしないのは、説明できていないから
少し言い方を変えれば、教育できていないから

 

多くの場合、痛みというは一番最後に現れる現象です

突然痛くなったと思っていても実はそうじゃない
原因となることがあって、その結果としてあとから痛みが出る

反対に治療をすると多くの場合、痛みは最初になくなる

痛みが消えたからといって治ったわけでは決してなく
原因となるところはまだ治せてないことがほとんど

 

そんなことオマエに言われんでもわかっとるわい!
あなたが整体師や鍼灸師といった治療家であるならそう思うかもしれません

じゃあ、それを患者さんに説明しないと

治療院に来る患者さんは素人なのでこう考える人が必ずいる

痛みが消えた=治った と思う

治ったからもう治療院に通わなくてもいいと勝手に判断


数日後にまた痛みがぶり返す

あぁ、治療院って一時しのぎなんだな

 

そうならないためにも、痛みが消えてもまだ治ったわけじゃないよ。
としっかり説明する必要が治療家としてあるんです

もちろん皆が皆、それに従ってくれるわけではないです
でも従ってくれる人も必ずいます

従わなくて、また痛みがぶり返した場合
「先生の言ってたことは本当だった」

と治療院に戻ってきてくれる可能性もあがるかもしれません

 

とにかく最初はわかりやすい痛みを基準にしてもいいです

でもそれだけにとらわれると、中途半端なところで治療が終わってしまい、
患者さんにもあなたにもマイナスですよ

治療院集客サポート塾、残りあと3名です

治療院集客経営無料メールセミナー
登録は無料です。配信解除はワンクリックでできます。

ホーム | コンサル料金 | メールセミナー | 集客サポート塾 | プロフィール

記事が参考になったと思ったらシェアしてくださると加藤がとても喜びます

LINE@ではブログやメルマガとは違った話をしています。ご興味ある先生は以下から登録してください。パソコンの先生は、クリックして現れるQRコードを読み取って登録してください。
友だち追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA