仮説演繹法における診断への流れの特典資料

治療院集客3つの必須セミナー

5月12日(月)の大阪セミナーにかなりステキな特典をつけました

案内ページにも書いてある通り診断に関しての話はありません
というか、僕自身わかってないのでできません

なんですが、

その代わりと言っちゃあなんですが
診断に関する資料を特典としてお付けします

僕にはもちろん作成できないので
鍼灸師の夘野先生に作ってもらいました

 

特典資料内容

———————————————–

★仮説演繹法における診断への流れ
・現実的な鑑別診断のプロセスについて

★感度と特異度の利用ポイント

★仮説演繹法の手助けとなる手法
・疾患リスト想定の3C
・解剖学的な軸
・病態生理的な軸

★疼痛疾患には、「痛みのOPQRST」を利用する

———————————————–

 

こう書くとかなり難しい内容に感じますが
僕でも理解できたので、そこまでむずかしい内容ではありません

ただし、書かれていることをマスターするには
当然ですが、かなりの勉強が必要になります

読んだだけでなんとかなる
そういったお手軽資料ではないので、あしからず

では12日(月)のセミナーはこちらから。残り1名です
http://therapistsupport.com/sem/

 

追伸

正直、本編より特典のほうが価値あるかも(~ ~;)
悔しいです

 

治療院集客経営講座、加藤でした

治療院集客経営無料メールセミナー

登録は無料です。配信解除はワンクリックでできます。
ホーム | コンサル料金 | メールセミナー

 

 

記事が参考になったと思ったらシェアしてくださると加藤がとても喜びます

LINE@ではブログやメルマガとは違った話をしています。ご興味ある先生は以下から登録してください。パソコンの先生は、クリックして現れるQRコードを読み取って登録してください。
友だち追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA