半沢直樹と整体院経営

整体院経営のマーケティング

「半沢直樹」というドラマがヒットしているそうです
僕は観ていません(~_~;)

このドラマの演出を手掛ける福澤克雄氏の分析が面白いです
http://news.livedoor.com/article/detail/7946083/

 

これまでのドラマ界の常識からいうと
この「半沢直樹」はヒットするはずがないドラマだそうです

理由はこの3つ

・登場人物に女性が少ない。
・視聴率を取れるキャラクターがいない。
・恋愛がない

 

これがないとメインターゲットである女性が見ない
からそのドラマはヒットしないんですね

の、はずなんですが、ヒットした。
いざフタをあけてみれば女性が観ていた

 

福澤さん曰く

————————————————–

テレビの常識がいかに適当だったか、
マーケティングというものがいかにアテにならないか、
ということでしょう

————————————————–

とのこと

う~ん、考えさせられますね

 

僕もコンサルをする際にやってしまっているかもです
女性は●●だからこうしたほうがいい。なんて感じに

ある程度の一般的な傾向ってのは大事です

でもそれにとらわれすぎると
ダメな場合もありそうですね

 

治療院にメールレターを勧めるワケ

僕は治療院でもメールレター(メルマガ)
をするように勧めています

でね、こんなことを言う治療院のクライアントさんがいます
うちは年配の人が多いから意味ないと思います。って

 

実はね、年配の方だからこそやるべきなんです

年配の方のほうが断然反応がいい
理由はいろいろあるけどここでは省きます

 

とにかくメール=若者という考えは間違い

そんなことを言うコンサルタントがいれば
鼻で笑ってあげてください

 

マーケットインorプロダクトアウト

過去に自分のブログでこんなこと書いています
http://supportzyuku.com/only/urerumono.html

一般的にはマーケットインにしなさいという意見が多い
でもそんなもどっちだっていいんだよって記事

 

「半沢直樹」の福澤さんはこんなことも言っています

—————————————————–

最初から“常識外れ”のドラマだったから、
原作を書いた池井戸潤先生との最初の打ち合わせのときも

「一生懸命作りますけど、たぶん当たらないですよ」
と言っていたくらいです(笑)

—————————————————–

ようは、作りたいものを作った
プロダクトアウトなわけです

 

あなたは治療院でなにがしたいのか?

昨日、スカイプで話した集客塾の塾生さん

——————————————–

自分でなにがしたいのかが明確になりました
そしてどうすればいいのかもわかってきました
その自信や手応えも出てきました。
やっとというか、初めての経験です。

——————————————–

と、嬉しいことを言ってくれました

 

今回の集客塾、まずは「自分はなにがしたいのか?」
ここについて考えてもらいました

実は未だにそこが明確にできずに
頑張っているカイロプラクティック院の塾生さんもいます

僕はそれでいいと思っています
そんなに簡単にわかるものでもないですし

 

ちょっと読みにくい支離滅裂な記事になりました(反省)
言いたいことは、やりたいことやろうねってことです

やりたいことだけやってりゃいい
そうすりゃうまくいくって意味ではないので、あしからず

 

治療院集客経営講座、加藤でした

治療院集客経営無料メールセミナー

登録は無料です。配信解除はワンクリックでできます。
ホーム | コンサル料金 | メールセミナー

 

記事が参考になったと思ったらシェアしてくださると加藤がとても喜びます

LINE@ではブログやメルマガとは違った話をしています。ご興味ある先生は以下から登録してください。パソコンの先生は、クリックして現れるQRコードを読み取って登録してください。
友だち追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA