全国の整骨院数

整骨院の問診表サンプル

昨日スカイプでお話したクライアントである
岡山の整骨院の先生がこんなことを言っていました

最近は大阪から整骨院がこっちに進出してきてるみたいです

 

わざわざ大阪から岡山に進出している
そんな整骨院が最近あるらしいのです

理由はおそらく儲けやすいから

 

大阪は整骨院の数がめちゃくちゃ多いです
どう考えても飽和状態な地域もある

そこでそんなとこで商売するなんてバカ
すぐ近くに岡山っていう楽園があるじゃない

という発想なんですね

 

平成22年の数字ですが
大阪の柔整師数は7,206人。人口10万人に対して81.3人
岡山の柔整師数は552人。人口10万人に対して28.4人

約4倍も違うのです。

ちなみに東京は8,896人。人口10万人に対して67.6人
大阪は激しいわね。そら、岡山に行くのもわかる

 

以下は全国の治療院の数です

整骨院 約40,000
マッサージ院 約20,000
鍼灸院 約20,000
鍼灸マッサージ院 約30,000

重複部分もあるだろうから正確にはわかりませんが
ざっくりいうと70,000軒ぐらいはあるはず

これに民間資格者の整体院などを入れると
おそらく100,000軒は存在するわけです

 

整骨院だけ見ても40,000軒
柔整師も毎年5,000人近く誕生しています

これってすごい数字だと思いません?

例えばちょっと腰が痛くなったなぁ・・・ってなったとき
この10万軒の中から、どれにしようかなって選ぶわけ

実際には病院だってこの選択肢の中に入ってくる

 

日本の人口は約1億2000万人
ということは1軒あたり1,200人の計算になる

あなたの治療院のお客さんは1,200人
これを多いと思うか少なくと思うか・・・

少ないですよね?

 

もちろんこれはざっくりとした数字
冒頭にあげた大阪では整骨院だけで約6,000軒あるから
整骨院だけで1軒あたり約1,500人しかいない

これに他の治療院が加わるので
もうえらいこっちゃになっとるのです、本当に

で、この数はますます増える
ぎゃーー、ですよね、お父さん

 

僕はいつも言っていますが
今後は確実にこの流れになります

整骨院増えるけど保険頼りはもう無理っぽい

よし、自費診療だ!

自費治療院の患者奪う

自費治療院、ぎゃー!

 

うん。自分でもなに書いてんだかわからなくなってきた
とにかく頑張ろうね。 ← なにこの結論

※数字の出典はすべてこちらです
平成22年衛生行政報告例(就業医療関係者)結果の概況

 

整骨院の問診表サンプル

 

 

記事が参考になったと思ったらシェアしてくださると加藤がとても喜びます

LINE@ではブログやメルマガとは違った話をしています。ご興味ある先生は以下から登録してください。パソコンの先生は、クリックして現れるQRコードを読み取って登録してください。
友だち追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA