患者は素人だからという考えが治療院の存在意義をなくす

「えっ?治療に関することは、患者ではなく治療家が決めるべきだ!と、あるコンサルの方から聞いたんですが、患者さんに選ばせていいんでしょうか?」

これは先日、鍼灸院をされているとのスカイプセッション中に出たセリフ。この記事では、このセリフが出た経緯を説明し、治療院の存在意義までお伝えします。

 

鍼灸師の先生との会話

先生
治療をしていても、患者さんの背中から不満を持っている雰囲気が伝わってくるんです。あれがすごく嫌なんですよ。
加藤
なんで患者さんは不満なんでしょ?
先生
んー、たぶん説明が足りないからでしょうか。
加藤
だったら施術する前に説明をしっかりして、納得してから受けてもらいませんか?
先生
でも、いくら説明しても僕がやっている鍼治療とか、通院のことについてとか納得してくれない人も多くて。だから、説明はほどほどにして、とりあえず鍼を受けてもらおうと。受けてもらって良ければ、次も来るだろうし、ダメなら来ないかなと思って。
加藤
でも、それがしんどいんですよね(^-^;
先生
はい(^-^;
加藤
だったら施術前に、患者さんの自分の身体に対する解釈や、施術に対する解釈をしっかり理解して、そこからそれに対しての説明をすればいいと思います。そしてそのうえで施術を受けるかどうか患者さんに決めてもらってもいいんじゃないでしょうか。
先生
「えっ?治療に関することは、患者ではなく治療家が決めるべきだ!と、あるコンサルの方から聞いたんですが、患者さんに選ばせていいんでしょうか?」

と、こんな感じの流れで、患者さんに選ばせてもいいの?という話になりました。

 

患者は素人だからと無視していいのか?

治療に関することを患者さんが決めるのか、はたまた治療家が決めるのか。これに対する正解は僕にはわかりません。僕の考えとしては、患者が決めるべきだと考えています。

ただ、患者さんのいいなりになれという意味ではありません。

たとえばこんなことを言ってくる患者さんがいたとします。「右腰に鍼を3本ほど打っといて。あと左肩だけ強めにマッサージしといて。あとはいいから。」

これに対して、「はい、わかりました。そのようにいたします」という対応をしましょうと言っているのではありません。まずは、この患者が求めているものを知らないとダメなわけです。

話を聞いた結果この患者さんが、「右腰に鍼を3本打つと超気持ちいいぜぇ。左肩を強くマッサージされるとヨダレがでるうぐらい気持ちいいぜぇ。仮にそれで体が悪くなるとしてもその気持ちいい時間さえあれば俺は満足だぜ。金は払ってやるから言う通りにしろだぜ」ということがわかったとします。

それに対応できるしやりたいなら、体に害のない範囲で対応すればいいと思います。でも、対応できない、もしくはやりたくないなら、断ればいいと僕は考えます。

だってそうしないとお互いが損ですから。

でもしっかり話を聞いた結果、疲れてくるといつも右腰と左肩が痛くなる。それ以外はなんともないから、そこだけ治療すればいいと思っている。今の状態をなんとかしてくれるなら、まかせるからなんとかしてくれ」であるなら、事情が変わってきます。

そうであれば、

  1. こういった状態にあるあなた(患者)に
  2. (自分が行っている)鍼治療をすると
  3. (あなたに)言われた通りの施術をするのと比べて
  4. どんな変化や結果が起こるのか

こられを順番に説明し、納得した上で鍼治療を受けてもらえればいいわけです。おそらくその手順を踏んだ患者さんは、ある程度納得しているので、良好な関係が築きやすいです。

ここをすっ飛ばして、患者は素人なんだから治療家に従っておけばいいんだよ!な対応は僕の考えとしては、はちょっとどうかなと思っています。

 

治療院の存在意義がなくなる

今回の記事って、治療院の存在意義そのものに関わっているんじゃないかなと思っています。極論になってしまうかもしれないので、批判はあるかと思いますが、僕はそう思う。

治療に関する意思決定において、患者の意思がないがしろにされたとすると、それはエビデンスレベルの高い治療を機械的に判断してやっておけばいいということにもなります。

例えば、エビデンスレベルの高いとされる、ランダム化比較試験などによって、効果が認められた治療薬があったとします。患者の価値観などが意思決定に必要ないのであれば、その治療薬を使うことが最善の治療ということができます。

こうなった場合、多くの治療院っていらないですよね。いらないはさすがに言い過ぎかもしれませんが、エビデンスレベルの高い低いでいうと、やはり医療機関に負ける。

でも実際には、患者さんはそれぞれ自分の経験や価値観を持っています。薬は使いたくないとか、副作用が怖いとか、入院はしたくないとか、そういった個人の考えってのがある。

そういった個人の価値観を吟味すると、治療院という選択肢が出てくる。つまり患者個人の価値観の結果で選択肢に上がったのだから、その価値観による意思決定を否定した時点で治療院の存在価値はなくなる。

生意気なこと書くとまた怒られそうやな(^-^;
ま、そんときはそんときですな。

以上、加藤の考えでした。

 
治療院集客経営講座、加藤でした

治療院集客経営無料メールセミナー

登録は無料です。配信解除はワンクリックでできます。
ホーム | コンサル料金 | メールセミナー

記事が参考になったと思ったらシェアしてくださると加藤がとても喜びます

LINE@ではブログやメルマガとは違った話をしています。ご興味ある先生は以下から登録してください。パソコンの先生は、クリックして現れるQRコードを読み取って登録してください。
友だち追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA