実は苦情が隠れているかも

治療院集客3つの必須セミナー
整骨院の苦情は見えない

あなたの整体院、整骨院は苦情がきますか?

苦情と書くと、ネガティブなイメージになっちゃうから
苦言と言ってもいいんだけど、とにかくその類のもの

 

もしあなたが一人から数人レベルの治療院なら
苦情・苦言ってあまりきていないと思う

で、多くの先生は、実際に苦情がこないもんだから
みんな満足してくれているものだと思い込みます

でもこれってただ単に、苦情を拾い上げることが
できていないって場合があるんです

 

患者さんの立場からして
小さい規模の治療院はなかなかいえないものです

特に、「もう二度と行くか!」
というレベルのものでなく

これからもその治療院に通いたいと思っている
でもここは是非改善してほしいな・・・

なんて思っている人は言えないですよ

だって本人は通いたいと思っているから
余計なこといって関係を悪くしたくない

 

なので、まず、苦情がこないから
うちの治療院は完璧なんだとは思わないでください

難しいんだけど、常に自分の治療院を
客観的に見ようと心がけましょう

 

で、一番いいのは、その苦情などを
吸い上げるシステムを作ることなんだけど
意外とこれは難しいです

積極的に自分から、ください、ください
とやっちゃうと、患者さんは粗探しをします

それを取捨選択できる人はいいんだけど
重箱の隅をつつくようなこと言われすぎると
やっぱり凹むし、正常な判断もできなくなる

なのであんまりおすすめしない

 

僕が運営していた整体院とサロンは
メールレター(メルマガ)を使ってそれをやっていました
匿名だから意見くださいねって感じで

これだとそこそこ集まります
実際にその声から改善したことがいくつもある

・一番奥のベッドだけいつも寒い
・照明がまぶしい
・○○さんの声がモゴモゴと聞き取りにくい

なんてのがあったと思う(ゴメン、うろ覚え)

 

○○さんが胸や下腹部に近いところを
触るのが気になります

というのもあった。
ちなみにこの○○さんは女性

女性が女性に施術するんだから
どこ触ろうと気にしなくていいじゃない?

っていうのはこちら側の理論で
言われるまで気がつかないことでした

その女性からすれば、女性だからこそ
余計に、その苦情は言いにくかったのかもしれない

 

表に出てこないだけで、隠れている
ここはしっかり理解して拾う努力をしてくださいね

それがあなたの治療院経営を手助けしてくれますよ

 

治療院集客経営講座、加藤でした

治療院集客経営無料メールセミナー

登録は無料です。配信解除はワンクリックでできます。
ホーム | コンサル料金 | メールセミナー

 

記事が参考になったと思ったらシェアしてくださると加藤がとても喜びます

LINE@ではブログやメルマガとは違った話をしています。ご興味ある先生は以下から登録してください。パソコンの先生は、クリックして現れるQRコードを読み取って登録してください。
友だち追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA