中途半端な治療院は潰れる

かつて治療院の多くは個人経営の先生が多く、何院も分院展開するようなところは少なかったです。

今でも多くは個人経営ではありますが、最近はチェーン展開するような規模の大きな治療院も徐々に増えてきました。

やはりチェーン展開するような治療院は接骨院であれ、整体院であれ、リラクゼーションサロンであれ、強いです。まず資金力が個人とは違うので、好立地に出店できる。院運営のノウハウの蓄積もあるし、マーケティングもうまい。

一人治療院は今後、特に都市部においては、こういった規模の大きな院とどう戦っていくか、どう共存していくかを考えていく必要があります。

 

Amazonにどうやって勝つのか?

話はガラリと変わって、Amazonってめちゃくちゃ便利です。
オマエに言われんでも知っとるわ!と言われそうですが、本当に便利。

なんでもあるし、すぐに送ってくれるし、しかも店舗より安い。たいていの人はカード決済情報も住所も登録してあるから、ちょいちょいっとクリックすればそれだけでなんでも買えちゃう。

うちの息子なんて、なにか欲しいものがあれば「Amazon屋さんで頼んで!」と言ってくるぐらい。もうすでにAmazonはなんでも売っているということを知っている。

もし僕が本屋さんをやっていたら、こんな便利なもん作りやがって!と、ブチ切れる自信あります。けっこう温厚なほうだ自分では思っているのですが、たぶんキレると思う。それぐらいAmazonは便利。

普通に考えて、個人商店があんなとこと勝負して勝てるわけないです。でも、それでもうまくやっている個人商店って、いたるとこに存在します。

さっき僕がブチ切れるといった書店でも、圧倒的にAmazonに分があるにもかかわらず、頑張っているところはある。「いわた書店」の1万円選書とか、最近話題の「さわや書店」の文庫Xなんてのはその典型的な例です。

これらからわかることは、大手に対して、価格や便利さで勝負しちゃダメということ。だってそれじゃ勝てないですから。だからそうじゃなくて、大手とは別の価値で選ばれるようになる必要がある。

 

中途半端院は潰れる

これって治療院でも同じ。一人治療院であれば、勝負すべきポイントは、価格や便利さではなく、価値です。

今後苦戦するのは、価格も便利さも価値もない、どれもないという中途半端な治療院。立地がいいわけではない。価格もいたって普通。夜まで開いているわけでもない。やっていることも他と特にかわらなさそう。

競合が増えてくると、こういった中途半端な治療院は危険です。近隣に強力な大規模ライバル院ができて、ごっそり患者さんを持っていかれる典型的な院は、こういった中途半端院。

で、ここでやらないほうがいいのが、戦略なきただの安売り。向うが2980円だからうちも同じにしよう!なんていうは1人治療院ならやめましょう。先に書いたように、価格や便利さでは規模の大きな院には勝てません。

立ち位置を明確にし、価値で選ばれる必要があります。

その価値ってなんやねん!と、あなたはツッコミを入れているかもしれません。でもこればっかりは自分で決めるしかない。面倒くさいし、簡単ではないです。でもそれをやらにゃあ、特に競争の激しい都市部ではもう生き残っていけません。

あなたが提供できる価値はなにか?患者さんをどこに連れていくことができるか?そこをしっかり考えていってくださいね。
治療院集客経営講座、加藤でした

治療院集客経営無料メールセミナー

登録は無料です。配信解除はワンクリックでできます。
ホーム | コンサル料金 | メールセミナー

記事が参考になったと思ったらシェアしてくださると加藤がとても喜びます

LINE@ではブログやメルマガとは違った話をしています。ご興味ある先生は以下から登録してください。パソコンの先生は、クリックして現れるQRコードを読み取って登録してください。
友だち追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA